男目線でチョコレート実食ブログ

スイーツ好きの管理人がチョコレートをひたすら実食レビューしていくブログです。ときどき普通のスイーツやドリンクもレビューします。

【チョコ対決】「明治マーブルチョコ 」vs「エムアンドエムズ」どちらが美味しいのか白黒つけてみた!

スポンサーリンク

明治マーブルチョコとエムアンドエムズ(M&M'S)・・・

日米を代表する「糖衣チョコレート」であり、永遠のライバル(たぶん)ともいえる粒チョコ界の2大巨頭。

 

 

前回マーブルチョコをレビューした際には、マーブルチョコの素晴らしさと美味しさを鬼の如く愛情をこめて描写したものですが、今回はその元祖ともなった「エムアンドエムズ」との比較レビューとなります。

エムアンドエムズはアメリカ陸軍によって発明された軍用のデザートで、太平洋戦争前に南太平洋に駐留していた米軍の兵士が「Hey!暑いからチョコが溶けちまってyo!戦場でも溶けない便利なデザチョコ作ってギブミー!!」と本国に訴えたのが、エムアンドエムズの由来でしたね。

chocoreview.hatenablog.com

一方の1961年に開発された明治のマーブルチョコは、おそらくエムアンドエムズを祖型として開発した糖衣チョコだと思うのですが、果たして両者の味の違いは如何に?というのが、前回レビューの最後でした。

いったいどちらが東西を代表する粒チョコなのか?

さらには非常食として災害時にも役立つ「暑くても溶けないチョコレート菓子」として、どちらが最強の糖衣チョコを名乗るにふさわしい存在なのか、きっちり決めてやろうじゃねえかガッデムンこの野郎!という趣旨のもとに、今回は話を進めていこうと思います。

では!

 

明治マーブルチョコ、エムアンドエムズが激突!!

 

早速実食レビューをおこなっていきましょう。

まずはエムアンドエムズからご覧あれ。

 

エムアンドエムズ(ミルクチョコレート味)

 

 

Mと刻印が打たれた粒チョコたち。

まず開封した時の香りですが、香りはカカオマスというか、少し油臭い匂いがします。

「これは・・・」と思いつつ、食べると普通の糖衣チョコレートという味わい。

ジュッという食感とともに甘さがあふれでてきます。

かなり甘いですね。

しかし・・・少し油っぽいかなと。

海外チョコレート特有の甘くどさもあります。

油っぽさが特徴的。

 

エムアンドエムズ(ピーナッツ味)

 

 

けっこう大きいですね。

ゴツゴツした感じです。

香りはミルクチョコレートと同じで少し油臭いですかね。

齧ると、糖衣のガジュッとした食感と同時に、ピーナッツの香ばしい風味が出てきます。

しかし少々生臭い味わいを感じますね^^;

ピーナッツの新鮮さが感じられず、油がまわった味でしょうか。

 

明治マーブルチョコ

 

明治マーブルチョコです。

 


 

香りは断然軽やか。

油臭さはなく、むしろキャンディのような華やかな匂いがします。

糖衣をガジュと齧ると、控えめの甘さと同時に「キャンディ風味」の柔らかい風味が口の中に広がります。

華やかな香りの後にチョコレートの濃い甘みがやってきて、日本のチョコの繊細さを感じます。

食べていて安心できる美味しさ。

それが「メイド・イン・ジャパン」というやつでしょう。

当然ながら!

油臭さは微塵もございませんでした^^

 

チョコレートが熱さにどれだけ耐えられるのか実験タイム

 

もはやどちらが美味しいのか勝負はきまったようなものの、一応、糖衣チョコの開発の当初の目的であった「高い気温に耐えられるチョコ」を、今回の3種類の粒チョコで検証してみようと思います。

 

 

小皿に分けて電子レンジでチン!してみましょう。

 

 

時間は一分。

チョコの耐熱状態を調べるには、これくらいが適切でしょう。

 

 

一分後。

 

 

見た目はあまり変わってません。

これだけでもすでにすごいことですよ。

普通のチョコならヘナヘナに溶けかかってますから。

これを個別に見ていくと・・

 

エムアンドエムズ:ミルクチョコ

 

熱を加えた直後

 

スプーンで少し押した後

 

最初は少しひび割れが入っている程度でしたが、圧力を加えると、中身がトロリと出てきました。

チョコそのものは溶けていますね。

 

エムアンドエムズ:ピーナッツ

 

熱を加えた直後

 

圧力を加えた後

 

これもミルクチョコ同様です。

見た目は同じですが、中のチョコはかなり溶けています。

 

明治マーブルチョコ

 

熱を加えた直後

 

圧力を加えた後

 

最初の状態は、エムアンドエムズに比べて、かなり頑丈でした。

ヒビ一つ入っておらず、ここでもメイド・イン・ジャパンの優秀性が伺えます。

さらに圧力を加えた後のチョコの状態が素晴らしい。

確かに溶け気味ですが、トロリではなく、少し固形物が残っている程度に溶けているので、溶解度が低いです。

ということは・・・

 

結果発表

 

実食と耐熱テストの結果です。

輝け!第一回「糖衣チョコレート対決」のグランプリを得るのはどれか?

 

エムアンドエムズ:ミルクチョコ味か?

 

エムンドエムズ:ピーナッツ味か?

 

はたまた明治マーブルチョコか?

 

明治マーブルチョコが圧倒的大差で優勝

 

 

言うまでもありません。

味、品質の信頼度、耐熱レベル、どれをとってもエムアンドエムズのはるか上をいっておりました。

 

・「エムアンドエムズ」油臭い風味

・「マーブルチョコ」の上品で華やかな風味

 

中国製のエムアンドエムズ(アメリカ商品ですよ?)

日本製の明治マーブルチョコ

 

・1分間のレンジ加熱で表面と中身がほころんだエムアンドエムズ

・1分間のレンジ加熱でほぼ無傷だった明治マーブルチョコ

 

マーブルチョコ、おめでとうございます。

 

まとめ

 

すべてにおいて完勝だった明治マーブルチョコ。

まさかこれほどまでの大差をつけて美味しさの違いが出てくるとは思いませんでした。

実際に食べる前に、それぞれのチョコの評判をネットレビューでチェックしていたのですが、エムアンドエムズに関してはかなり厳しめの評価が多くて驚きました。

まさかそこまでじゃないだろう・・・と思いつつも、中国製ということを知り「あちゃー」。

この時点で勝負はほぼ決まっていたのですが、味わいそのものも、レビュアーの感想どおりで、変な意味で納得してしまいました。

対するマーブルチョコは安定の美味しさで、昔と変わらず食べやすくて香りも上質な感じで、大人になって食べても美味しいと思わせるチョコクオリティの高さに感動しましたね。

やはり日本製は強いです。

ぜひとも災害時の緊急用非常食チョコとして、その決して溶けない「糖衣の強さ」を被災地でも発揮してほしいと思います。

以上、「糖衣チョコ王位決定戦」の実況放送をお送りしました。

マーブル最強!

chocoreview.hatenablog.com

chocoreview.hatenablog.com

chocoreview.hatenablog.com