チョコとスイーツを愛するブログメディア

チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ

チョコレートブログを始めた理由・続けている理由

チョコレートの実食ブログを始めて今年で4年目になります。

記事の更新はマイペースなので、日数に見合った記事数が書けているわけでもないのですが、それでも気が付けば300越えになっています。

チョコが好きな理由は前回のエッセイで書きましたが、今回は「なぜチョコレートを食べる記録を書こうと思ったのか?」「どうしてそれだけ続けようと思ったのか?」を語っていこうと思います。

スポンサーリンク

ブログの始めた理由とは?

これは簡単です。

基本的にチョコレートは毎日食べてきたので、どうせなら記録に取っていこうと思ったからです。

チョコレートが好きになる家庭環境にいたためか、我が家は子供の頃から常に家のどこかにチョコレートがありました。

駄菓子チョコだったり、チョコレートケーキとか海外のチョコだったりと、どこかしら探せばチョコが「ほれ!」と出てくる「びっくりチョコレートハウス」だったわけです。

そんなチョコまみれな日常生活を送ってきたのですから、これはもうチョコ好きにならざるを得ません。

ちなみに私の兄弟は和菓子が好きだったようで、チョコにはそれほど食指が伸びていないようでしたが・・・

やはり私が特別にチョコとの相性が良かったのかもしれませんね。

成人してからもチョコ好きは続きまして、今度は自分で買って食べる日々が続きました。

その頃にはコンビニでもチョコとかスイーツが充実し始めていたので、手に入れるのは子供の頃よりも簡単になっていましたから。

そんな日々が長く続き、4年前にブログでチョコレートの実食記録を取っていこうと思い立ったわけです。

実食レポを続ける理由

これは「始めた理由」とは微妙に異なります。

始めたのは単純に「どうせ毎日チョコを食べているのなら、ブログで書いて記録にとってしまえ」ぐらいの軽い理由だったからですが、それを続けている理由というのは「チョコレートの魅力」そのものに関わることになります。

それは端的に言うと、

チョコを食べることは気持ちいい

 

ということ!

気持ちいいというと何やらセクシーなイメージをしてしまいますが、実際にその通りで、文字通り美味しいチョコを食べると「ああっ・・」と得も言われぬ心地よさを口に中に感じてしまうのです。

そしてこの感覚を多くの人と共有したいという気持ちが、ブログを続けている理由の大きな一つなのですよ。

カカオと甘さの絶妙なバランスとか、ナッツ入りのチョコのジャリジャリした心地よい噛み心地とか、もう本当に気持ちよさの形は千差万別!

その範囲はチョコだけにとどまらず、ショートケーキやデコレーションケーキ、シュークリーム、ティラミス、クッキー(全粒粉入りが最高)、ビスケット、アイスクリーム、プリン、饅頭などなど、ここには書ききれない色んなスイーツが、私の口の中に喜びと気持ちよさを感じさせてくれるのですから、これはもうやめられませんですよ。

不思議なのは、レポを始める前までは、それほどそんな気持ちは感じたことがなかったことですかね。

いや、感じてはいたのかもしれませんが、記録に残すことで、自分の中で食べる時の感覚をより明確に意識するようになっただけなのかもしれませんね。

チョコやスイーツを食べることは快感

実食レビューを付け始めてから食べる「美味しいチョコやスイーツ」で得る「快感」は自分史上、過去最高のものになっています。

今朝も冷蔵庫にあったシュークリームを一つ食べたのですが、中の生クリームの冷え具合と蕩け具合の心地の良かったこと!

しかもそれはスーパーで買った100円のシュークリームなのだから、いったい自分の舌はどれだけコスパの高い細胞をもっているのかと!(わずかな美味しさにでも感応する高性能)

これが本当に美味しいチョコやスイーツなら、もう目も当てられません。

「美味しい」

「とろけそう」

「食感がいい」

などなど、実食レポでは考えつく限りのフレーズを総動員して表現しようと努力していますが、ボギャブラリー難民な私などが思いつく言葉などはたかが知れているというもの。

実際にはこれ以上の「気持ちよさ」が私の口に訪れて直接、脳幹を刺激して「ああああっ・・」と悶えているわけです。

レポを書き始めて意識した「気持ちよさ」「快感」が記事の更新を辞めずに今も続けていられる原動力なのかもしれませんね。

まとめ

チョコレートやスイーツの実食レビューを始めた理由、続けていられる理由を頑張って書いてみました。

見返してみると、想像以上に「快感マニア」な印象を受けますが、決して私は変態ではありませんので、どうか誤解しないでくださいね。

とにかく美味しいチョコやスイーツを食べた時の心地よさが初めにきて、それを意識することでより繊細な「心地よさ」を感じ取れることができるようになったというのが、レビューを継続していられる理由と原動力なのだと思います。

全国にはきっと私と同じような感覚を抱いている人がいて、毎日同じようにチョコやスイーツを口に頬ばって「あああっ・・」と目を閉じて天を仰いでいるはずで、それを信じながら実食レポートを書く喜びもまたひとしおというものです。

これからも実食レビューは続きます。

時にはしょーもない駄菓子チョコを食べて「最高!」とのたまわったり、ハイクオリティなスイーツを実食して「まあまあかな」と斜め上の感想を書くことがあるかもしれません。

そんな甘い物への赤裸々な感想を書き綴ったブログを良ければ、これからも読んでいただけると嬉しく思います。

かしこ。

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,650 (2020/08/07 20:37:38時点 Amazon調べ-詳細)
チョコレートを好きになった理由

続きを見る

スポンサーリンク

-エッセイ

Copyright© チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.