カカオマスに耽溺する日々

チョコレート実食ブログ

チョコレート ビターチョコ ベルギー

【レオニダス】7種類のチョコレートを購入!小さいけど食べ応えのあるスイーツの巨人たちだった!

投稿日:2019年1月19日 更新日:

スポンサーリンク


ベルギーの有名ブランド「レオニダス」のチョコレート実食レビューです。

ギリシャ出身の菓子職人レオニダス・ケステキディス氏が、ベルギーで創業した同ブランド。

その親しみやすい味わいと伝統の菓子作りが評価されて、本国ベルギーではチョコレートのインターネット投票で3年連続一位を得るほどになっています。

 

チョコレート通の多いことで知られるベルギーにおいて「好きなベルギーのチョコレートは?」との問いに、多くのお客様が、誰もが認める美味しいチョコレートにレオニダスを挙げて下さっています。ベルギーで行われたインターネット投票ではチョコレート部門で3年連続 第1位を勝ち取るなど、その人気の高さを物語っております。

レオニダスとは | レオニダス

 

さらに2013年には王室御用達の認定を受けるなど、まさに国民的チョコブランドとして、その名をチョコ世界に広く認められることになったレオニダス。

かつて一度だけ実食したことがありましたが、そのときはシンプルなバーチョコだったので、その美味しさの末端部分しか味わうことができなかったことが唯一の心残りでした。

www.chocoreview.com

そして今夜。、ついにその至極のチョコたちを味わうことになったのです。

実店舗で購入した7種類のチョコのリアルな美味しさを、涎が零れ落ちそうになる口の中に放り込んでいく幸せを想像しながら・・・

ではいざ!

 

レオニダスのチョコレート実食スタート!

 

関西にある某店舗でチョイスしたこちらのボックス内のチョコレート。

 

20190119144440

 

金色に輝くケースの彩りが栄光に満ちた大王の足跡を祝っているように見えます。

 

大王

20190119144435

 

では大王の中身を見てみましょうか。

 

20190119144251

 

種類が多くあったチョコディスプレイの中から、美味しそうな見た目のチョコレートを選んでみました。

はっきり言って、どれがどれだか分からないので、実際の味わいとか名前とかはよく分かりません。

もちろんディスプレイではきちんとそれぞれのチョコに名前がついていたので、それを指さして店員さんに伝えながらオーダーしましたから、そのときは覚えていたのですが、帰宅して早速忘れてしまったという(涙)

なのでこれから始める各チョコレートの個別レビューでは、公式サイトに掲載されているチョコレートの名前に準じて表記していきたいと思います。

反面、サイトに載っていなかったチョコのほうが実は多かったので、それらに関しては適当の自分の主観を交えながら名付けたり、見た目のイメージで呼んだりするので、そのあたりはどうかご容赦を。

では始めましょう。

 

ノアゼットマスクホワイト

 

公式サイトで掲載されていた名前のチョコです。

以下に商品説明を。

 

ノアゼットは トップにへーゼルナッツを丸ごとのせた風味豊かなプラリネです。

ソフトな食感とナッツが絶妙の味わい。

ビター、ミルク、ホワイトの3種です。

画像はホワイトです。

ホワイトが仕入責任者Uの一押!しです♪

 

ノアゼットマスクホワイト | レオニダス

 

仕入れ責任者Uさんの一押しということで、これは見逃せないホワイティな一品となりそうな予感がします。

いったいどんな白さを誇っているというのか??

 

20190119144554

 

スムージーです。

優しげな趣があります。

 

20190119144550

 

厚みもまずまずありますね。

 

20190119144545

 

割ってみると、3層になってました。

 

20190119144539

 

ナッツは確かに丸ごと入ってます。

とはいえ、香りはそれほどナッツの匂いはしませんね。

むしろホワイトチョコレートのうっすらとした香りが目立ちます。

ほどよい固さのチョコレートシェルを噛むと、すぐに爽やかな甘さが広がります。

清涼感ある感じがしますよ。

ナッツも思ったほど癖はなく、キャンディな甘さの軽い食感といえます。

これはなかなか美味しいです。

Uさんの努力の甲斐も実ったというものですよ!

 

ナッツまぶしボールチョコ

 

名前を失念したチョコの一つです。

なので上のタイトル名は完全に私がオリジナルでつけました。

まあ見たままという感じがしますが・・

 

20190119144239

 

小ぶりなサイズです。

 

20190119144235

 

割ってみると、ガナッシュが。

 

20190119144231

 

ヘーゼルナッツの癖のある香りがするので、まぶしてあるナッツはヘーゼルナッツに決定ですね。

ガシュッという歯の当たりの良いナッツ&シェルを噛むと、落ち着いた風味のダークチョコレートの味わいがすぐにやってきます。

そしてその後にキャラメル風の甘さがジュッと滲み出てきて、まるで焼売の肉汁のような味わい深い食感をもたらしてくれます。

食感と濃いめの味わいがかなり美味ですね。

癖になりそうな美味しさを持っていると思います。

 

レオニダス大王記念チョコ 

 

すいません。これも私が勝手に名付けました(笑)

サイトをみると一瞬「カレクロカン」かと思ったのですが、中の具材が違ってるようだったので、仕方なく見た目の印象で決めちゃいました。

いかにも勇壮で果敢な男前のチョコ大王の雰囲気がビンビンに出ていると思いませんか?

 

20190119144709

 

裏は無地です。

 

20190119144705

 

厚みはスクウェアタイプなので、ノーマルなサイズですね。

 

20190119144700

 

中はソースっぽいものが入ってます。 

 

20190119144653

 

香りはビターチョコです。

一噛みすると、中からトロッとしたキャラメル味のソースが出現します。

シェルのダークチョコな味わいと合わさって、かなり香ばしく旨味のある味わいに変化しました。

噛み応えとキャラメルの甘さ、そして大王の勇敢な表情を噛み砕くことで、自分の中でむかつく敵(色々います)を蹴散らす勇気が生まれそうな一品となりました。

 

王家のボールチョコ

 

これも名前を覚えていないので、完全に私の一存で決定しました。

赤い包装紙にくるまれたミニチョコボールの表面に刻まれた王家の紋章。

 

20190119145004

 

20190119144958

 

これこそが世界をチョコで征服するぞよ!と高々に宣言したレオニダス大王の名誉の証ではないでしょうか?(完全に私の妄想です)

 

20190119144952

 

断面図です。

厚みはボールなので、指でつまめるほどのサイズですね。 

 

20190119145050

 

割ってみると、中に硬めのガナッシュ風チョコが詰まっています。

 

20190119145045

 

では味わいといきましょう。

香りはミルクチョコレート。

噛んでみますと、硬質な見た目と違って、案外柔らめの口当たりです。

さらに見た目と違うのは、ミルクチョコレートの中に

 

弾けるキャンディ

 

がは入っていたこと。

これは驚きです。

おいおい、大王さんよ、これがあんたの王家の誇りというやつなのかい?とチョコに向かって真剣に説いてしまったほど、あまりにもお子様が喜びそうな仕掛けです。

しかし私は喜んでしまいました。

噛めば噛むほどパチパチ弾ける。

弾けて弾けて口の中が毎日パーティーじゃん!!

と一人でウヒウヒ弾けてしまいました。

もうこうなったら、このチョコは「弾けるチョコキャンディボール」と命名してもよさそうですね。

甘さはかなり濃厚な味わいですが、弾ける喜びに封殺されてそんなことは忘却の彼方にいっておりました。

 

ベリーチョコ

 

これも「名前知らず」なチョコなので、勝手に任命させてもらいました。

しかもかなり適当なネーミングで大王には本当に申し訳なく思っております。

だってそれ以外に思いつかなかったんですもの!

 

20190119144431

 

何かの果実か花が載せられてるオシャレなチョコレートという感じでですね、いかにも創作チョコ的な雰囲気を感じさせてくれる一品ですね。

 

20190119144426

 

裏面には紋章入りです。

厚みはまずまず。

ハーフサイズという感じでしょうか。 

 

20190119144422

 

中はガナッシュ入りとなっています。 

 

20190119144559

 

ベリー系の爽やかで甘酸っぱい香りがします。

いい匂いですね。

噛んでみますと、意外なほどにチョコシェルが柔らかめで、それでいてダークなチョコレートの味わいが驚きをもたらします。

しかも中身のソースまでビターな味わいときたら!

蜂蜜が混じっているような風味のある香りに「ううん」と唸ってしまうほど。

表面の果実風の花ビラの風味は、濃いめのベリーの皮のような味わいで、酸味が強めの甘酸っぱい味わいがしました。

全体的にビターで深みのある美味しさで、見た目の美しさとは裏腹に本格派なダークチョコの味わいになってるという感じ。

これはかなり美味なんじゃないでしょうか?

 

ピラミッドパウダーチョコ

 

これも名前が分からずなので、見た目勝負のネーミングです。

表面にシュガーパウダーのような粉が振りかけられており、形状も三角チョコレートになっているので、ピラミッドと安易につけさせてもらいました。

 

20190119144647

 

スモールサイズです。 

 

20190119144815

 

裏面は平面。 

 

20190119144821

 

中はガナッシュですね。 

 

20190119144810

 

ほんのりとしたシナモンの香りが目立ちます。

薄いシェルを噛むと、すぐに中身にあるエスプレッソ風味のガナッシュの柔らかい風味が口の中に広がります。

非常に軽い食感で、まるでショートケーキのような口当たりと味わいがしますね。

シェルのチョコレートはほんのりビター風味ですが、すぐに口の中に溶けてガナッシュと混じります。

清涼感のある爽やかな風味が特徴的。

さらに鼻に抜けるほのかな香りにヘーゼルナッツの風も粘膜に感じたので、これは複合的にかなり工夫が凝らされたチョコだという印象をうけました。

見た目の軽さとは違う、実力派のショコラといえますね。

 

 ジャンドゥ―ジャ

 

ようやく公式サイトに記載されている本物のチョコネームがやってきました。

 

プラリネの中身部分、ピュアプラリネです。ナッツ風味のソフトなミルクチョコレート。濃厚なこくが人気です。

ジャンドゥージャ | レオニダス

 

 ピュアプラリネということで、これまでにないシンプルなチョコが味わえそうです。

その見た目は如何に?

 

20190119144806

 

20190119144801

 

キャラメル風ですね。

長方形のスモールサイズ。 

 

20190119145014

 

中身は意外にザックリ系です。 

 

20190119145008

 

香りはピーナッツ系のバーチョコと似た匂いがしますね。

噛んでみますと、見た目の硬質感とは裏腹の「柔らかい噛み心地」が優しいです。

口溶け感がかなりあって、強めの甘さと共にヘーゼルナッツの癖のあるオイリーな風味が広がります。

カリカリと歯に当たる口当たり多分ナッツでしょう。

全体的にすごくミルキーで甘さがあります。

 多分今回のチョコレートで一番甘くて濃厚な味わいだと思います。

 

まとめ

 

20190119144243

 

7種類のレオニダスチョコの実食レビュー、如何だったでしょうか?

どれもすごく個性のある味わいで、それぞれに様々な工夫が凝らされていて、正直食べていて飽きが来ない美味しさがありました。

しかも味わいに気どりがなく親しみのもてる美味しさを感じたので「なるほどこれがベルギーの大衆人気チョコなのか」と納得した思いです。

ネットでセットで販売されているものもあれば、店舗で好きなものを選べる楽しさもありますので、どちらもお好みの方法でレオニダス大王の味わいを感じて欲しいですね。

チョコ好きには外せない本場の人気の味をぜひ!

-チョコレート, ビターチョコ, ベルギー

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.