カカオマスに捧げる日々

チョコレート実食&紹介ブログ

タピオカを作ってみた!自宅でできるドリンク入り「もちもち」ダイエットフードを紹介

2019年6月9日

タピオカのクッキングレビューです。

最近まら流行り始めているタピオカ。

個人的にはあの食感が好きなので、男ながらにタピオカ入りのドリンクを買って「うまいなあ・・」と口の中の幸福感を噛み締めることもしばしばです。

食感命の自分としては「カリカリ」「バリバリ」に並ぶ「プチプチ」「もちもち」は日々の食生活に欠かせない感覚なんですよね。

そんな良き食感を持つタピオカは、ダイエットにも良いということで、特に女性に人気が高いようですね。

【タピオカ】

・南米ブラジルが原産国の食材

・「キャッサバ」という芋の根茎から作られた「でんぷん」

・水で溶いて加熱し、粒状に加工したものが「タピオカパール」

・黒い色のタピオカはカラメルで色付けしたもの

・ブラジルの先住民のトゥピ語で、でんぷん製造法を「tipi'óka」と呼ぶことから由来

・穀物のたんぱく質の主成分「グルテン」が含まれていない食品で、ダイエットにも効果的な一面もあり

・乾燥状態では高カロリーだが、茹でることで炭水化物が水の中に流出し、水で膨張してグラム単位のカロリーは減少する

参照元:茹でたタピオカにヨーグルト&ピーナッツクリームを和えて実食!もっちり感がすごかった!【低カロリーダイエット食】

上記のように、タピオカは低カロリー、グルテンフリー食品ということもあって、ダイエット中の女性やメタボ気味の男性にもぜひともおすすめしたいところです。(最近の自分のお腹もヤバいです^^;)

ということで、今回はそんなタピオカを自宅で作ってみることにしました。


ブラックタピオカ・タピオカパール調理&実飲レビュー

用意したのは「ブラックタピオカ」と「タピオカパール」です。

大きいサイズがブラックタピオカで、小粒がタピオカパール。

タピオカは以前から自分で作ってみたいと思っていたのですが、大きいサイズで乾燥タイプだと茹でるのに時間がかかるということで、生タイプを購入してきました。

もう一つのパールは乾燥タイプですが、サイズが小さいので大粒よりも時間がかからずに茹で上がることができそう。

ではまずはブラックタピオカの調理と実飲レビューにいきましょう。

ブラックタピオカ編

加工デンプン(タピオカのこと)、カラメル色素と砂糖が入っています。

国産タピオカを使用。

では中身を開けてみましょう。

ストローとタピオカの真空パック入りです。

袋を開封してタピオカを取り出します。

きな粉のような色ですね。

香りはカラメルが混じっているせいか、少し甘めの香ばしめの臭いがします。

これを沸騰したお湯に入れて20分ほど茹でます。

茹で上がってから20~30分ほど蒸らしてから、ざるにうつして流水にさらします。

出来上がり!

なかり黒い色になりましたね。

小豆もしくは葡萄のような色合い。

けっこう粘りっけがあります。

見るからにも、触った感じも「もちもち」感が半端ありません。

ではこれをコンビニで買った森永のカフェオレに入れてみます。

飲んでみましょう。

思った以上にタピオカの「もちもち」感が強いです。

もっと軽い食感かと思いましたが、茹で上がりを早めにし過ぎたのか(箱に書いてあった作り方の「20分茹でる」よりも5分早く引き上げてしまった)、少し芯が残ったような感触があります(^^;)

とはいえ、そこは「食感大王」の私。

むしろしっかりした噛み応えのある弾力性を感じることができて、「うむ!食べたぞ!」という気にさせてくれました。

粒が大きいのでカフェオレを飲むというよりも、タピオカ入りのスープを飲んでいるような感覚になりましたけどね^^;

味そのものは美味しいですし、好きな食感ですね!

タピオカパール編(ココナッツミルク)

次はタピオカパールです。

こちらは生ではなく乾燥タイプ。

粒が小さいので、15~20分程度の茹で時間で済むのが助かります。

では中身を拝見。

小さいです。

名前の通り、パール(真珠)のよう。

香りはあまり感じません。

しいて言うなら、少し甘めのデンプン質というところでしょうか。

ではこれを沸騰したお湯の中に入れていきましょう。

15分ほど茹でてから、タピオカの中心部に芯が残る程度で火を止めます。

蓋をして、しばらく蒸らしてから、水にさらします。

完成です。

茹でている時に表面にかなりの量の「糊」のようなものが出てきていて、出来上がったタピオカパールも結構粘度が強めです。

触れた感じは柔らかくてぷよぷよしていますが、粒同士がくっついているので、食べるとかなりもっちゃりしそうな感じです。

一方のこちらがココナッツミルク。

タピオカを小粒タイプで味わうドリンクとしては最良の友。

では早速タピオカパールをココナッツミルクに投入していきましょう。

いい感じです。

まるでご飯粒のような形状でココナッツミルクの中に混じっています。

一口飲んでみると、「もちもち」しつつ「ツルツル」しています。

食感も柔らかめで、スムーズに喉の奥に流れていく感じがしますね。

ぷよぷよと口の中に当たる感覚は気持ちよく、噛んでみると「もちもち」している心地よさ。

これはいいです。

ココナッツミルクのトロピカルなマイルドさ、香り高さと併せて、小粒タピオカの「もちもち」「ツルツル」「ぷよぷよ」食感で「はああああ・・」な恍惚の気分になります。

加えて食べ応えもあるので、まるでご飯を食べた後のような満腹感を味わえることも可能。

ご飯の代わりにタピオカで一食分を埋め合わせるというのも全然ありですね!

まとめ


低カロリーでグルテンフリーなヘルシーさをもつタピオカ。

今まで小粒タイプのドリンクものばかりを口にしてきたので気づきませんでしたが、しっかり食べるとお腹が膨れるのだということを初めて知りました。

見た目以上に量があるので(茹でることで水分を含むので)、大粒タイプだと少量でも満腹感を得られるから、ダイエットにはうってつけの食品ですね。

作るときに注意したほうは良いのは、茹でる時にタピオカ(でん粉)の「粘り」が鍋にくっついてしまうので、そばにいてかきまぜ続けなければいけないということ。

私はそこは失敗しまして、茹で時に鍋をほったらかしにして他の作業をしていたので、タピオカを引き上げた時の鍋の底にへばりついたタピオカの残党をはがすのに一苦労しました^^;(というか、カバカバになって剥がせなかったので、鍋を捨てました)

なので、茹でる時は、必ずそばにいて混ぜながら様子をご覧になるよう強くおすすめします。

味わいそのものも悪くなく、もちもち食感も最高、お腹の持ちもかなり良いので、残ったタピオカは紅茶やコーヒー、デザート、サラダにも入れていこうと思っています。

ダイエットを志す人、食感命の人ともども、自宅でタピオカを作って「もちもち」な毎日を楽しみましょう!

【タピオカチョコレート 実食レビュー】ミルクティーの香り高さともちもちグミの食感が至極だった!

スポンサーリンク




-タピオカ

Copyright© チョコレート実食&紹介ブログ , 2019 All Rights Reserved.