カカオマスとシュガーに捧げる日々

チョコレート・スイーツ実食&紹介ブログ

【ブルボン】アルフォート「バニラホワイト」のクリーミーな深さに蕩けまくる!

2016年3月5日

日本全国のありとあらゆるスーパー・コンビニ系列の店で目にすることができる、安価かつ安定した美味しさを誇るチョコ菓子の雄「アルフォート」のバニラホワイト版です。

前回の「ブロンドミルク」では、そのカラメル交じりのチョコが「ちょっとくどくて甘いぜ!」とレビューしたわけですが(ビスケットのガジガジ感で緩和)、今回のこの「バニラホワイト」の甘さは果たしてどんな感じになっているのでしょうか?

実食スタート

香料によって味付けされていると思われるので、正直バニラの本格的な香りや効能は期待できないでしょうが、むしろ原材料であるクリーミーパウダーの香りのほうが先立ちそうな予感はありますね。

ただバニラが持つとされる「リラックス効果」は期待できないにしても、カカオマスそのものにリラクゼーションの働きがあるので、食べてほっとする感覚は同じ程度にあるのではないかと深読みいたします。

では実食といきましょう!

バニラホワイト帆船の大軍です。

これだけの船に攻められたら、さすがの私の健胃もひとたまりもありません。

裏は安定のココアクッキー。

これが前回のブロンドミルクではずいぶん救ってくれました。

ではお味は?

クリーミーでがす

やはり冒頭に触れた「クリーミーパウダー」の風味が効いてました。しかもここにカラメルパウダーが加わるので、ちょっとした「くどさ」もあります。でも前回感じたような「濃いくどさ」はなかったですね。やはりクリーミーな味わいがカラメルティな濃さをソフティに和らげてくれているのでしょうか。

クッキー生地の「ガジガジ感」も、一歩間違えると「しつこさ」に変わるチョコの味覚を食感の面でずいぶんと助けてくれていましたね。

クッキー生地とチョコとのコラボはチョコ界の中ではすでにジャンルとして確固たる地位を築いていると思われますが、このアラフォートシリーズでは、そういう面がほかのチョコよりもより前面に出ていると思います。

スポンサーリンク

まとめ

このシリーズは基本的に「ビスケット」のジャンルとしてブルボンの中では扱われているようなので、上に乗ったチョコはあくまで”付け足し”という感じがしなくもありません。

「マシュマロと一緒に食べるとより美味しさが増しちゃうよ♪」的に公式サイトでは書かれていますが、それはナイスアイデアかもしれない!と直感的に思いましたね。なぜかというと、味そのものもそうですが、何より食感がよさそうだということ。

ガジガジ感がナイスなアルフォートにマシュマロのふんわりとした柔らかさが加われば、「ふわガジ」な感覚が口の中を包み込んで「うふふ」と夢見心地な十代の少女の瞳で空を眺めてしまうな午後三時のティータイム。

でも実態は中年オヤジがズズとブラックコーヒーをすすりながら太い指でマシュマロをひねり潰す午後の男のお茶菓子というのがせいぜいなところなので、ここはあくまで「ソフティ」な食感を楽しむというノリで「アルフォートwithマシュマロ」を一度試して楽しみたいと思っています。

-ホワイトチョコ, 日本

Copyright© チョコレート・スイーツ実食&紹介ブログ , 2020 All Rights Reserved.