カカオマスに捧げる日々

チョコレート実食ブログ

【リンツ】牛乳と麦の香りが豊潤な「リンドール・ミルク」実食レビュー!

投稿日:2017年10月5日 更新日:

スイスが誇る世界的チョコレートブランド「リンツ」のリンドールです。

これまで何度か取り上げてきたチョコシリーズ「リンドール」。

ホワイトエキストラビターとそれぞれの個性と旨みに舌鼓を打ってきましたが、今回はこれまでレビューしてきた3Pシリーズの最終形ということで「ミルク」味を実食したいと思います。

リンツと歴史とリンドールの誕生

リンツって何?というチョコレート素人の方のために、簡単にというブランドについて説明しておきましょう。

リンツの萌芽は1845年にスイス・チューリヒの町で小さな菓子店として誕生した。

1879年には薬剤師の息子だったロドリフ・リンツが新しい食感のチョコレートを発明、その後、ルドルフ・シュプリングリーがリンツの店を買収し、現在のリンツ&シュプリングリ―の基礎を築いた。

1949年には、看板商品となるトリュフチョコレートの「リンドール」を販売、1960年代にスイス国内のチョコレートメーカーを相次いで買収し、企業規模を拡大した。

現在、世界中に300以上の店舗を開設・運営している。

リンツ&シュプルングリー - Wikipedia

ざっとこんな感じでどうでしょう?

店の始まりが1800年代に至るというから、チョコレート店としては、かなりの老舗だということが分かりますね。

そんなリンツの看板商品「リンドール」はすでに1940年代に開発されたというから、これもかなりな老舗のチョコレートということになります。

ではそんな老舗のリンドールチョコを次の章で実食することにしましょう!

スポンサーリンク

リンドール・ミルク実食!

赤いパッケージで登場です。

f:id:chocomale:20171005204331j:image

 

中身は相変わらずのキャンディータイプ。

f:id:chocomale:20171005204333j:image

華やかな色使いに目を魅かれますね。

 

完璧なまでの球体。

f:id:chocomale:20171005204336j:image

真ん中のポチ丸がスターウォーズのデス・スターを思い起こさせてくれます。

全宇宙が我が手のひらに!

 

宇宙は置いておくとして、香りはあっさりと薄いミルクとカカオマスの匂いがします。

小ぶりだけど、なかなかの質感で中身が凝縮している感がうかがえます。

ブレットナイフで切ってみると・・・

f:id:chocomale:20171005204338j:image

きれいに割れました。

 

中にはちょっとした空洞部分の痕跡があり、そこにチョコレートクリームが入っています。

外側のチョコシェルよりスムーズで柔らかいですね。

 

嘗めてみると、これがものすごく甘いだけでなく、コクのある風味が漂ってきます。

なんだろうと思って、原材料を見てみると「バターオイル、麦芽エキス」とかいてあり、ああそれかと。

チョコに麦芽を入れるとは、マクビティの全粉粒ビスケットに匹敵する「コクまろ感」を演出してくれてますね。

甘いだけでなく、もう少し深みのある味わい・・・

チョコシェルの少し固めの噛みごたえと、中のクリームのソフトな風味が口の中で渾然一体となって、食感本能を刺激してくれるチョコレート。

これはかなり美味しいです。

まとめ

リンドール3兄弟「ホワイト、ビター、ミルク」の中で最も「美味しい」と感じたトリュフチョコでした。

これはたぶん麦芽の風味の成せるところが大きいと思いますね。

コクと甘さが調和すると、こうまで味わい深いチョコができるのかと。

本格派の味わいとは、まさにこのことですね。

170年の歴史を持つスイス随一のチョコレートブランドに乾杯です^^

【リンツ】リンドール実食おすすめランキング10選

スイスが誇るチョコレートの老舗「リンツ」のリンドール・ランキング特集です。 リンツのチョコレートの中でも特に人気がある「リンドール」は、その口どけ感が最大の魅力。 リンツ・チョコレート オンラインショ ...

続きを見る

スポンサーリンク

-スイーツチョコ, リンツ, 海外チョコブランド

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.