甘いもの好きの健康志向レビュー

チョコレートと体に良いもの紹介ブログ

ホイップクリームとチョコムースが美味すぎる!名もなきケーキ実食レビュー

チョコレートムース系のホイップクリームケーキの紹介です。

今回はとにかく「美味しいので食べてみた」にスポットライトをあててレビューしています。

というのも、食べる対象のケーキの「名前を知らない」から。

前日に冷蔵庫の奥に見つけた謎のケーキで、皿の上に載ってラップで包んであったものです。

誰が、いつ、どこで買って、なんのために置いてあるのか分からない謎のケーキ。

家族に聞くと「昨日冷蔵庫に入ってあったから、皿に移し替えてラップしといたよ」とのことなので、おそらくここ2,3日以内に誰かが買ってきていて、食べるのを忘れてしまったものだと思われます。

なので「じゃあ俺が食うわ」となり、今回の実食にいたったという次第。

匂いを嗅いでも見た目も全然大丈夫なので(多少危なくても私はきっと食べます)、普通に「ラッキー!」と美味しく頂くことにしました。

ということで、どこのブランドとか値段とか全く分からないし説明もできない、とにかく「美味しいケーキを食べるのだ!」に特化した内容の「男がひたすらケーキを貪って美味しい!美味しい!を連発する力技レビュー」になることをお覚悟の上、お読みくださいませ。

スポンサーリンク


ホイップクリームがけチョコケーキ実食レビュー【前半戦】

こちらがケーキです。

ラップを貼ってあったので外すと上の形が崩れてしまいました。

なので、まずはラップについたホイップクリームを食べるところから始めたいと思います。

こういうのが一番美味しいんですよね。。。

スプーンですくうと、

大物が取れました。

もうこの時点で気分は最高です。

ホイップクリームとチョコムースがまじった至極の口あたりをフィーくの一すくいで満喫します。

「美味い!」

ひとしきりラップ上のクリームを嘗め尽くした後はいよいよ本体です。

原型をほぼとどめていないので、もともとどういう形のケーキだったのか伺いようがないのですが、とにかく表面のホイップクリームとチョコムースと中のチョコサンドの豊満で軽やかな重なりが目の保養過ぎるだろ!という思いでござる。

ではフォークで一口!

おおおお!見るからにデリシャス!

フワッとして滑らかで香りもチョコの濃いめのいい感じのが鼻のあたりにそよいできます。

これを一口食べると、

「・・・・・う、う、うまい!」

定型文の感想でソーリーすが、これ以上に言葉は出てきません。

なめらかなホイップクリームのまろやかさ、チョコムースのカカオの風味とほろ苦さ・・・

口の中で少し残ってスーッと溶けていく感触は忘れそうにも忘れられませんて。

そしてこれがその断面図。

いいですね~

なんだか上品な色気すら感じます。

チョコスポンジにはまだ食は至っていないのですが、もうこの見た目だけで気泡たっぷりの食べ応えのある食感というのは想像できますよ。

では一口をば!

食べた後の断面図ですが、もちろん手元のフォークの先にはしっかりとスポンジ付きのムースケーキが乗っかっておりまする。

そしてその食べ心地は…意外に普通でした。

もっと気泡しっかりで密度があるのかなと思いましたが、意外に「スシャッ」とした浅めの歯あたりで、表面のクリームとチョコムースの引きの強さに比べると「個性が弱いな」と感じられました。

この時点で「これは近所のスーパーのあのコーナーのあのケーキだな」とようやく検討が付き始めます。しかも売れ残ってパッケージ表面に「半額」と書かれたシールが張ってあったということも・・・・

(そうか。それでも構わんさ。美味ければな・・・)

なぜか目を細めて手元の冷めたインスタントコーヒーが入ったカップをもって窓の外を眺めるハードボイルドな瞬間。

テーブルの上に食べかけのケーキがあって、しかも時間は夜なので窓にはブラインドがかけてある「ハードボイルド」とは真逆の世界のですが、それでも気分は北方健三です。

しばしコーヒーで喉を潤し、再びケーキとの戦いに目を向けたのが、それから3分後。

おおお!

裏側を見るときれいなチョコスポンジと間に挟まれたチョコ層が控えているではないですか!

ここにきて出てきたワードは「シフォンケーキにそっくりだな」ということ。

昔よく通っていた英国屋の自慢のシフォンケーキとうり二つの背中部分に軽くデジャブを感じます。

そしてもちろん、この背中部分のチョコ層を食べましたとも。

その味わいは「濃い」ということ。

想像以上にカカオの濃さが効いていましたし、厚みのあるチョコも板チョコまではいかないまでも、ある程度の強度をもってソフティなチョコスポンジに挟まれて「どうじゃ!」とそのカカオティな存在感を誇示していました。

ということで!

ここまでで前半戦は終わりです。

なぜ前半戦と後半戦にわけたかというと・・・・次を見てください。それですべてはわかります。

いざ!

ホイップクリームがけチョコケーキ実食レビュー【後半戦】

その理由がこちら!

シナモンパウダーです。

ケーキを食べる時はほぼこれを振りかけて食べてます。

シナモンは体に良いのもあるのですが(抗酸化作用、抗炎化作用など)、それ以上に「シナモンのアジが好きだから」。

私は八つ橋が大好きで、スーパーやお菓子屋さんでも必ず買いますし、本場の京都に言った時も専門店に立ち寄って色んな種類の八つ橋を大人買いしてます。

あの独特の色気のある香りが好きなんですよね~

しかも甘いものと凄く合うので、ケーキを食べる時はほぼこれをかけてるという日常です。

とはいっても、味にアクセントつけるためにかけるので、普通はホイップクリームメインのプレーンなケーキにかけることが多いです。

チョコケーキはもともとが濃いので味付けはいりませんからね。

でも今回はクリームに包まれたチョコケーキなので、表面の味わいにパンチ力をつけるためにかけるという流れでございます。

ではいきましょうか!

ほれ!

ほれほれ!

いい香りです。

シナモンの色っぽい薬味のあるフレーバーが鼻に心地よく伝わってきます。

そしてそれがかかったチョコケーキを一口食べると、これもまた至極の味

表面のクリームにものすごくマッチングしてるんですよね~

シナモンの薬味風味で口の中を刺激した後で、チョコとチョコスポンジの濃さでまとめるというか。

もはやチョコケーキというよりも「ロッキー山脈」という表現のほうが正しく思えるほどの偉容。

雪解けの山の頂上と中腹といった感じで、チョコスポンジとシナモンの部分がむしろ「むき出しの土が露出した災害直後の山」という見方もできなくはありません。

それでも美味しかったホイップクリームがけチョコスポンジケーキの落日・・・

スポンジよさらば・・・

ということで!

実食を完了しました!

まとめ

ひたすら「美味い」「この味は・・」を繰り返した超個人的スイーツレビューでしたが、如何だったでしょうか?

有名なブランドのチョコを紹介するでもなし、地元で人気のケーキショップのケーキを紹介するでもなし、名前も忘れたあくまでシンプルな「ケーキ」の実食レビューということで、ある意味ステマなしのリアルな「スイーツの感想記事」になったのではないかと自負しておりまする。

まあシンプルに商品名を忘れてしまっただけなのですがね^^;

そんな感じで久しぶりの普通のスイーツレビューでした!

やっぱりホイップクリームとチョコは最高です!

食べるな危険!手が止まらなくなる「禁断のチョコ&スイーツ」5選!

続きを見る

スポンサーリンク

Copyright© チョコレートと体に良いもの紹介ブログ , 2021 All Rights Reserved.