チョコレートとスイーツとヘルシー関連レビュー

チョコ・スイーツ実食ブログ

コラム

チョコレートやコーヒーで服が汚れないようにするための方法

2022年10月8日

チョコやスイーツを食べたり、コーヒーや紅茶を飲む時に、食べこぼしや飲み物のしぶきが服にかかって汚れてしまうことがありますよね?

とくに色が濃いチョコレートやコーヒーの染みが服についてしまうと、あとでそれを取るのが大変です。

私もチョコやコーヒー好きなので、今まで無数の「染み」を服に残してきてしまっています。

それを防ぐためにはどうすれば良いのか?ということを考え、実践し、ある程度効果を得てきている方法を始め、「これはいいんじゃない?」というアイデアを今回の記事で皆様と共有したいと思います。



服にチョコやコーヒーの染みをつけないための方法

【その1】ナプキンを使う

食事のときに膝に置いて食べこぼしや飲みこぼしから服を守るための布です。

少し高めのレストランに行くと置いてありますよね。

昔は首からかけるようになっていましたが、最近は膝に置くのがマナーになっています。

ただこれだと膝から下は守れても、腰から上の衣服は守れないですよね。

なので昔ながらの「首掛け」に戻すという方法です。

ただこれは店によってはマナー違反になる可能性があるので、事前に周りにお伺いを立ててください(同伴する人や店の人に)

そこまで格式が高くないレストランやファミレス、カフェなどだと、ほとんど気にされないと思うので、普通に使用してもOKだと思います。

もし店にナプキンが置いてない場合は、自前の物を使いましょう。

ハンカチでもよいですね。

紙のタイプだと自宅でも使えますよ。

【その2】ストールやマフラー・ショールを着る

秋から冬、春先にかけて有効な方法です。

夏場でも冷房の効いた室内であれば、不自然ではないでしょう。

首元を守る暖房衣服ですが、生地が軽めのものだと食事をする際の汚れ防止にも応用できます。

この方法のメリットは、

・前掛けやナプキンを首にかける恥ずかしさがない

・お洒落に食事やドリンクを楽しむことができる

だと思います。

もちろん環境によるので、周りの状況を見てストールやマフラーをかけたままで食事やお茶を楽しんでも大丈夫かどうかは判断してくださいね。

この場合に使うべきなのはもちろん「色がついたもの」です。

お洒落で使うものとは別に、食事用のものを用意しても良いかも知れませんね。

【その3】黒っぽい服を着る

これも定番中の定番ですね。

あえて汚れてもよいように色のついた服を着てデザートやドリンクに臨むということ。

最もシンプルな「汚れ防止」だと思います。

ただこの方法は「汚れても良い服」という前提で成り立ちます。

なので「お気に入り」だったり「礼服」「借り物」の服だと不可になります。

考えられる候補としては、

・黒っぽいTシャツや長袖シャツを着る(カジュアル系)

・暖色系のセーターやトレーナーを着る

・暖色系のジャケットやカーデガンを羽織る

がおすすめかと。

あまり高価なものはおすすめできないので(汚れると洗濯が大変です)、安い物や普段着系で十分ですね。

自宅だとインナーシャツ一枚で十分だと思いますよ。

created by Rinker
United Athle(ユナイテッドアスレ)
¥774 (2022/11/27 17:29:09時点 Amazon調べ-詳細)

【その4】エプロン(前掛け)をかける

自宅や友人、知人の家など、気兼ねせずに身につけられる場合に有効です。

料理用のエプロンだと完璧ですし、介護用のものでも全然OKです。

もともとが汚れを防ぐために作られているので、生地も厚みがあって頑丈なのがメリットです。

色は基本は何でも良いと思いますが、汚れが気になるならば、暖色系のものがおすすめですね。

大人の場合は外出先の店では遠慮するほうが良いですが(大丈夫だったとしても、かなり恥ずかしいです)、小さいお子さんだと、レストランでもマナー違反にならないところもあると思います。

もし着用させたい場合は、大丈夫かどうかを店の人に確認をとってくださいね。

まとめ

チョコやドリンクを楽しむための「おすすめアイテム」を4種類紹介しました。

私もよくカフェに行ってコーヒーを注文するのですが、何回かに一度は必ずコーヒーを服にこぼしてしまうんですよね。

白いシャツにこぼしたことも何度もあって、そのたびに「ああああああああああ!」と心の中で絶叫したことがあります(笑)

冬場はジャケットで隠せたのですが、夏場のTシャツのときはかなり恥ずかしいことになってました(汗)

なので、それ以降は今回書いたような対策をとって(黒ティーかマフラー)、コーヒーこぼしの事故から服を守るようにしています。

このように男性でもコーヒーやチョコなど飲みものや食べ物の染みは恥ずかしいのに、女性はもっと恥ずかしさが増すのでは・・・

もし対策に悩んでいる方がおられれば、ぜひ今回の情報を参考にして頂けると幸いですね。

created by Rinker
¥792 (2022/11/27 17:29:16時点 Amazon調べ-詳細)


Copyright© チョコ・スイーツ実食ブログ , 2022 All Rights Reserved.