カカオマスに捧げる日々

チョコレート実食&紹介ブログ

【リッタースポーツ】まろやかなミルクの美味しさが光る!「ナッツホワイト」実食レビュー!

投稿日:2018年1月23日 更新日:

リッタースポーツのレビューもいよいよ佳境に入ってきました。

今回で5つ目になる同シリーズは、実はまだまだ他にあるのですが、現在日本国内の我が近隣の店舗で買うことのできる限界まできたということで、リッタースポーツよご苦労さん、と肩を叩きたい気分です。

ではいよいよ!

 

「リッター・ナッツホワイト」実食前レビュー!

 

ではいつもどおり外観レビューをご覧いただきましょう。

 

 

ホワイトというよりも、クリーム色の優しい色使いが特徴的なパッケージです。

 

 

ヘーゼルナッツやココアバターなどは恒例ですが、そこに「米」が入っているのが面白い。

生米が入っているのか?炊いた米が入っているというのか?

どちらにしてもこのチョコに入れるには、いささか無茶な素材といえなくないと思うのですが、開封前の現時点では、その謎は永遠に謎のままです。

そして・・・

 

 

これもいつもどおりの便利な袋とじ式パッケージ。

途中で食べ終わっても、そのまま入れたまま閉じてポケットに入れておけば、いつでもどこでも気が向いたときに「ガジリ」と齧れる良さがあります。(といっても体温で溶けるので、寒い冬場に限りますが)

 

 

そして全容です。

 

 

裏側から攻めてみましたが、どうです?

このデコボコ感。

ヘーゼルナッツが丸まんま入っているという、ほかのチョコではあり得ない剛毅さがまさにドイツ発のスポーツチョコレート、ゲルマン民族のチョコは世界一ィィィ―ッ!という感じですが、それくらいに見てよし、食べてよし!の二拍子が揃った男前のチョコ外観なのですよ。

ではいよいよ実食といってみましょうか!!

 

スポンサーリンク

「リッター・ナッツホワイト」実食レビュー

 

正面から見たチョコのマス目は相変わらず整然としていて、ドイツ文化そのものの秩序と安定を感じます。

 

 

香りですが、それほど癖のない印象です。

少しナッツの香りが先立つ感じで、そのほかはあまり特徴はないですね。

一噛みすると

カリッ

という心地よい音とともに、中のナッツが露わになります。

 

 

そしてそのすぐ後にくる「ナッツ」の香ばしい味わいと、ホワイトチョコレートのマイルドな甘さが「じわ~っ」と口の中に広がる感じ。

噛めば噛むほど「ジャリジャリ」する心地よい食感と、ヘーゼルナッツ独特の油っぽい風味、加えてほどよく味つけられた塩が、チョコレート全体の旨味をすごくよく引き出していて、まさに五感を刺激する体感系チョコという言葉がたった今、頭の中に浮かびました。

味わいの明確な定義をすれば、まず第一に「ヘーゼルナッツ」の味がとにかく目立つチョコレート、でしょうか。

甘さはけっこうあるのですが、ミルクのまろやかさが効いていて、それほどくどいとは感じません。

そして「米」は粉砕されて、クランチ状でインしています。

 

 

「甘さ」がかなりありながら、それほどくどい風味に感じなかったのは、この「米の力」なのかもしれませんね。

「米」はやはり日本の心です^^

 

まとめ

 

ヘーゼルナッツの香りと風味、オイリー感が先立つ風味がします。

その次にミルキーなホワイトチョコレートのマイルドさがきて、塩味とジャリジャリした食感で引き締める感じですかね。

全体的に落ち着いた風味で、これまでの濃いめなリッタースポーツのシリーズにはない、あっさり系のチョコという実感です。

もちろんカカオではなく、ホワイトチョコを使っているせいもあるでしょうが、日本人としては「米の力」が味の中和化に役立っていると信じたいですね。

ヘーゼルナッツが好きで、マイルドな風味のチョコをがっつり食べたいという人ならば、きっと気に入ること間違いないチョコレートだと思います。

www.chocoreview.com

-ナッツチョコ, ホワイト・カラーチョコ, リッタースポーツ, 海外チョコブランド

Copyright© チョコレート実食&紹介ブログ , 2019 All Rights Reserved.