チョコレート実食ブログ

甘いもの好きのためのチョコレート・スイーツ実食記録

【八天堂】「クリームパン」実食!手作りの柔らか生地に癒された!

スポンサーリンク




くりーむパンで有名な広島の菓子メーカー「八天堂」のスイーツです。

テレビでも紹介されており、パン系のスイーツとしてはかなり著名な部類に入ると思います。(⇒1月18日(木) | よ~いドン! | 関西テレビ放送 カンテレ

今までその味わいを口にしたことがなかったので、今回はレビューがてら、スイーツ実食家として一度試してみることにしました。

 

くりーむパン実食レビュー開始!

 

五個入りの「詰め合わせセット」を購入しました。

 

 

生クリーム&カスタード、小倉(あん)、カスタード、抹茶、チョコレートの5種類。

 

 

ではそれぞれの味をレビューしていきましょう。

 

生クリーム&カスタード

 

【外観】

 

【味わい】

・柔らかいパン生地

・カスタード生クリームの軽い食感が美味しい

・甘さも控えめで、後味もさっぱりで非常に食べやすい

 

カスタード

 

【外観】

 

【味わい】

・ミルクの味が豊富で、甘さ控えめなあっさり味のカスタードクリームが美味

・パンの柔らかい口当たりと最高に相性がよい

・なめらかなカスタードクリームの味わいで気持ちが癒される

 

小倉

 

【外観】

 

【味わい】

・小倉あんの甘めな口当たりが印象的

・粒が入っていて「あん」そのものの味わいを楽しめる

・パン生地の柔らかさと上手にマッチングしている

 

抹茶

 

【外観】

 

【味わい】

・ミルキッシュななめらかさと、抹茶のほんのり苦味が混じった風味が美味

・お茶が飲みたくなる優しくも和風な味わい

・甘いだけではない、ほんのりカテキンのパンチ力が効いた味が特徴的

 

チョコレート

 

【外観】

 

【味わい】

 ・濃厚なチョコレートクリームの味わい

・けっこう濃いので食べごたえがある

・ミルキッシュだけど、カカオの個性もしっかり出ているので、チョコレート好きにはもってこい

 

最後にひとつ。

包装紙の裏側に本店の地図が載っているところが、何気に気持ちがほんわかとなりました^^

 

 

八天堂とは?

 

掲載サイトからの情報をまとめておきます。

 

・昭和8年に広島県の三原で和菓子店として創業

・2代目の時に洋菓子を取り入れる

・神戸のパン屋で修行した3代目(現在)が後を継ぐも、経営が悪化

・多角化しすぎた商品種を大幅に見直し、消費者のニーズに沿った製品開発を目指す

・「くりーむパン」を目玉商品にして経営を立て直す

・人気商品となり、メディアでも多数取り上げられるほどの有名ショップとなる

 

くりーむパンの八天堂 - 広島県三原市  

 

ざっくりとまとめてみました。

最初は和菓子店、次に洋菓子も取り入れ、最後に「くりーむパン」に行く着くという、なんとも「守・破・離」な経営模様(!)

守破離とは、主に武道や茶道などの芸事の世界で面々と守られてきた教育システムのことをいいます。

 

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)、自律的に作業を遂行できる(1人前)

破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)

離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)

守破離 - Wikipedia

 

武道を学んでいた時も、師匠や先輩からこのことを幾度も聞きました。

実際に最期の「離」レベルにたどり着ける者は、ごくごく少数なのですが、それなりに頑張っていれば、「破」の境地まではなんとか到達できると実感しました。

これは芸事だけでなく、世の中の全てのもの(スポーツ、仕事、遊びも含め)に通じる考え方の過程だと思いますし、そのことを今回の八天堂の経営に重ね合わせた気分になりましたね。(勝手にですが^^;)

最後は「離」れつつも、それまでに店が築いてきた長年の技術や知識(ここでは和菓子や洋菓子の技術等)が確実に新製品に生かされているので、通常のクリームパンでは出せない独特の風味が中に詰まっていると感じもしました。

そんな最後に行き着いた「くりーむパン」というシンプルな素材は、まさに日本人のパン生活の中で確実に根付いた「日常の菓子パン」であり、多くの人が子供のころから慣れ親しんだ「いつもの味」の一つでもあります。

以前にこのブログで紹介したフェリシモのチョコレートバイヤー、木野内美里さんがフランスで日本向けのチョコを買い付けに行ったときの話でも、同様のことを語っておられました。

 

「あまり斬新なものは日本では受け入れられない。日本ではオーソドックスだけど、プラスがあるものが人気があるんです」

【海外出張オトモシマス!】 チョコレートバイヤー木野内美里さんのチョコ選びの流儀とは?! 

  

デザインも味も驚くほどに素晴らしいものがあるにも関わらず、そのチョコを選ばずに、どちらかというと平凡なチョコを買い付けにチョイスした木野内さんへの番組スタッフからの質問に対する答えです。

オーソドックスだけど、プラスにがあるものが人気がある。

国によって、地域によって美味しさの基準は異なります。

それぞれが抱えてきた文化というのもあり、そういった違いを踏まえてのバイヤーのプロの意見ということで、これはどの業種にも当てはまるマーケティングの基本中の基本といえますね。

八天堂のクリームパンも同じこと。

平凡だけど、そこに別の「何か」が加わることで、国内の消費者に訴えかけるものができる。

それが成功したからこそ、人気を博し、多くのメディアに取り上げられるまでになったのだと思います。 

 

八天堂の美味しさの秘密はマクドナルドと共通している?

 

八天堂を人気ショップに導いた「何か」とは何か?

個人的に強く感じたのは、徹底した「手作業によるパンとクリームの製造」ということ。

八天堂では、衛生管理された製造現場で製パンからクリーム作りまで、全ての工程を人の手で行っているといいます。

しかも最後の包装まで職人が手で行うだけでなく、品質と美味しさにこだわった新鮮なパンを消費者に届けるため、全国の販売拠点に配送する際には空輸、味を損なうために冷凍処理を行わないという徹底ぶり!

「人の手」で行うパンの美味しさは、マクドナルドで経験済みです。

毎週見ている「カンブリア宮殿」で、日本マクドナルドのカナダ人の女性CEOが取り上げられていたときに感銘を受けたのが、経営が悪化していた同社が地道なマーケティングと(社長自らが全国のマクドナルド店舗を巡ったという!)、新しいパンの製造法によってできた「グラン」シリーズ。

www.tv-tokyo.co.jp

ハンバーガーに使われる生地はそのままに、グランシリーズのみは人の手で生地の最後の成形を行ったパン生地の美味しさが話題を呼び、瞬く間に売り上げを伸ばしたというのです。

知人にパン職人がいるので、そのことを聞いてみたところ、「手ごね」には機械が「こねた」均質さにはない、不均等な空気の入りがあって、それが絶妙の味わいをもたらすということ。

グランシリーズが人気商品となった「パンの美味しさ」はそこにあると断言していました。

実際に私も食べてみましたが、確かに他のマックのパンとは断然に味が違います。

ふんわりと優しい食感が良いのです。

手ごねには「優しさ」がある。

八天堂のクリームパンにも、きっと同じ「優しさ」があるに違いない。

職人の手による製造過程を知って、ますます興味が湧いてきました。

 

全体のまとめ

 

全体的にパンが柔らかくしっとりしているので、軽めのクリームと良く合っています。

牛乳がたっぷり入った感じで嫌味がなく、口の中にふわっと乗って柔らかい、スポンジのように溶けていく食感の良さがありましたね。

一番美味しいと感じたのは「生クリーム&カスタード」で、その次が「カスタード」。

どちらも優しく自然な味わいで口の中が癒されるだけでなく、あっさりして控えめな甘さがあって、スイーツとしても何個でも食べられそうな美味しさがありました。

配合されている「牛乳」や「ハチミツ」のまろやかさが、自然な味わいとして全体の美味しさを演出しているのではないでしょうか? 

他のクリームパンもそれぞれに特徴があり、かなり食べ応えあり。

手ごねのパン生地の美味しさがベースとなったうえで、さらに手作りのクリームの食感柔らかく、口どけの良い風味で「くりーむパン」全体の品質を押し上げていると思います。

冷やして食べると最高に美味しいこと間違いなし。

ぜひ一度お試しあれ^^