カカオマスに捧げる日々

チョコレート実食ブログ

【ブラックサンダー抹茶あずき】小豆風味強めのフローラルな香り!サクジワ食感が美味しい!

投稿日:2019年6月12日 更新日:

スポンサーリンク


ブラックサンダーの抹茶あずき味です。

少し前にコンビニで見つけて購入していたのを昨日、冷蔵庫に入れっぱなしにしていたのを思い出して、慌てて実食したレビューになります(笑)

ブラサンシリーズは商品の移り変わりが激しいので、今も店頭で販売されているかどうかは分かりませんが(2019年3月11日に発売開始)、抹茶系のチョコは嫌いではないので、遅ればせながら改めて紹介させてもらおうと思います。

ブラックサンダー「抹茶小豆味」実食レビュー

パッケージです。

グリーンのお茶の色と小豆のピンク色のアクセントが特徴的。

使われている抹茶は宇治、小豆は北海道産ということで、どちらも国産素材の良さを堪能できそう。

中身はどんな感じでしょうか?

うん!いつものブラサンですね^^

ゴツゴツした岩のような武骨感とチョコのカカオカラーが実に野生的で、見るたびに「いいわあ」とうっとりしてしまいます。

その心は「ガジガジと食べ応えがあるから」

食べものへの評価の最大のポイントは食感であるというのは、これまでにも何度もこのブログで勝手に提唱してきたことなのですが、とくにこのブラックサンダーシリーズはファーストインパクトの「チョコの厚み」感とそれに続くチョコクッキーの「ガジガジ」感が最高なのです。

一つ30円~50円という駄菓子価格にも関わらず、口の中で展開される「存在感」「自己主張感」は他の駄菓子系チョコの何十倍にも圧倒的であって、それがゆえに私の長年の夜勤の間食の友として2000年代を大いに牽引してくれております。

サイズそのものは小さくとも、厚みや食間は通常チョコにも匹敵するか、それ以上の胃袋的満足感を私に与えてくれたブラサンシリーズ。

そんなブラサン定番ともいえる「食感」が今回のグリーンティーwith小豆にも含まれているというのか?

では早速それを試してみようではないですか!

まずは割ってみました。

香りは意外に普通。

それほど期待していたほどには抹茶の香りはしません。

むしろチョコの風味が強いほど。

では次に噛んでみましょう。

むっ!

これは・・・意外に・・・・

抹茶味がしません。

むしろ小豆の風味のほうが強いかも。

甘みも小豆風味で、抹茶独特のほろ苦いフレーバーはあまり感じませんね。

むしろフローラルな華やかな香りを感じるのはなにゆえか?

そして肝心の食感はいつもどおりです。

オリジナルのブラサンに比べればソフトですが、しっかりとガジリ感は得ることはできます。

全体的にはとにかく「小豆とフローラルな香り」がすごく印象的ですね。

そしてそれが予想していた「甘味のある抹茶味に、少しもっちゃりした小豆の風味」が加わる感じとは大いに違って、すごくアロマな風味になっていたのが驚きでした。

スポンサーリンク

まとめ

なかなかに香り華やかだったブラサン抹茶小豆味。

フローラルな風味だったと感想しましたが、もちろん抹茶の味はしっかりとしています。

ただそれが小豆と合さると妙に華やかな風味に変化しているのでは?という感覚が自分の舌細胞の奥から湧き上がって仕方なく、最後には「なにか食べてると素敵な気持ちになってしまうわ」と平安時代の女官のような心情になってしまったという・・

意外な伏兵という感じですね、この抹茶小豆味は。

もちろん「良い意味」のです。

和風ですが、華やかな味わいだと自分は感じたので、もしまだ店頭にあるようでしたら、その味わいが本当であるかどうか、ぜひ一度お試し頂けたらを思いますよ。

*ECサイトでは扱いが無かったので、代わりに抹茶味を貼っておきます。

-チョコ駄菓子, 抹茶チョコ, 有楽製菓

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.