チョコ・スイーツの実食レビューとエッセイ・体験談

チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ



明治チョコレート効果「コク深マカダミア」実食レビュー【ほろ苦】

ハイカカオのヘルシーさが嬉しい明治チョコレート効果のナッツ入りバージョンが発売されました。

明治チョコレート効果はノーマルサイズ、大容量サイズともにほぼ全商品を買って味わってきています。

カカオ濃度が72%からなので、健康と美容に良いとされるカカオポリフェノール満載のチョコは「ほろ苦く」「大人の味わい」「フローラル」な独特の美味しさを感じさせてくれました。

今回はそんなチョコ効果にさらにナッツの栄養満点さが加わったという嬉しい知らせ!

発売されたのが「コク深マカダミア」「素焼きアーモンド」の2種類!

マカダミアナッツとアーモンド入りということですね。

早速どちらも買って実食してみましたが、その味わいは・・・

ということで、早速今日はその第1弾「コク深マカダミア」味をレビューしていきましょう!

明治チョコレート効果「コク深マカダミア」実食レビュー

パッケージは同シリーズの72%バージョンをベースにしたグリーンカラーです。

マカダミアナッツが入っている所だけが唯一の違いですね。

原材料はというと、

カカオマス、砂糖、マカダミアナッツ、ココアパウダー、ココアバター、植物油脂、乳化剤、香料

となってます。

栄養分の記載も充実しているのも嬉しいところ!

【一箱当たりの栄養成分】

パルミトレイン酸:1.4g

オレイン酸:12.3g

カカオポリフェノール:1331mg

たんぱく質:5.7g

脂質:30.2g

糖質:17.1g

食物繊維:7.0g

トップのパルミトレイン酸はマカダミアナッツの栄養分ですね。

「肌の働きに良い」とされる不飽和脂肪酸で、他の食品中でもトップレベルの量を誇っているのですよ。

アンチエイジング効果の高いカカオポリフェノールもたっぷり含むということで、いきなり「ヘルシー&ビューティー」な効果がグイグイ期待できそうなスターティングですね!

では中身を見ていきましょう!

緑のカバーです。

72%の流儀を守っています。

そして・・・・

ジャン!

出ました。リッチスタイルのマカダミアショコラ。

波打つチョコの造形美が視覚に優しく麗しゅうございます。

裏は平面ですね。

香りですが、これがいきなり「濃厚」。

箱を開けた途端にブワッと香ってきて「ビ、ビター・・・」と呟いてしまったくらい、ほろ苦いカカオのフレーバーが充満しています。

ここ最近ハイカカオチョコにご無沙汰だったので、久しぶりにこの匂いを嗅いで身と鼻の穴が引き締まった思いが致しました。

ではちょいと中身を拝見!

ナッツですね~

それもナッツ類では独特の柔らかさをもつマカダミアナッツ。

ナッツ系の多くは固めなのですが、クルミとマカダミアナッツはその中でもソフトな噛み感なんです。

でも両者の固さは質が異なっていて、クルミは「ジュワッ」とした少し湿気を含んでいるような柔らかさ(オイル成分が強いと思われ)、マカダミアナッツは「カリッ」とした軽快だけど、口どけ感が非常に良い食感と口あたりがします。

美味しさで言えば断然「マカダミアナッツ」

少し冷んやりするカリトロな口当たりと、すぐに溶けて軽やかに口の粘膜と一体化するライトなオイリー風味は他のナッツにはない独特の味わいをもっているのですよ。

そんなマカダミアナッツとハイカカオの味の組み合わせはどうなっているのか?

では早速実食なり!

チョコはけっこう固めです。

一噛みしてもすぐに割れない感じです。

表面の流線形タイプの波チョコが歯を滑らせる効果があるんですかね?

ツルっとした歯の滑りを抑えようと強く噛んだら、今度はガツッと割れてチョコの破片がぽろぽろと口からこぼれていきます。

ううむ食べにくいな、と愚痴りつつ、さらにその味わいを歯と舌で堪能しようと試みると、まずハイカカオチョコのビターさ、ほろ苦さがグワッとやってきて「うぐわっ!」と衝撃を受けます。

砂糖控えめでビター高めのチョコの味わいは、最近よく食べてきたミルクチョコのドリーミーな甘さとはまったく異なっていて、記憶で例えるなら「子供時代の楽しい思い出」「大人の世界の厳しさ」の違いくらいあるという感じ。

とにかくほろ苦なんですよ。

一方で期待したマカダミアナッツの味わいは、これがほとんどしないという。

ほとんどというか全部がハイカカオチョコのビターさに満ち溢れていて「どこがナッツ入りのチョコやねん!」と。

もともとマカダミアナッツは甘さが少ない方で、単体で食べたときは「カリッ」とした小気味よい食感とさらっとした口どけ感が美味しさの魅力で、ピーナッツのような甘さはけっこうないんですよね(自分の記憶では)

なので、このチョコでも味の威力はハイカカオに持っていかれたというか、むしろマカダミアナッツは食感に特化しているなと。

固めのチョコを噛んだ後に、マカダミアのカリッとしつつも実は柔らかい口に優しい「固さ」でお出迎えという感じ。

味わいは全面フルスロットルで「ハイカカオ」のビターでソリッドな大人の味わいに溢れておりました。



まとめ

ハイカカオチョコの特徴を前面に押し出して「グイグイ」とビターな大人の味わいで攻めてくるミスターカカオマス。

アクセル全開のビターチョコを「まあまあ」となだめるようにカリッと軽快な食感でお出迎えしてくれる「固さと柔らかさを併せ持った」人生巧者のマカダミアナッツ。

とりあえず一言で言うと「苦い」というのが正直な感想ですね。

でもその中にわずかに混じる「甘さ」が、ただ甘いだけでない「大人の旨味」を感じさせてくれますし、マカダミアナッツの食感の小気味よさが心地よい刺激を口や脳に与えてくれています。

栄養的にはかなり良い取り合わせなので、健康と美容のチョコとしては相当のレベルにあるのは確かですよ。

大人の体のたしなみとして、ぜひ一度試してみることをおすすめしますよ^^

created by Rinker
明治(菓子)
¥2,896 (2021/04/20 18:58:01時点 Amazon調べ-詳細)
無限の栄養と美味しさを誇るナッツチョコレートおすすめ5選

続きを見る

明治チョコレート効果おすすめ実食ランキング

続きを見る

お菓子・パン作りの総合通販サイト

Copyright© チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ , 2021 All Rights Reserved.