テレビ・ネット・書籍

【チョコブリ】チョコレートを食べた養殖ブリの刺身が抗酸化効果で新鮮な色に!

投稿日:2018年11月21日 更新日:

 

愛媛県の水産研究センター(宇和島)では、養殖ブリの餌にチョコレートを混ぜたものを与えて、切り身の肉の劣化を防ぐことに成功したようです。

www.fnn.jp

 

みかんの成分をエサに混ぜた「みかんブリ」を養殖している愛媛県が、新たに「チョコブリ」を発表した。

その名の通り「チョコレート」をエサに混ぜてブリを養殖しているという。

チョコをブリに食べさせる理由は、新鮮な色合いを保つため。

通常のブリは活け絞めにしてから2日ほどで、血合いや肉が酸化作用によって褐色に変色してしまう。

一方、抗酸化作用のあるポリフェノールを含むチョコを与えたブリは、5日経過しても新鮮な赤色を保つという。

 

愛媛県庁でも記者会見形式の発表がされており、ニュースと同様の公式報道が掲載されています。

www.pref.ehime.jp

チョコレートを餌に与えたブリの切り身とは、チョコレート愛好家の自分にとっては聞き捨てならぬ知らせ。

最初にこのことを知ったのは、昨晩のNHKニュースチェック11を見ているときで、最初に「チョコブリ」と聞いても一体何のことか分かりませんでした。

そのまま魚の養殖場の映像が流れたので「ああ、魚のブリのことか」と納得しましたが、「せいぜいチョコレートの色をしたブリのことを指すくらいなんだろう」と思っていたら、なんとそれが「チョコレートを食べたブリ」だったということ!! 

これを見て「チョコブリの実態を知りたい!できたら食べてみたい!」となりまして(笑)、早速チョコブリについて色々と調べてみました。

 



チョコブリの正体

 

養殖ブリの餌にチョコレート混ぜて育てた「ブリ」のことです。

その目的は「日持ちする刺身を生産するため」

そのための素材として選ばれたのが「チョコレート」なんです。

 

 

チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれており、その働きは主に「抗酸化作用」。

抗酸化とは、酸化によって細胞や組織が劣化するのを防ぐ作用のことで、ポリフェノールにはその効果が強いといわれています。

さらにチョコレートの「カカオポリフェノール」には、

 

・血管の炎症を抑えて血管を広げる作用⇒血圧低下

・LDL(悪玉)コレステロールの酸化を防ぎ、血管にしなやかさを与える⇒動脈硬化予防

・紫外線による「しみ」「そばかす」を生む活性酸素を除去し、肌のダメージを保護する⇒美肌効果

・アレルギーの発症を防ぎ、好酸球の働きを抑制する⇒アレルギーの改善

 (参照元:「ポリフェノールの種類と効果と摂取量」公益財団法人 長寿科学振興財団【健康長寿ネット】より)

 

などがあって、まさに「切り身の劣化」を防ぐにはもってこいの素材といえます。

ニュース記事では、チョコブリを作った担当者に色々と質問し、その回答を挙げていました。

以下に回答の概要をまとめさせてもらいます。

 

・餌に混ぜたチョコレートは、普通に人間が食べるのと同じタイプ

・チョコの味は普通(ビターかミルクか分からないとのこと)

・チョコは出荷する20日前から、餌に10%混ぜていた

・果実の皮を与えたときは嫌がったが、チョコの場合にはそういった反応はなかった

・ブリの味は普通で、チョコの甘さはない

・サンプル出荷が12月で、一般での流通はそれ以降になる

・他の魚にも応用できるとして、現在特許出願中

 (参照:FNNPRIME「チョコ食べて新鮮な色が長持ち!? 「チョコブリ」を開発した愛媛県に味や香りを聞いた」より)

 

その結果、出来あがったチョコブリがこちらです。

 

from: 愛媛県

 

色の状態が完全に異なりますね。

通常の「ぶり」は茶褐色に変化していますが、「チョコブリ」は赤色のままで、まさに新鮮そのものという感じです。

これはかなり「抗酸化」の効果が出ているのでは?

加えてチョコレートだけでなく、「ぶり」にも、EPA・DHA(血管の健康を保つ脂分)、ビタミンE(酸化を防ぐ)、タウリン(肝臓保護、脱コレステロール)など、体に良い成分が多く含まれているので、チョコブリはまさに理想のアンチエイジング食といえますね。

これからますます注目の食材になりそうです!

青魚の臭いが気にならない「EPA・DHA」はこちら!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

酸化しない「魚の刺身」の衝撃はかなりのものがありましたが、それをチョコレートで実現するというところに独創性があると思いました。

普通は魚とチョコレートの取り合わせは考えつかないですから^^;

それだけチョコレートには素晴らしいアンチエイジング効果があるということ!

チョコの威力はほかの魚にも応用できるということで、愛媛県ではこれからも新たな水産資源の開発に注力していくようですね。

チョコ好きの自分としては、魚だけでなく、果物や野菜、穀物など、いろいろな食材の育成にチョコレートを使ってほしいと思いますよ。

そのうちチョコレートを肥料に使った「チョコ大根」とか「チョコレート米」とか出てきたりして^^

チョコレート・・・恐るべしです^^

-テレビ・ネット・書籍

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.