甘いもの好きの実食&紹介レビュー

チョコレート&スイーツ実食ブログ

きな粉の低糖質チョコレート実食レビュー

2021年5月6日

ロカボチョコシリーズ第4弾「きな粉」の登場です。

きな粉は大豆を元に作られたヘルシー食材で、砂糖と混ぜてスイーツの和え物として長く愛用されています。

その栄養分は、

・タンパク質たっぷり⇒体を作る

・大豆オリゴ糖たっぷり⇒善玉菌をアップ

・食物繊維たっぷり⇒便秘改善

・粉にすることで消化力アップ⇒大豆の栄養素を効率的に摂取

・カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラルたっぷり

と、なっておるわけですわ!

そんなヘルシーすぎるきな粉を練りこんだ低糖質かつ高たんぱくなチョコレートは一体どんな味わいに?!

では早速レビューしていきましょう!


スポンサーリンク

低糖質きなこチョコレート実食レビュー

ロカボブランドのクリートが提供する低糖質きなこチョコでございます。

ロカボというのは「糖質低め」「高たんぱく」の食生活スタイルで、ダイエットの形として今やすっかり定着していますね。

原材料は「植物油脂、全粉乳、イヌリン、きなこ、砂糖、ココアバター、乳糖、食塩」となってます。

イヌリンは前回の低糖質ごまチョコレートの記事で書いたように、

・チコリやゴボウ、玉葱等に多く含まれている水溶性食物繊維

・ビフィズス菌を増やしてお腹の調子を整える

・血中に含まれる脂肪を低減する

・食後の血糖値の上昇を緩やかにする

という食物繊維になってます。

きな粉そのものがヘルシーなのに、イヌリンもここまでヘルシーだと、もう何もいうことはありませんね。

しかも糖質が50%もオフなので最高にローシュガー!

ここまでで期待値が昂りまくっているので、そろそろ中身を見ていきましょうか!

見たままの「きなこ」色ですね。

パッケージを開封していきなり香って来る「きなこ」の強烈なフレーバーが特徴的です。

それだけきなこの威力がデカいのでしょうか?

これは期待大!

チョコの表面の十字マークも「ごま」バージョンと同じですね。

ブロックサイズで厚みもまずまず。

裏も同じくフラットです。

割ると中身にきなこソースが真ん中にサンドされているでもなく、練りこまれチョコになってます。

ではそろそろ食べていきましょうか。

口に入れると、すぐには香りほどのきなこフレーバーは感じません

ただ一噛みすると滑らかでスムーズな歯入れと同時に「きなこだす!」という自己主張まんまんの味わいがぶわあっと口いっぱいに広がる嬉しい驚き!

さらに甘さも同時にくるので、これは完全な「スゥィートでデリシャスなきなこ」だぞと。

甘さはしっかりあるのですが、くどくなく優しい甘さなので口あたりは普通にマイルドです。

きなこと優しい甘さが最後までキープされて、これは本当に美味しい。

ほんのりと塩っけもあるので、より甘さが引き立てられる感じですね。

疲れていたら脳が癒される感覚が最高ですよ。

結論

・きな粉の香りが強い

・きな粉の味わいが強い

・甘さもしっかりある

・くどくない優しい甘さ

・ほのかに塩分が効いてるので甘さが際立つ

・頭の疲れがとれる

となってます。

今まで食べた低糖質ロカボチョコで一番「美味しい」と感じたタイプでした。

さらに塩分の味わいが抑え気味の甘さをイイ感じで引き立ててくれているので、ピリリと甘くてきなこの風味がより美味に感じさせてくれます。

きなこはスイーツの和え物にもすごくよく合うので、チョコにもしっくりくる感じですね。

イヌリンの食物繊維と合わせてヘルシーさも期待できるというもの。

これはかなり自分にはハマったので、ぜひまたリピートしていきたいと思います。

【機能性表示食品】高純度・水溶性食物繊維・イヌリン

Copyright© チョコレート&スイーツ実食ブログ , 2021 All Rights Reserved.