チョコレート実食ブログ

甘いもの好きのためのチョコレート・スイーツ実食記録

【リンツ】リンドール「ミルク&ホワイト」の癖のないマイルド感に舌鼓を打った!

スポンサーリンク




久しぶりのリンツ「リンドールシリーズ」の紹介です。

今回は2018年に発売されたばかりの「ミルク&ホワイト」。

いつも良くいく輸入食料店ショップの陳列棚に並んでいたもので、それまでに見なかった新たな装いのブルーカラーに目を引かれて購入しました。

ホワイトチョコタイプは一番最初のリンドール「ホワイト」レビューで取り上げましたが、青いパッケージのこのタイプは「ミルク」と「ホワイトチョコ」が合作した形になっています。

シェル(殻)がミルクチョコで、中身がホワイトチョコという組み合わせ。

いかにも甘そうでミルキーな風味を醸し出していますが、果たしてその実態や如何に?

ということで、早速その待望の外観と中身のレビューといきましょう。

 

リンドール「ミルク&ホワイト」外観と実食レビュー!

 

まずはその「すっきり」した見た目をご覧いただきましょう。

 

20190104191459

 

マリンブルーの爽やかな装いです。

 

20190104191454

 

原料はいつものリンドール。 中身はというと?

 

20190104191446

 

う~む、相変わらず美しいですね。 まるで上質のキャンディーのようななめらかな質感と光沢のあるフィルムの表面。

果たしてその正体は!

 

20190104191442

 

リンドールです。

別名「りんどーる」。

いや、一緒ですかね(笑)

 

20190104191629

 

割ってみますと、

 

20190104191624

 

ココナッツの実のような中身が出てきました^^

硬くもなく、柔らかくもなく、ちょうど程よい割れ感は流石です。

香りもこれまでのリンドールそのもので「甘め」。

実際に口に入れてみると、ミルクチョコのマイルドな甘さがグワッ!と勢いよく口の中に広がりました。

続いてくる「チョコレート」の濃さにも勢いを感じます。

カカオの野性味あふれる風味がミルキーな甘さに包まれて、ちょうどほどよくマイルドな味わいに変化するといいましょうか。

実際にリンドールを噛んでいると、口の中でクリームが溶けるように消えていく「あの感覚」がたまらなく官能的でセクシーで煽情的でスムージーな美味しさをイントゥザマウスで繰り広げてくれるのが心憎い。

チョコも程よく柔らかく、クリームの上質な口どけ感を邪魔しない程度にカリッと感もあるという・・・ああ、この仕打ち。

全体的にマイルドで柔らかい味わいで、正直かなり甘いですが、それでいて決してくどくない上質な甘さといえますね。

さすがはリンツ。

「リンツ」と「ゴールド」をかけ合わせて「リンドール」と名付けるだけのことはありますよ^^

 

まとめ

 

従来のリンドールに比べて「甘さ」のレベルがより上質になった、という印象を受けた今回の実食レビュー。

ミルクチョコとホワイトチョコの平凡な組み合わせといえども、その口どけの良さと滑らかなチョコの歯触りは他のどのリンド―ル達と比べても、越えることはあれど、決して少しも劣るものではありませんでした。

逆にありがちな取り合わせのチョココンビネーションだったからこそ、その奥に秘めた本来の実力を相乗効果で「バッツ―ン!!」と勢いよく発揮できたのかもしれません。

癖のない、滑らかでミルキーかつカカオの濃さも十分に持ち合わせた「ミルク&ホワイト」は定番のおやつにも、コーヒーブレイクにも、あらゆるシチュエーションで活躍することが期待できそうです^^

www.chocoreview.com