ファミマ&ライザップの糖質制限スイーツ【渋皮マロンのプリン】実食レビュー!

投稿日:2019年9月2日 更新日:

ファミマで購入した糖質制限系プリンの紹介です。

製造したのはライザップ。

そう。

あのダイエットで有名なヘルシー系企業です。

最近ではジムだけでなく、吉牛やゴルフなどにも手を広げているようですが、スイーツ好きにはそんなことは関係ありません。

ただ目の前にある美味しそうなチョコおよびスイーツを遮二無二食らいつくべし!!

しかも今回のスイーツは糖質制限系ときた。

最近とみにお腹周りの脂肪が気になる年頃になってきたので(40代)、できるだけ甘いものを控えるようにしてるのですよ。

そんなときに見つけたのが、このプリン。

以前にもファミマ&ライザップのスイーツを食べて、想像を超えた美味しさを味わうことができたので、ローカロリーで美味ならもうこれだけでいいんじゃないか!と思うほどに一時期はそればかり食べてました。

【ファミマでライザップ】しっとり食感で美味かった!チョコチップスコーンとチョコチップケーキ実食レビュー!

さすがに一月ほどで飽きてしまったのですが、今回はその棚の下にある冷蔵スイーツに鎮座しておわしたゴールドとブラックのシックでスタイリッシュな渋皮マロンプリン。

さてその味はどのようなものなのか?

では早速味わい尽くしていこうと思いますよ!

ライザップ「渋皮マロンのプリン」実食レビュー

糖質8.9カロリーです。

ほかのプリンのカロリーを機にしたことがないのでよく分かりませんが、堂々とパッケージの表面に記しているということは、きっとかなりのローシュガーであることは間違いなさそうです。

主要な原材料は、

脱脂粉乳栗ペースト(栗・砂糖)、洋酒砂糖ゼラチン甘味料(ステビア)

になっていますね。

栗はビタミンC、ビタミンB1、カリウム、食物繊維を豊富に含むので高血圧や疲労回復、アンチエイジングにも良いと言われています。

渋皮のもとになるタンニンは抗菌作用があり、さらにお茶やコーヒーにも含まれているので、その味わいの良さを引き出す効果もあるんですよ。

つまりドリンクを飲みながら、このプリンを食べればめちゃ美味しい!ということ・・

そんな素敵なあんちくしょうは、いったい全体どんな中身をしているんだ??

こんな中身

ううむ!

いかにもスムージーで軽やかで上に乗って「うほほーい!」と雪ぞりをしたくなる滑らかさを誇っているではありませんか!

見た目がこれなら味もきっと良し!

実際に香りも薄いマロンクリームの軽やかな匂いが漂ってきて、いかにも「美味しいわよ」というシグナルを私の鼻の穴にめがけてビュンビュン飛ばしてきやがります。

その誘惑にまんまと乗った私は手元に置いたスプーン(「すぴーん」と書きそうになった)をむんずと掴むと「どええええいっ!」とばかりにマロン平原の上に「すぴーん」を突き立てて進ぜたのです。

スプーン入れし易い滑らかなプリン生地をそのまま持ち上げた図。

プリントいうよりもムースのような柔らかさを保ちながら、ぷるぷると震える手で口元にもっていき、そして口に入れました。

 

「甘い」

 

最初の一言。

糖質制限と銘打っているくせにこの溶けるようなドリーミーな甘さはなんだ!

一瞬ブチ切れそうになるくらい結構な甘さでで、あまりもの裏切りに私の髪の毛は怒髪天をつくように怒りで鬼太郎ヘアーの様相を呈してきました。

 

とはいえ

 

口の中で咀嚼し続けていると、柔らかいムース状のマロンスイーツから香って来る軽やかな香ばしさとマイルドなフレーバーが鼻孔の奥にまで侵入して、味覚神経のすみずみまで心地よく浸食してくるのを感じ始めていたのです。

口どけ感も至高なレベルに良く、しかも

 

さっぱりとした後味

 

ときた。

最初の甘さがいどこに行ったずら?と静岡弁で聞き返したくなるくらいに「あっさり風味な美味しさ」が粛々と口の中を満たしつつある至極の瞬間。

「これはやられた」

ここできたか糖質制限の威力よという感じに土下座です。

当初の甘さは「くどさ」をも内包しており、このままいくと確実に「海外チョコ」にみられる後味のしつこさを口の中に披露してくれるのではないかという悪夢の予感しかありませんでした。

しかしそれは時を移すにつれ杞憂に過ぎないことが明白になり、やがて消滅の瞬間を迎えるにあたっては、歯や舌、口の粘膜のすみずみにまで「心地よさ」を感じさせてくれるまでに立派に成長したのです。

「よくぞここまで参った」

すっかり空になったケースを眺めながら、私はしみじみと感服しました。

軽くオイリーなパンチのある後味と、滑らかに消えていくムース風プリン生地のはかなさ。

相反する味わいを提供しながら、そのカロリーは8.9という数値で抑えられていることに驚きすら感じてなりません。

私はようやく気付きました。

実はこれが8.9のすごさなんだ、ということを。

 

8.9

 

ありがとう、ライザップ。

そしてこれからも宜しくローシュガー。

スポンサーリンク


まとめ

想像以上にあっさりして食べやすかった渋皮マロンのプリンでした。

8月27日に発売されたばかりで、公式サイトによれば「ファミリーマート限定・数量限定」ということのよう。

RIZAP 渋皮マロンのプリン

これから秋に差し掛かると栗は旬の食材になりますから、それを睨んだヘルシー系デザートという感じですかね。

税込み170円とまずまずの価格ですし、ムースの食感も密度が濃いので意外に見た目の量ほどは少なく感じないので、これは買いでしょう。

ほかのファミマ&ライザップ糖質制限スイーツと同じように、気が付けばこれも定番になってくれると嬉しいですね!

スポンサーリンク

-コンビニスイーツ, プリン, 糖質オフ・低糖スイーツ

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.