カカオマスに捧げる日々

チョコレート実食&紹介ブログ

【カレ・ド・ショコラ】「カカオ70%」実食!すっきりした味わいが魅力の上質チョコ!

2018年3月9日

森永のカレ・ド・ショコラ実食シリーズです。

これまでにマダガスカル・ホワイトフレンチミルクベネズエラビターを実食してきましたが、いよいよ本丸のハイカカオチョコに挑戦です。

そんな日本初の本格的ビターチョコとして登場した「カカオ70%」。

早速その実食といきましょう!


カカオ70%実食を開始!

f:id:chocomale:20180309170904j:image

ブラックのボックスデザインです。

ハイカカオのイメージカラーでしょうか?

f:id:chocomale:20180309170859j:image

材料は「カカオマス、砂糖、ココアバター、ココアパウダー、乳化剤、香料」のシンプルな取り合わせ。

一枚当たりのカロリーは28kcalです。

一箱に21枚入っているので、ボックス当たり588kcalになりますね。

f:id:chocomale:20180309170853j:image

いつもながらのシンプルかつリッチな個包装。

f:id:chocomale:20180309171045j:image

チョコのネーム入りです。

f:id:chocomale:20180309171040j:image

カカオの香りがほのかに匂う中で薄く混じるミルクのフレーバーがマイルド感を誘います。

そして・・・

f:id:chocomale:20180309171031j:image

パキッと割れました。

一口噛んでみると、甘さが先にきた後は、酸い味とコクがほどよくブレンドされたマイルドな味わいが広がります。

カカオマスのビターなパワーを十分に感じつつも、甘さがそこに上手く乗っているためか、あまりくどさを感じません。

後味のないすっきりした味わいですね。

まとめ

数種のカカオ豆をブレンドし、焙煎方法を工夫した製造方法で素材の美味しさを良く引き出したシンプルかつ口当たりの良い味わいになっていました。

70%というのは、明治チョコレート効果を実食レビューしたときにも感じましたが、カカオの持つ華やかさが一番引き出される配合率かなという気がしますね。

チョコのサイズもミニながら、食べごたえのあるパワフルな味わいを備えているので、ティータイムや仕事、勉強、家事の合間にポキリと噛めば、気分もお腹も満足できるのではないでしょうか。

価格も一箱322円、6箱まとめ買いで1934円となっているので(Amazon販売価格)、気軽にハイカカオチョコの美味しさを満喫できるおススメの一品といえます^^

最も美味しいチョコはどれだ!森永「カレ・ド・ショコラ」比較ランキングレビュー

これまでブログで紹介してきた「カレ・ド・ショコラ」実食シリーズの総集編です。 どのタイプが一番美味しいのか? どれがお口の中でとろりと溶けて、香り良い後味を喉越しに漂わせてくれるのか? そんな思いを込 ...

続きを見る

スポンサーリンク




-ハイカカオ・低糖チョコ, 森永製菓

Copyright© チョコレート実食&紹介ブログ , 2019 All Rights Reserved.