チョコケーキ 日本

【祝!令和】銀のショコラケーキで新時代を迎えよう!【モンテ―ル】

投稿日:2019年5月1日 更新日:

スポンサーリンク


いよいよ5月で新しい時代を迎えました。

記念すべき新時代の元号は「令和」。

しとやかで美しい響きの名は、これからの日本の行くべき姿を示しているように感じます。

そんな新たな御代を祝すという意味で、「令和」マークがつけられた美味しいショコラケーキを紹介しようと思います。

銀のショコラケーキの紹介

モンテールという洋菓子メーカーの商品です。

見えますでしょうか?

中央に赤いマークで「令和おめでとう」と記されているのを。

実はこれ、メーカーさんがつけたというよりも、購入した実店舗側が張ったと思われるもの。

メーカーの公式ホームページで同じ商品を見ても、パッケージに同様のマークはありませんでしたから。

モンテール「銀のショコラケーキ」

買った時は「おお、これは記念に良いスイーツだ!」と喜んで手に取りましたが、帰宅してからよく見ると「シール」の線が濃厚になったので「なんだ・・」と。

とはいえ、新しい元号を祝うという意味ではシールでも印刷物でも変わりはないので、そのへんは気にすることなく実食を進めていこうかと思います。

まずは原材料をば。

チョコレート、卵、牛乳、砂糖、マーガリン、でんぷん分解物、小麦粉、水あめ、ココア、洋酒などが挙げられます。

中身はどんな感じでしょうか?

プラ容器に詰められていました。

結構重みがあるので、密度たっぷりな嬉しい予感です。

切り取ってみましょう。

「もちもち」したカット感です。

触ってみても「しっとり」「もっちり」していて、なかなか食べ応えがありそうです。

では実食といってみましょうか。

スポンサーリンク

「銀のショコラケーキ」実食レビュー

まずは一口。

カカオの濃厚な香りがします。

生チョコなのか、少し生っぽい匂いが気になりますが・・

口に入れると、柔らかい食感で濃いチョコの香りとまろやかな甘さが同時に訪れます。

口どけ感も非常に良く、噛んだとたんに「とろっ」と溶けていくように口全体に広がる美味しさ。

チョコの味はビター風味ですが、実際の味わいは香りほどに苦みや濃さがあるわけでなく、むしろマイルドでカカオのライトユーザーにも合うように食べやすい口当たりで仕上げられているように感じます。

柔らかく、ほどほどにビター感もあってまろやかな「ソフトカカオショートケーキ」な美味しさでした。

まとめ

令和の名前が示すように「マイルド」かつ「ソフト」な味わいだった実食レビュー。

同様のショコラケーキでは、以前に食べたフレンチレストランの本格チョコケーキと違って「幅広い世代」に受ける美味しさをもっていると思いました。(こちらはかなり濃厚な仕上がりで下から)

【ル・コキヤージュ テリーヌ・ドゥ・ショコラ】贈り物に最適の濃厚チョコケーキを実食!密度たっぷりの食感に口が蕩けた!

むしろソフトでしっとりした味わいでしたから、少し濃いめのコーヒーがすごく合うと思いますよ。

【コーヒーおすすめランキング】甘いもの好きの管理人が選んだ!チョコに合う珈琲10選!

シールながら新しい元号を記念したケーキということで、多くの人に親しみやすく優しい時代になると期待したいところです。

令和でも「美味しい」「パンチ」のあるチョコレート・スイーツを取り扱っていきますよ!

おすすめ記事お中元・夏限定ギフト7選

人気記事 【コーヒー実飲レビュー】おすすめランキング

人気カテゴリ 糖質制限・低糖フード&ドリンク


スポンサーリンク

-チョコケーキ, 日本

Copyright© チョコ&スイーツ愛好家のブログ , 2019 All Rights Reserved.