甘いもの好きの実食&紹介レビュー

チョコレート&スイーツ実食ブログ

ホワイトニングとマウスケアまとめ【歯のシミと口臭対策】

2020年10月7日

このブログを訪れる皆さまは恐らくというか、ほぼ十中八・九の方はチョコレート好き、コーヒー好きだと思われます。

ということは、毎日もしくは定期的なチョコ・コーヒーのたしなみで歯の表面に汚れがつきやすいということも容易に想像ができます。

チョコはともかく、とくにコーヒーは歯に染みがつきやすいですよね。

かくいう私も無類のコーヒー、紅茶好きなので、放っておくと勝手に歯が茶色くなったり、黄色く成ったりしてくるのですよ。

チョコを食べるとコーヒーが欲しくなる⇒歯に黒っぽいシミがつく

コーヒーを飲んでいるとチョコが食べたくなる⇒歯に黒っぽいシミがつく

この2つの方程式が成り立つような気がしませんか?

私はすごくしてます。

加えて甘い物好きの人は歯に問題がある可能性も高いということ。

砂糖はもちろん、チョコ菓子やクッキー、ケーキなどの加工物は普通の食べものよりも「細かい粒や粉」で作られているので、それが歯の間に挟まりやすいんですよ。

そこに砂糖が加わると、これはもう歯周病菌や虫歯菌の絶好のエサになりますよね。

つまりは、

・チョコ&コーヒ―⇒歯に染みが付く

・チョコ&スイーツ⇒歯の間に細かい食べかすがはさまりやすくなる

の2つの方程式がさらに貴方のお口の健康問題に加算されるということ。

とどのつまりは「歯の見た目が悪くなる」「歯の状態が悪くなる」「口が臭くなる」の3連発がいずれお口に襲来する危険が高いということなんですよ。

ということでですね!

今回はそんなチョコ好き、コーヒー好きの方の歯のケアのための紹介レビューをお送りしようと思います!


歯周病予防・口臭予防・ホワイトニングの方法

海外の人は歯の白さにこだわりが強いようで、日本人以上にホワイトニングや口のケアに力を入れるといいます。

その良い例が以下の動画。

日本で育った外国人タレントが紹介している「ホワイトニング」の方法についてです。

外国人目線で日本人の歯に対する意識の低さを指摘していて、けっこう耳に痛い内容になっていました。

でも色々とためになる情報が多くて、私も彼らの方法を取り入れてみようと思いましたよ。

以下に動画で伝えられている方法をまとめてみました。

【外国人直伝!ホワイトニング&マウスケアの方法】

①炭のホワイトニング剤を使って、歯の表面を磨くべし

最初に歯の表面の汚れを吸着させ、色をとります。

炭の成分が特に良いようです。

できれば歯ブラシは「ホワイトニング用」が推奨のようです。

▼おすすめアイテム▼

②残ったホワイトニングの粉をブラッシングで除去する

歯についたホワイトニング剤をキレイにとっていきます。

この時の歯ブラシもホワイトニング用以外のものが推奨されてました(面倒ですが^^;)

③クレスト 3Dホワイトを使う

歯の美白シールのことです。さらに「歯の美しさ」に磨きをかけるためです。

【美白シールの効果】

・歯の表面を目に見えないレベルで削る

・エナメル質を「透明」から「すりガラス」状にする働き

ですドラッグストアやネット通販で見つからない場合は、他のブランドでもオッケーです。

▼おすすめアイテム▼

created by Rinker
CleanSmile
¥2,533 (2021/07/26 02:43:59時点 Amazon調べ-詳細)

③歯を磨く

今度は普通の歯ブラシで「普通に」歯を磨きます。

最初のホワイトニングに使った2本目の歯ブラシでオッケーです。

④デンタルフロスを使う

歯の隙間についた汚れを細かくとっていきます。

口臭や歯周病予防のためです。

【使い方】

>伸ばしたフロスを指先で巻いて、歯の一本一本の間を磨いていく。

>一本の間の掃除が終われば、同じフロスの部分を使わずに、さらに指を巻いて別のフロスの面を使って掃除していく

▼おすすめアイテム▼

created by Rinker
オーラルケア
¥2,780 (2021/07/26 02:44:00時点 Amazon調べ-詳細)

⑤洗口液ですすぐ

仕上げの部分です。口の中を完全に浄化する目的です。

できれば洗浄効果の高いタイプを使うと「美白・マウスケア」効果がアップします。

結論

以上が歯の美白に命をかける外国人流の「ホワイトニング&マウスケアメソッド」になります。

かなり手が込んでますが、これくらいしないとしっかり汚れは取れないのかもしれません。

大切なポイントは、最初に磨いたときにフロスを匂って「臭い」がすると、それが口臭の原因になっているということ。

さらにそのときに血が出ていると「歯周病」だということ。

なのでそれを防ぐために、フロス続けることで「出血」もなくなり、口臭もしなくなります。

個人的にはたとえ歯周病でもフロスは続けるべきで、歯医者さんに適切な方法を教えてもらうと良いと思いますね。

スイーツ・コーヒー好きとしてはすごく参考になったので、ぜひこれから採用していきたいと思います。

皆さんもぜひお試しください。


Copyright© チョコレート&スイーツ実食ブログ , 2021 All Rights Reserved.