チョコやスイーツ、コーヒーの実食・実飲レビュー

チョコレート実食ブログ

松風屋 造形チョコ

【ズーロジー コブタ追悼】ついに訪れた哀しみの別れ!焼きチョコになって美しく旅立ちました

投稿日:2019年1月12日 更新日:

リアルすぎる動物チョコとして有名なズーロジーシリーズの「追悼記事」第2弾。

今回は「コブタちゃん”さよなら”」の回です。

www.chocoreview.com

第一回目の前回はズーロジーの親玉といえる「ジャイアントゴリラ」の最期を見届けた形になりましたね。

www.chocoreview.com

その理由は前回でも述べたように「冷凍庫の場所を空けるため」という、やんごとない家庭的事情によるもの。

いかに愛らしい動物チョコたちといえど、家族間の微妙な人間関係という冷徹な事実の前では拭けば飛ぶ「鼻くそ」のような存在感しか持ちないことが、ゴリラ実食に至るあっけない最後で存分にお分かりいただけたかと思います。

せめてもの慰めといえば、その味わいが最初に購入してから(2017年1月)から1年と半年以上経っていたにも関わらず、意外にコクがあって美味しかったということ。

姿かたちこそはグロなエンディングを迎えることになってしまいましたが、私の胃の中に全て収まったということで、私なりの哀悼の気持ちを「ごちそうさま」に込めさせて頂きました。

そして!

いよいよ次に旅立つチョコは「コブタ」ちゃん。

ズーロジーシリーズ随一の可愛いルックスをいかに実食していくのか?

ではその怒涛の一部始終をご覧いただきましょう!!

 

ズーロジー「コブタチョコ」の最期を味わう!

 

まずは冷凍庫から取り出したコブタの棺じゃなかった、ケースから拝見。

 

20190113001346

 

2年ぶりの拝見です。

そして冬眠中のコブタ。

 

20190113001342

 

起こしてあげましょう。

 

20190113001336

 

寝ぼけ眼で「ブーブー」と声を上げるコブタに「旅立ちの時がきたよ」と話しかけると、

 

20190113001325

 

やはり「ブーブー」といいながら皿の上に大人しく移動してそのまま寝てしまいました。

嫌がる可愛いコブタを無理やりだまして昇天させるという行為に、いささかの罪悪感を感じていた私としては、意味も分からずそのまま寝てくれたまま旅立ったほうが、気持ち的には少しは晴れやかというものです。

ということで「電子レンジ」に収納。

 

20190113001444

 

完全に睡眠中のコブタをしり目に、冷血な私は容赦なくレンジのタイマーを3分に設定しました。

 

20190113001439

 

前回のゴリラの昇天の儀式で慣れが生じていたこともあり、この3分という待ち時間もいささかも気持ちが揺るぐことなく、来るべき「チョコの美味しさ」のみに精神を集中しております。

そして・・・

 

チーン!

20190113001435

 

まるで仏具の「おりん」のような音色でコブタの旅立ちの儀は終了。

 

20190113001430

 

ゴリラのときと違い、ミディアムな焼け具合で姿かたちはそのままです。

まさに「焼き豚」。

 

20190113001426

 

20190113001626

 

「ハロー」と声をかけますが、眠っているかの表情のまま微動だにしません。

この時点で私の憐憫の情というのは遠く銀河の端まで吹き飛んでいて「ではいただきます」の声と共にスプーンを差し込む余裕すら生まれていたのです。

 

20190113001622

 

イイ感じで柔らかくなってます。

 

20190113001617

 

一口食べると、オイリーな口当たりでカカオのコクも効いていて、普通に美味しいです。

 

20190113001608

 

頭をば。

 

20190113001756

 

顔の表情が分からなくなったので、安心して食べられますね。

では次「耳チョコ」一丁!

 

20190113001751

 

甘くて美味しい耳チョコです。

こうして頭部を平らげた後に残るのはボディのみ。

 

20190113001743

 

これも美味しく頂いちゃいましょうかい!

 

20190113001613

 

うん、うまいです。

溶け具合も絶妙で、まるでチョコレートのフォンデュを食べるかのように熱々のチョコの半煮スープを頂く感じで非常にナイスなお味。

もはや目の前はコブタではなく「美味しいチョコフォンデュ」です。

そのまま「デリシャス、デリシャス」と舌鼓を打ちながら、あっという間に平らげてしまいました。

 

20190113001734

 

ついにリアルに昇天したコブタちゃん。

肉体亡き後もその魂はわが身のうちに永遠に甘く宿ることでしょう。 

コブタちゃん、ご馳走様でした。

 

スポンサーリンク

まとめ 

 

ゴリラ君と同じようにオイリーでコクのあるチョコの味を堪能させてくれたコブタチョコ。

冷凍庫に冬眠させたまま2年を過ぎてなお、その至極のカカオマスの風味を少しも損なうことなく熱々のウェルダンな口当たりで、弔う主人の食感を旅立ちの後まで存分に楽しませてくれたコブタちゃんにはもはや感謝の言葉以外に見当たりません。

数あるズーロジーシリーズの中でも特に愛嬌のある表情と姿で多くのブログ読者を和ませてくれただけでなく、その安らかな最後の姿で食べるものの罪悪感を払拭してくれた主人想いの愛らしい性格は、動物チョコ史上に残る「眠りコブタチョコ姫」として永遠にその名を語り継がれることでしょう。

さようならコブタちゃん。

君の姿はいつまでも忘れないよ。

 

合掌

20190113001729

 

ということで!

次はお前だ、ゾウガメよ!

 

「ギクッ!」

20190113181048

 

次回の実食をお楽しみあれ^^

【ズーロジー】ゾウガメチョコ昇天す!茹で胡麻ガメになって永遠に眠れ、主人の胃の中で!

www.chocoreview.com

-松風屋, 造形チョコ

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.