チョコとスイーツを愛するブログメディア

チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ

コーヒーをゆっくり楽しめる街カフェおすすめ5選

2019年10月13日

ほっとする一息を求めて、コーヒーショップやカフェで過ごす人は少なくありません。

仕事の合間や家事や育児がひと段落した時、家族や友人、恋人とゆったりと憩いのコーヒーブレイクは、日頃のストレスを解消するのにももってこいの癒しの時間。

私も休日の午後にふらりと近所のカフェに立ち寄って、コーヒーを一人で飲むのが習慣になっています。

お気に入りはチェーン系列のカフェ。

場所を変えても価格や味、店の雰囲気が変わらずに楽しめるのが気に入っているのですよ。

そんな癒しのひと時を提供してくれるマイベストなカフェ「トップ5」を紹介したいと思います。

おすすめカフェBEST5

暗めの照明と隠れ家的な雰囲気が落ち着く「星乃珈琲店」

蔵のような外観と個室風のレトロな店内の空気感が最高にお気に入りのカフェです。

コーヒーはもちろん、サイドメニューも充実していて、名物のスフレパンケーキは外がカリカリで中がふわっとしている美味しさがたまりません。

個人的に一番気に入っているのは喫煙ブースで、タバコは吸わないのですが(昔は吸ってました)、一人で静かに過ごせる別邸風の特別感が読書をするのに最適なのでよく利用しています。

店内も少し暗めの照明が気分を落ち着けてくれて、ちょっとしたバーのような大人の空気感を味わえますよ。

一押しの安らぎカフェです。

【コーヒーの参考価格:400円~】

星乃珈琲オフィシャルサイト

大ぶりのカップと明るい雰囲気が魅力の「コメダ珈琲」

名古屋が発祥のカフェです。

カフェというよりも喫茶店の雰囲気が強いですが、店内は明るく家族連れの人も多いのでファミリー向けなカフェでもあります。

このカフェには友人や家族と行くことが多いのですが、外先でお茶が飲みたくなった時に立ち寄ることもありますね。

男の自分的にはカップが大ぶりなのがたまりません。

たっぷり飲んで「ぷはぁー」と一息つく瞬間はリアルにストレス解消の瞬間ですよ。

本やスマホを見ながらでも、誰かと会話を楽しみながらでも滞在できる憩いの空間です。

【コーヒーの参考価格:420円~】

コメダ珈琲オフィシャルサイト

本を読みながらドリップコーヒーを味わえる「大垣書店&カフェ」

from: 大垣書店

関西に拠点を持つ書店併設のカフェです。

京都を本店に大阪、神戸に5店舗あり、それぞれの書店に立ち寄ったときには必ず入ってコーヒーを飲むようにしています。

書店で購入した本をそのまま読めるのも魅力ですが、静かな店内に併設しているので、カフェそのものが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

コーヒーは専用のマシーンでドリップしたものを飲めるので、とても本屋さんのコーヒーとは思えない本格的な味わいを楽しめます。

トーストやケーキ、カレーやスパゲティなどの軽食も注文できるので、ランチ時にもおすすめですよ。

【コーヒーの参考価格:290円~】

大垣書店&カフェ公式サイト

カフェといえばここ!定番中の定番「スターバックスコーヒー」

米国シアトル発祥の大手カフェショップです。

日本全国の店舗数は1300を越えていて、カフェ業界では断トツのトップです。

カウンターで注文してセルフで持っていく形式は大垣書店カフェやドトールコーヒーと同じですが、メニューの豊富さや季節ごとにリニューアルされるドリンク・フードの種類、自分でアレンジできる調味料の多さなど、スタバにしかない圧倒的なユーザーフレンドリー感が最大の魅力。

店の雰囲気はどちらかというと若者向きで、海外の観光客も利用しているのをよく見かけます。

一人で静かに読書やスマホに没頭するのもよし、友人や同僚、恋人と二人で会話に弾むのもよし。

そんな幅広い憩いタイムが可能なのも、懐の広いスタバならではかもしれませんね。

価格と比してコーヒーの量が多めなのが自分的には気に入ってます。

【コーヒーの参考価格:280円~】

スターバックス公式サイト

一人でホッとしたいときには「ドトールコーヒー」

全国展開する大手コーヒーショップです。

各都市の駅や街中に多く見かけるので、恐らく知らない人はいないだろうチェーン系カフェとして有名ですね。

スタバに比べてお客さんの年齢層が高めで、ビジネスパーソンを始め、中高年の方も多く見かけます。

一杯のコーヒーで長くいられる居心地の良さはもちろん、提供するコーヒーの価格の安さが人気の秘密。

同じくリーズナブルな価格帯の軽食も充実していて、店舗の立地によっては学生さんなど若い人が多い店舗もありますね。

席の配置が今まで上げた他店舗と違い、隣との距離感が少し手狭なのが難点。

あまり近いと二人で来ている時は隣の席に会話が聞こえてしまいますからね^^;

とはいえ、一人でボーッとするには最適の場所です。

私も仕事で外先にいた時にはしょっちゅう立ち寄って、コーヒーを飲みながらボーっとしてますよ^^

気軽に寄れる庶民派のカフェの代表格です。

【コーヒーの参考価格:220円~】

ドトールコーヒー公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

どのカフェにもそれぞれの特徴があり、シチュエーションに応じてのコーヒータイムが楽しめます。

提供されるコーヒーもカフェによって味わいの違いがあるので、それを比べるだけでも面白いですよ。

ぜひお近くの店舗で癒しのひとときを味わってください。

チョコレートやスイーツ、コーヒーから歯の着色・口臭を防ぐ方法

続きを見る

コーヒーが好きになった理由。それはダイエットが始まりだった

続きを見る

チョコ好きのためのコーヒーおすすめランキング【7選】

続きを見る

【クスミティー】デトックスからハーブまで!フランスの老舗ティーブランドで宮廷の味を!

続きを見る



-ドリンクまとめ

Copyright© チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.