カカオマスで心身ともに癒されましょう

チョコレート実食ブログ

日本

【イザメシ チョコバー】長期保存用チョコレート実食!地震などの災害時に役立つスイーツ!

投稿日:

防災用チョコレートの紹介です。

北海道地震から3日が経ち、余震は少しはあるようですが、心配されていた停電はほぼ解消されたのことで、現地の方はほっとしていると思います。

こんなときに甘いものがあれば、それまで溜まったストレスが少しでも抜けるはず・・・

そんな時のための非常用チョコレートが今回紹介する「イザメシ チョコバー」です。

これまで井村屋の「チョコえいようかん」「自家製ココアケーキ」を試してきましたが、今回は穀物系のチョコレートになりましょうか。

「発芽玄米」や「はと麦」などが配合されていて、かなり栄養に気を配った本格派サバイバル・スイーツとなっています。

少し前にイザメシチョコバーを知って購入し、実食してみました。

では早速、その全容をご覧にいれましょう。

 

「イザメシ チョコバー」外観&実食レビュー!

 

まずは全体から。

 

 

けっこう大きめの袋で、触った感じも、しっかりしています。

原材料は以下のような感じ。

 

 

パッケージには「5つの穀物」が入っているとありましたが、原料名を見ると、

 

・白米パフ

・オーツフレーク

・発芽玄米パフ

・はと麦パフ

・大豆パフ

 

となっています。

もちろん、カカオマスやココアバター、全粉乳などのチョコレート系の材料もきっちり見えますね。

そして中身を拝見。

 

 

小袋に分けられています。

 

 

全部で9個入り。

全体的に「光っている」イメージがありますね。

なんだか未来的な雰囲気というか(笑)

 

 

ではチョコを拝見。

 

 

ミニサイズです。

見た目もココア色の生地に混じって白いものが見えたりして、いかにも「穀物」してます。

 

 

香りはかなりカカオマスで、これが単なる穀物風スイーツでないことは匂いからも明白に伝わってきます。

そして実食。

 

 

ほんのりパサつく感じはしますが、食べているといい具合にこなれてきて、食感そのものは悪くありません。

けっこう甘く、生地の密度もしっかりしていて、食べ応えがあります。

ストレスがかかりやすい被災地のことを考えて、少し多めの糖分で気分を和らげる効果を狙ったのでは?(たぶん)

甘さそのものは決してくどくなく、むしろあっさりして後に引かない味となっていて、意外に食べやすいですね。

非常用だけでなく、ダイエットなどの糖質制限スイーツにも使えそうな気がします^^

 

 

まとめ

 

長期保存用チョコということで、味のほうはあまり期待していなかったのですが、意外にしっかりした味付けがされていて、美味しく食べることができました。

保存期間は製造から2年ほどなので、備蓄する場合はときどきチェックする必要がありそうですね。

こんな感じで「非常用チョコレートバー」の紹介をさせてもらいましたが、如何だったでしょうか?

移動することの多い災害時では、荷物はできるだけ嵩張らないものを揃えるのが鉄則です。

その意味では、今回のチョコバーは、リュックやカバンに入れても重さはほとんど感じませんし、小袋で分けられているため、携帯にも便利。

栄養が豊富に詰まったココアチョコバーで、被災時の食事の栄養バランスとストレス解消に役立てましょう^^

-日本

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.