カカオマスに耽溺する日々

チョコレート実食ブログ

チョコ駄菓子 日本

【有楽製菓 グラノーラサンダー】フルーティーなサクサク感は朝の目覚めに最適!

投稿日:2017年11月20日 更新日:

ブラックサンダーシリーズ第13弾です。

ブラックサンダーはこのブログでもアクセスが多いチョコの一つで、コンビニで買い物をしたときについでに買える気軽さと価格の安さ、一口サイズだから食べ過ぎることがあまりないところも好まれているようですね。

最近では「きなこ」味が人気があるようですが、素朴な味と優しい甘さは私も大変気に入っております。

そんな今回はなんと「グラノーラ」入りのサンダー。

グラノーラとはスーパーなどでよく見るシリアルの一種で、主に朝食によく食べられています。厳密にその名称を定義づけすると、

 

ロールドオーツ(燕麦の押麦)や、麦、玄米、とうもろこしなどを主とした穀物加工品、ココナッツ、ナッツなどを、砂糖、蜂蜜、メープルなどのシロップ、植物油とで混ぜてオーブンで焼いたもの。さらにドライフルーツなどが混ぜられることも多い。

グラノーラ - Wikipedia

 

となっており、穀物系の加工食品といえるようですね。

私が子供の頃はケロッグのコーンフレークが御馳走で、たまに母親が買ってきてくれると喜んで食べていた記憶があります。

冷たい牛乳をかけて食べると、甘いミルクの香りとコーンの香ばしい風味がミックスされて、なんともいえない幸せ感を醸し出してくれるんですよ。

そんなコーンフレーク時代から30年近くたって、今やグラノーラ系のシリアルがフレークを上回るほどに店頭でその勢威を見せつけてくれています。

シリアルはミルクをかけて食べるだけで必要な栄養分が摂れるので、忙しい朝には本当に重宝していますな。(お腹がすくのは早いですが)

さて話を本題に戻しますが、今回のブラックサンダーはそんなシリアル系のグラノーラが配合された、ちょっと変わり種のタイプ。

サンダーシリーズは小さい割にはずっしり質感があって、中身も詰まっているので、それだけでお腹が膨れるのですが、いかんせん、糖分が多いですし、クッキー系がメインの素材ですので、お世辞にも健康に良いとはいえません。

しかしこのグラノーラサンダーは、純粋なお菓子の素材に穀物を含んでいるので、低糖質であっさりしているというイメージがあります。

ということは、朝食にこのサンダーを食べれば、チョコとグラノーラのスゥィーティーかつヘルシーな取り合わせで栄養が摂れて昼間で元気に頑張れるのでは?

では実際にその味をためしてみようではありませんか。

いざいかん!グラノーラのフレ―キーな旅路へと!!

  

スポンサーリンク

グラノーラサンダーをご紹介!

 

まずはグラノーラ3兄弟をご覧あれ。

 

 

濃ピンクとミルクホワイトの爽やかなパッケージ。

 

 

穀物だけでなく、フルーツやメープルシロップが入っています。

 

 

そしてこれが中身。

 

 

ゴツゴツしていて、いかにも中に穀物が詰まっているという感じがしますね。

 

 

裏は相変わらず”網目”です。

ここは普段のブラックサンダーという感じでしょうか。

では次の章で味の検分といきましょう!

 

グラノーラサンダーを実食!

 

ほんのり木の実風の香りが鼻をつきます。

 

 

一口食べると、いつもより強めのガジガジ感があります。

チョコレートはビター。

噛んでいると、歯に乾燥フルーツがついてくる感触があります。

 

 

グラノラやパフやらの派手な食感、フルーティーな味わいや香りが、エキゾチックな雰囲気を感じさせてくれます。

後味が少し塩っぽいのは気のせいでしょうか?(実際に塩分は含まれてない)

 

 

チョコレートは濃く、中身もかなり充実していて、一個で非常に食べごたえのあるサンダーだといえます。

華やかで軽めの味わいが好きな人なら、かなりツボにはまるサンダーだと思いますね^^

  

 まとめ

 

グラノーラ独特のサクサク感(自分的にはガジガジ感)で他のシリーズにはない軽快な食感を味合わせてくれ、なかなか美味しいと感じたサンダーでした。

チョコとグラノーラをミックスしているので、意外に腹持ちがよく、これを3本食べれば昼間で十分に持たせることができそうですね。

見た目も爽やか系のパッケージなので、女性でも人目を気にすることなく雷神様を購入できる絶好のチャンスではないでしょうか?

朝の忙しい時間におススメです^^

www.chocoreview.com

-チョコ駄菓子, 日本

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.