ソーダ味が最強!ガリガリ君アイスで夏の暑さはシャットアウト!【赤城乳業】

投稿日:2019年5月12日 更新日:

暑い日が続いています。

まだ5月だというのに、まるで初夏のような蒸し暑さ・・

西日本だけなのかもしれませんが、今日も日中は日差しが強くて歩いていると日焼けしてしまったくらいですから。

Tシャツ一枚でも汗ばむこんな日は、帰宅するり冷たいアイスを頬張るのが一番!

ということで!

いつもの憎いあんちくしょう、ガリガリ君に登場してもらいましょう!

赤城乳業が生み出した史上最強の氷菓子「ガリガリ君」

しのごの言わずにまずはこれ!

ソーダ味です。

最もシンプルで口の中に半端ない清涼感をもたらしてくれる偉大なガリガリソーダ。

オーシャンブルーを薄くしたような完璧なソーダ色です。

美しい、あまりにも美しすぎる。

どの角度から見ても気分は清々しくなります。

味がどうのこうのいう前に、まうは見た目で「暑さ」が解消されるんですよね。

といいつつ、やっぱり暑いので一口ガブリ!と。

美味いです。

外側を覆ったソーダアイスのシェルをさくっとした食感、その奥に出現するジャリジャリ氷の噛み砕き感といったら!

快感です。

噛んでいるだけで天国に行けそうです。

まだ全然クーラーの電源を入れるのには早すぎる晩春な空調環境の中、外からの風が生暖かい昼間の厳しさを口の中から一気に冷やしてくれるガリガリ君はまさに救世主。

もっとガリガリを!

もっとジャリジャリと!!

スポンサーリンク


ガリガリ君の歴史

帰宅して速攻でガリガリ君を齧って気分はすっかり落ち着いたので、ここでガリガリ君の歴史について気になるところをまとめてみましょう。(by wikipedia「ガリガリ君」)

ガリガリ君ヒストリー

・1981年に赤城乳業が販売開始

・ガリガリ君の知名度を上げたCMソング「ガリガリ君のうた」はポカスカジャンが作詞・作曲、歌を担当している(2003年8月20日にはCD化されている)


『ガリガリ君のうたPV』/ポカスカジャン

・ガリガリ君のキャラクターは昭和30年代のガキ大将をイメージしている(小学生)

・2013年には総販個数が史上最高の4億7500万本を達成している

・ガリガリ君には家族がいる(妹のガリナ、弟のカジロー、祖父の冷蔵、祖母のハナ、父のひろし、母のかおり)

・2014年にはタイ王国で発売を開始した

・2016年に60円から70円に値上げを決定

ガリガリ君が売れていることは知っていましたが、まさか億個を達成しているとは驚きです。

しかも兄弟とか家族がいるし!(祖父の名前は笑いました)

海外にも展開し、これからますますガリガリ愛好家が世界に広がりそうな予感。

世界各地の特産品とコラボしたローカライズガリガリ君を見てみたいですね!

まとめ

ガリガリ君は高校生の頃から食べ始めて、今年で「ん十年」の食歴史を数えるようになりました。

キャラクターのガリガリ君はあの頃からまったく変わっていなくて、いつになったらランニングシャツを洗うんだよと時々ツッコミを入れながら頬張るのが、暑い夏の楽しみの一つとなっています。

特にソーダは口の中がさっぱりするから、一度食べだしたら辞められません。

甥っ子はコーラ味が好きなようで、この前も向こうの家族と一緒に旅行に出掛けたことがあったのですが、高速のパーキングで休んだ時に「おじちゃんガリガリ君買って」というからソーダ味をコンビニで買って渡してやると「こんなんちゃうわ!」と怒られてしまいました^^;

う~む、ガリガリ君はソーダ味が鉄板だと思うんだが・・・

ということで、今年もガリガリ君を巡って熱い戦いが展開されそうです^^

⇒【ロイズ・赤城乳業】「ロイズアイスデザート」チョコレートバーを実食レビュー!

⇒夏のガリガリ君!リッチチョコチョコ チョコチップを猛暑の中で実食してみた! 

スポンサーリンク

-アイス, 赤城乳業

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.