チョコとスイーツを愛するブログメディア

チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ

バターの香りとキャラメル風味のチョコが美味!「至福のバター」レビュー【ブラックサンダー】

ブラックサンダーシリーズのバター入りバージョンです。

スーパーで見つけたのですが、他のブラサンが30~40円の価格で留まっているのに対し、今回の「至福のバター」は50円という少し抜きんでた料金で棚の中で鎮座しておわしました(bigサイズやバータイプは除く)

この値段の差は美味しさにあるのか?それとも書かれているような「発酵バター」にあるのか?

と考えつつ、当然ながら幾つかを籠の中に放り込んでレジに直行で候。

ということで、早速レビューといきましょうかい!

ブラックサンダー「至福のバター」実食レビュー

まずもって袋の質が違います。

他のブラサンはテカテカ系の「いかにもプラ袋!」という感じのパッケージですが、これは少しテカリを抑えた「お高め」っぽい光沢を出しておられますから!

主原料はというと、

チョコレート、小麦粉、カシューナッツ、砂糖、ココアクッキー、バター、植物油脂、アーモンド、小麦全粒粉、バターオイル、ホエイパウダー、食塩、ショートニング、ブドウ糖、コーンスターチ

などなど。注目すべきは「カシューナッツ、アーモンド、バター、小麦全粒粉」の4つでしょうね。

ナッツ系が2種類も入っているのはすごくリッチですし、バターはもちろんフランスの発酵バターなので、通常のバターよりも胃腸に良い働きがありと言う事。そして食物繊維たっぷりの小麦全粒粉とくれば、

けっこうヘルシーなんじゃない?

と感じさせる組み合わせというやつですよ。

で、実際の中身はどうでしょう?

少しミルキーチョコの色合い。

でも甘くてほんのりバターの香りがします。

裏は安定の網目チョコ。

割ってみると、中身はいつものようにサンダークッキーとビスケットですね。

色が黄色なのがバターの風味を感じさせてくれます。

鼻を塚付けさせればさせるほど、バターの香りがかぐわしくなるという幸せ。

一口齧るといつものような「ガジリ」とした食感ではなく、キャラメル風味のチョココーティングの厚さが歯入れに心地よい抵抗を示してくれます。

とはいえ、勢いよく噛んでいくと、いつもの「ガジリ」感がやってきます。

そして・・・

キャラメリティな香り高い甘さと柔らかいアーモンドの食感とビスケットのガジリ感、そしてほのかの薫るバターの香しさが

 

うまっ!

 

な一瞬。

しかもしかも!

甘さが後に残らずに後味がさっぱりしているのがミソときた!

他のブラサンはもう少し「甘だるい」味が残るのですが、このバージョンはまったくそれがないんですよ。

決して甘さ控えめというわけではないのに、くどい甘さが残らないということ。

これも発酵バターのなせる技なんでしょうかね?

でも最後にちょっとお腹に「バターの油っぽさ」が残りましたがね^^;

まとめ

ハーフサイズのブラサンシリーズとしては50円という、他のブラサンと一線を画した価格の高さを誇る「至福のバター」ですが、その価格に見合うだけの味わいはあるなと実感しました。

とにかく口の中に広がる香りがいいです。

あと甘さが残らない「さっぱりさ」もすごい。

全体的な味わいは「キャラメル系チョコ」の風味でバターっぽい強い個性はそこまで感じません。

それでもどことなく「香り高い」と感じさせる秘密はやはり発酵バターの成せる技なんでしょう。

食後のお腹に残るオイリーさは難点ですが、それ以外はほぼ満点の美味しさ。

今まで食べた中で最高位のブラサンになりそうです。

ちょっと高級な雰囲気を醸しだす上品な「香り良い美味しさ」ですかね。

リピート決定でございます。

created by Rinker
有楽製菓
¥1,000 (2020/12/06 03:36:58時点 Amazon調べ-詳細)

Copyright© チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.