チョコ・スイーツ・ドリンクと関連情報の発信

チョコ好きの甘党応援ブログ

お酒チョコ フルーツチョコ

フルタの生クリームチョコラムレーズン実食!ミルキーでお酒の風味たっぷりだった!

ファミリーチョコの雄の一つ「フルタ」の生チョコレート実食レビューです。

今回取り上げるのは「ラムレーズン」チョコ。

パープル(紫)のパッケージで高貴な雰囲気を醸し出していますよね。

もちろん紫色はレーズンの色。

正確には紫ではないのですが(笑)、あくまでイメージということで。

さらにここにラム酒の風味が加わるんですよ。

ラム酒はサトウキビを使った蒸留酒で、甘さと香りの高さが有名ですね。

そんなラム酒とレーズンを使ったチョコレートはけっこう出回っていまして、カカオとの相性の良さが分かろうというもんです。

ということでですな、今回はラムレーズン入りの生チョコの味わいをたんまり堪能しようと思いますぞ!

フルタの生チョコレート「ラムレーズン」レビュー

フルタのロゴ入りのブルーパッケージです。

このタイプのファミリーパックチョコはゴールドの生チョコの系統ですよね。

開封してみましょう。

ライン入りの規則正しいタイプです。

香りはちょっと癖がありますね。

たとえていうなら、子供の頃に飼っていたカブトムシ用の餌の蜜の匂いというか・・・(小学生の頃にカブトムシを捕まえていた人は分かるはず)

あんまり美味しくないかもな・・と匂いだけでちょっと予測を下方修正しつつ、手の平に乗せてみました。

一つまみサイズですね。食べやすいです。

そしてその中身は?

生クリームが中に詰められていますね。

これが独特の匂いのポイントでしょうね。

では食べてきましょうか。

カリッと程よい固さと柔らかさのチョコシェルを噛みます。

固すぎず、柔らかすぎずで、食感は良いですね。

続いて濃厚なラム酒の風味が口いっぱいに広がります。

サトウキビの蒸留酒だけあって、甘い蜜の風味がよく効いた香りがしますね。

これが最初に感じた虫の餌の蜜の匂いの源でしょうか。

しかし味わいは別。

遅れてやってくるフルーティーなレーズンの風味とラム酒の濃厚な風味が合わさって、すごく上品な香りに変化しました。

さらに生チョコレートのミルキーな味わいがまったりと口いっぱいに広がって、これはかなりの美味ですね。

まとめ

「ベリーの風味」と「ラム酒の濃厚さ」と「生チョコのミルキーなマイルドさ」が三位一体となって、最後はものすごく上品な味わいに変化しました。

たとえていうならば「紅茶」の風味に近いでしょうかね。

匂いだけだとちょっと癖があり。苦手なタイプに感じたのですが、食べてみると思いのほかに上質で爽やかな風味に「おおおお」と感動しましたよ。

もちろん「口どけ」もバッチリ。

噛むとすぐに溶けていく口あたりは国産チョコならではの繊細さですね。

そしてくど過ぎない後味と甘さも良いですよ。

フルタの生チョコパックは庶民的な価格で好きなんですが、このチョコはそこにちょっと「大人の味わい」が加わっている逸品になっていると思いますね。

少し香りに癖があるので、そこが苦手な人はダメかもしれませんが、食べると味わいは別物に変わるので、まだ未食の人はぜひ試してもらいたいと思いますよ!

フルタ公式ネットショップ


Copyright© チョコ好きの甘党応援ブログ , 2022 All Rights Reserved.