男目線でチョコレート実食ブログ

スイーツ好きの管理人がチョコレートをひたすら実食レビューしていくブログです。ときどき普通のスイーツやドリンクもレビューします。

【ヒントミント】「アイロニーブラックラベル・チョコレートミント」のハーブな甘さを実食!

スポンサーリンク

台風が近づいてきているせいか、ここしばらくは暑さがずいぶん和らいだ夏の終わりです。

あと一週間で夏は終焉を迎えるわけですが、みなさん如何お過ごしですか?

世間的にはリオオリンピック陸上リレー400m決勝で日本男子が初の銀メダル獲得で沸いたりとか、高畑淳子さんの息子がしでかした事件の謝罪記者会見とか、色々とあるみたいですが、私的には相変わらず朝起きてから寝るまでの間に、チョコバーを何本も喰らいつくすという、チョコにまみれた甘い生活を堪能しております。

ということで、今回も新たに見つけたアイテムを紹介しましょう。

 

それはシュッとしたケースからはじまった

 

ある店で買い物したときに、このチョコに出会ったその始まりは、まさに見た目からでした。

人間、見た目の印象でほとんど決まるという本が一時期ベストセラーになった記憶がありますが、これは色んなジャンルで同じことがいえると思いますし、ましてや食べ物系はそれが強い印象がありますね。

その格好の良い例が、このチョコタブレットというわけで。

 

 

 

大きさは、男性なら確実に手の平だけで隠れるサイズ、女性でも手全体なら確実です.

かなり小さいんです。

でもって、色使いとデザインが秀逸。

黒基調のシュッとした大人びた雰囲気がいい感じです。

 

商品がフィルムカバーされてたから、分からなかったのですが、フィルムをはがしてみたら、

 

 

おおおお、と。

これって一見したら、よくあるタブレットキャンディのケースじゃないかって思うかもしれませんが、違うんです。

ケースに重みがあって、重厚なんですよ。

続けてですな!!

 

 

なんと中からチョコタブレットが顔を覗かせてるときた!

それも何かが違う!

何が違うって、ケースをスライドさせるときの”音”が違うんです。

 普通のコンビニで売ってるようなプラのタブレットケースだと、スライドさせても、

スウッ

ぐらいの軽い空気のようなサウンドしか奏でないんです。

だけど、このタブレットケースは、

シュッ

という都会的な音が聞こえるんです。

金属音というでもない、アルミのこすれる音だけともいえない、なんというか、高級ホテルのバーの扉を開いたときのリッチな感覚といいましょうか。

むしろ洗練といったほうが正しいでしょうか。

たぶん、それは空けた瞬間に目に飛び込んでくるこのロゴの存在感も関係してると思うんですよ。

 

 

黄金色のケースに刻み込まれたリーフの紋章よ素晴らしきかな!!

これはリッチです。

予想外のサプライズアタックです。

 

実食タイム

 

では中身をば。

 

  

このチョコはいきなり口の中に入れた瞬間が「甘い」ということ。

甘さの中になにか心に響くものがある、甘いだけではない、スパイスが詰まった別の赴きを感じる・・・等々、甘さにもいろいろあるんだと思うんですが、このチョコタブレット「普通に甘い」です。

説明書を見ると、

 

 

 ”上質なカカオの優しい香りと甘さに、天然ミントハーブのマリアージュが魅力のミントタブレット” 

 

「!!!?」

 

突然、襲来した、別趣の感覚。

それまで口の中を覆っていた甘いだけの囁きに、優しさが加わった瞬間。

 

「こっ、これは」

 

再び裏面を見てみました。

すると、そこには、

 

甘味料(ソルビトール、スクラロース)

 

と。

(そうだったのか・・)

私はすべてを悟りました。

最初に感じた甘さ、それはあくまでこちらを試すリトマス用紙のような働きをしていたのだと。

甘いというだけで、そこであきらめてしまう人は必要ない。

そこからさらに真実を知りたい人のみ開かれた狭き門だったのだと・・・

 

(うわべだけの愛はいらない。本当の愛だけが欲しかった)

 

そうタブレットから伝えられたような気がしたのです。

そこからでした。

奔流のように流れてくるミントのほのかな爽やかさを。

優しさを伴った甘い糖分のまろやかな口当たりを。

そしてもちろん忘てはならない「カカオ」の控えめながらしっかりとにじみ出る上質の大人の風味を。

 

(ありがとうチョコミント。やはり待つことは大事なんだね)

 

「ユーアーウェルカム」(気にしないで)

 

そんな声が聞こえてきたような気がして、目からカカオの涙がとめどなく流れていくのでした・・(終わり)

 

まとめ

 

最初は甘いな~と思ったのですが、次第にその甘さが優しい風味に変わっていきましたし、じわりとミントの爽やかさとカカオの風味が出てきました。

甘さも実は控えめ、タブレットも結構固めだから、長く口の中にいれていても、すぐには溶けないので経済的です。

なにより、何度も言及しましたが、ケースがいいですね。

これ、もう少し大きめのサイズだったら、別の用途に絶対に使ってます。

残念ながら、ミニサイズなので、用途が思い浮かばないのですが・・

そんな感じで、これはおススメの一品です。

疲れたときに口の中に入れておくと、なかなか優れた癒し効果をもたらしてくれますので、よければぜひどうぞ。