甘党メンズのフード・ドリンク系情報レビューサイト

チョコレート・スイーツ実食&情報発信ブログ

口の中で消えていく快感!グリコビッテの抹茶ショコラ実食レビュー!

2021年3月15日

お菓子の王国グリコのビッテシリーズ「抹茶」編です。

ビッテはチョコの歯ざわりと、中のビスケットの食感の組み合わせがなかなかに侮れない美味しさのブランド。

味わいのもとは使われているチョコの種類に統一したビスケット生地にあり。

今回は抹茶ということで、一体どれほどの「抹茶」味になっているのでしょうか?

では和の世界にゴーッ!

グリコ「抹茶ショコラ」実食レビュー

まずは商品をどうぞ!

よろしいですね~

パッケージの基本カラーがグリーンなのはもちろん、チョコの下にそっと添えられた抹茶の粉とペーストがとても「美味」に見えます。

原材料は「小麦粉、砂糖、ショートニング、植物油脂、乳糖、ココアバター、全粉乳、ホエイパウダー、ココアパウダー、抹茶、カカオマス、ミルクシーズニング、食塩、粉末酒」とあります。

最後の粉末酒というのは驚きですね。

抹茶とお酒の組み合わせはイメージできなかったので。

発酵した香りになっているのかな?

では次に中身をば。

いつものビッテ。

シンプルかつ「ビッテ」の文字が前面に押し出されています。

ちなみに「ビッテ」というのは「どうぞ」という意味になります。

裏パッケに書いてますが、抹茶成分も「辻利一本店」の宇治抹茶をビスケットやクリームに採用しているようです。

辻利と言えば「京都宇治にて萬延元年創業の老舗日本茶メーカー」

老舗の味をたっぷり詰めたビスケットとクリームの味わいが期待大でございます。

ではさらに中身をば。

6本入りです

一本をば。

開封です。

滑らかな見た目ですね。

波の形をしたチョココーティングが美しい。

チョコサンドの部分です。

裏はノーマルですね。

香りはカカオ強めです。

抹茶の香りはうっすらとですね。

これって本当に抹茶入ってるの?

いえいえところが!

たっぷり入ってますよ!

しかも香りが一気にブワッときました。

では噛んでみましょうか?

カリッ

ジャリッ

ガジッ

の3連発サウンドです。

最初に表面のチョココーティングの少し固めの歯ざわり。

続けてビスケットの歯あたりです。

チョコの味わいはまろやかなミルクチョコでまずまず甘め

そこに抹茶の風味が加わるので、落ち着きつつも濃いめのフレーバーが口の中をしっとりと・・・

食後はほのかな抹茶の香りが残るのもよろしいですね。

一番良いのは「口どけ感の良さ」

普通はこういうビスケット系チョコは口の中に破片が残るものですが、これはむしろ「溶けていく」感じです。

正確にいうと「消える」という表現が正しいですかね。

あっさりとしつつ、まろやかさが特徴的。

とどめの「消える」感覚が気持ち良かったですね!

まとめ

抹茶の味もチョコの味もまろやかで、口に心地よかったビッテ抹茶ショコラ。

正直に言って、チョコビスケットの味わい自体はそこそこでした。

あっさりとしつつ、マイルドで後味さっぱりなところは、日本のメジャーチョコブランドであればたいていは共通しているものです。

でもこのビッテがすごいのは「消えていく感覚」

これが気持ちよかった。

口どけというよりも「消える」という表現がふさわしいチョコでしたね。

和風チョコにふさわしいマイルドさとビスケットの食感、そして「口どけ&消えていく潔さ」

存在感バリバリだけでなく「ああっ・・・」と消える儚さ(はかなさ)はまさしく「日本文化」

それをチョコで体現したビッテ抹茶ショコラは激おすすめですよ^^

Copyright© チョコレート・スイーツ実食&情報発信ブログ , 2021 All Rights Reserved.