チョコレート実食ブログ

甘いもの好きのためのチョコレート・スイーツ実食記録

体を守るチョコレート「シールド乳酸菌」「ビフィズス菌」を実食!便秘や肌荒れケア、免疫力をアップ!

スポンサーリンク


健康系チョコ実食レビューです。

今回紹介するのは、森永製菓の「たべるビフィズス菌」「たべるシールド乳酸菌」チョコ。

 

 

名前の通り、それぞれ「お腹」や「肌」に良い栄養成分を含んでいるということで、特に女性におすすめのチョコといえそうです。

ビフィズス菌を始めとする乳酸菌は、人の腸内に存在する善玉菌で、お腹の中のバランスを整える効果をもっています。

ただ加齢やストレス、二日酔いなどで減少するので、ヨーグルトや乳酸菌飲料で補うと良いとされています。

また免疫力を高める作用もあるため、がんや風邪予防にも良い働きが期待あり。

さらチョコレートに含まれるカカオマスのカカオポリフェノールには、抗酸化力があるため、肌荒れなどの老化を防ぐ効果もあるため、「乳酸菌」と「チョコレート」の取り合わせは、かなり力強い健康タッグといえそうですね!

ということで早速、それぞれのチョコをレビューしていくとしましょう!

 

シールド乳酸菌チョコを実食!

 

まずはこちらです。

 

 

選び抜かれた「ヒト由来」の乳酸菌が100億個もはいっている模様。

 

 

中身です。

 

 

濃いカカオの香りがしますね。

 

 

食べてみると、ほんのりジャリッとした噛みごこちがあり、少しビターなミルクチョコレートの味わいがします。

けっこうな甘さがあり、後味も残る感じですね。

濃い味わいです。

乳酸菌のイメージとは離れた、濃いめのミルクチョコという感想をもちました。

 

 

 

たべるビフィズス菌チョコを実食!

 

次はビフィズス菌バージョンです。

 

 

ビフィズス菌BB536が配合されている模様。

 

 

どんなビフィズス菌かよく分かりませんが(笑)、とりあえず体に良さそうなのは確かです。

 

ほんのり甘酸っぱいカカオの香りがしますね。

酸味というやつでしょうか。

 

 

食べてみると「カリッ」という固めの歯触りがお出迎えです。

こちらも乳酸菌チョコと同様に、けっこうな甘めの味わいに、濃厚なカカオの風味が重なって、かなり濃いめの食べ心地がします。

後味も、甘みがちょっぴり残る感じですね。

くどくはなく後には残らないので、全然大丈夫だと思います。

ビフィズス菌の味はしなかったのですが、チョコとしては普通に美味しかったので、疲れた時に食べたら「ホッ」と一息つけそうな安心の味わいでした。

 

 

 

まとめ

 

両方とも「ビフィズス菌」や「乳酸菌」のイメージとは違い、濃厚なミルクチョコレートでの味でした。

「ビフィズス菌」はミルクの多めの濃さで、「乳酸菌」はカカオ強めの濃さという感じがしましたね。

ただ2つとも甘さもほどほどにありますが、不思議と「くどさ」がありません。

普通に美味しいチョコを食べているようで、すぐにバクバクとつまみ食いして、気が付けば完食してしまったくらいですから^^;

それくらい美味しさを持った健康系チョコを食べて、これからの年末年始を健康第一にしっかりと乗り切りましょう!

【参照文献・サイト】

・「栄養成分の事典」(新星出版社)

・「ポリフェノールの種類と効果と摂取量」(公益財団法人 長寿科学振興財団「健康長寿ネット」)