甘いもの好きの実食&紹介レビュー

チョコレート&スイーツ実食ブログ

【ゴンチャロフ アンジュジュ】人気の猫チョコレート購入レビュー

2019年1月23日

神戸の老舗スイーツブランド「ゴンチャロフ」の人気チョコレートです。

アンジュジュといえば、その悪戯っぽくて可愛い猫たちのイラストが女性に人気のチョコ。

バレンタイン時期にはすぐに売り切れてしまうほどの人気チョコシリーズでもあります。

知人女性に大のアンジュジュファンがいて、彼女から「ぜひ紹介して!」と猛プッシュを受けていたので、今回そのために商品を購入して感想記事を書くことになりました。

果たしてどのような可愛さが箱の中に詰まっているというのでしょう?

では始めましょうか!


「アンジュジュ」実食レビュー

では早速開封をば。

確かに色とりどりでファンシー、可愛い猫のイラストや肉球のチョコもあって「なるほど、これは女性に人気がでるだろうな」と納得しました。

一つ一つは小ぶりですが、色使いとキャラの可愛さがチョコと思えず、何かのミニチュアアートのようにも見えてきます。

ではそれぞれのチョコを味わっていきましょう。

 

黒猫チョコ

見た目は普通のチョコですが、香りはほのかにフルーティな感じがします。

中にストロベリーチョコが入っていますね。

アポロンのような味わいです。

外側のチョコは軽くビターなので、中のストロベリー味の甘酸っぱい味わいとよく合ってますね。

白猫チョコ

アーティスティックな壁面イラストという感じのチョコです。

カカオの香り以外はほとんどしません。

外側のチョコは意外に薄めで、甘さも控えめ

中は少し柔らかいビター風味のガナッシュで、味わってみるとヘーゼルナッツが混じっているような独特の香ばしさがあります。

少しビターが強めの濃厚チョコな印象です。

黒猫ホワイトチョコ

次はホワイトチョコの表面に黒猫が描かれたタイプです。

上に音符があって、その下で猫が口を開けて歌っています。

このデザインも可愛いですね。

鼻を近づけてみると、すぐにトロピカルな匂いがしてきます。

齧ってみると、案の定、中にマンゴーチョコが入ってました。

少し甘めですが、マンゴー独特の南国風な甘酸っぱい香りが心地よいです。

肉球チョコ

チョコ足にホワイトチョコの肉球が乗っかっているチョコです。

香りは普通のチョコっぽい感じです。

齧ってみると、少し厚めのチョコシェルの中に固まったホワイトチョコが入っています。

全体的にミルキーな風味ですね。

星型チョコ

続けて星の形をしたオレンジ色のチョコです。

これは見るからにフルーツチョコという感じですね。

香りは普通にレモンです。

外側のオレンジ色のチョコはおそらく色付けしたホワイトチョコだと思います。

少し厚めのチョコシェルの中にはレモンの柔らかめのチョコが入ってます。

けっこうスーッとしてレモン風味が強め。

酸っぱさもかなりありますね。

爽やかなレモンチョコそのままの味わいで、疲れているときに食べたら、癒されそうな気はします。

マロンケーキチョコ

ミルクチョコ風の台座に、マロンクリームをイメージしたようなホワイトチョコが乗っかったミニチュアチョコ。

香りは特に目立たないですね。

上に乗っかっているミニボールは食べるとガジッと音がして粉が広がったので、何かの糖衣ビスケット風なのでしょうか?

下の台座はチョコ地にナッツのような欠片がちらほら見えるので、たぶんナッツチョコです。

齧ってみると、予想以上にビターめの味わいが広がります。

少しビターめの食感系チョコという感じでしょうかね^^

肉球ストロベリーチョコ

肉球チョコのストロベリーバージョンです。

外は薄いストロベリーチョコ、中はストロベリーパウダーをホワイトチョコに混ぜたような濃いめのストロベリー味。

まさにストロベリーづくめです。

味は少し甘さが強め

ほんのり酸味があって、時々口の中で舌に当たるポツッとした粒を取り出してみてみると、小さなナッツのような欠片が入っていました。

ドーナツチョコ

次がドーナツ状にねじりが加えられたキャラメル色のチョコです。

少し堅めのチョコを齧ってみると、シェルもなく、一つのチョコ生地で固められた単体ものだということにすぐに気づきます。

味わいは焼きキャラメルのような香ばしさをもった風味があり、甘さとともにかなり濃厚な口当たりがします。

後味も焦がしキャラメルのような心地よい余韻を感じ、これは男性的にはかなり美味しいなと感じました。

一粒でもかなり濃厚で食べ応えがあるチョコではないでしょうか^^

4匹の猫チョコ

これで最後になります。

一番小さなサイズの猫チョコ4つです。

それぞれが個包装されていて、上に猫の名前とキャラデザインシールが貼られていますね。

水色シールが「KERRY(ケリー)」、黄色シールが「MOA(モア)」、黒シールが「DIANA(ダイアナ)」、緑シールが「ANGEGE(アンジェジェ」です。

では封を開けてみましょう。

ビターとミルクの2種類の色合いに分かれましたね。

一つずつの味わいがどんな感じでしょうか?

まずは水色シールのケリーはかなり苦みの強い味わい

次の黄色シールのモアは焦がしたようなカカオの香ばしさがあり、少し苦みが残りますが、甘さがほんのり混じっているので、だいぶん食べやすいです

次に黒シールのダイアナは味わいはマイルド系のミルクチョコです。

芳醇な風味のある味わいで、なんというか色気がある感じがします。

最後に緑シールのアンジェジェは味わいはダイアナより甘めで濃厚。

甘さも強めですね。

まとめ

全体的に甘さは控えめで、後味もさっぱりしていたアンジュジュチョコレート。

種類によっては濃厚で食べごたえがあって、女性好みのバレンタインチョコだからといって、決してバカにできない深みと奥深さがあります。

もちろんフルーティーで軽やかな風味のチョコもありますので、男女ともに満足のいくバランスの取れた美味しさが魅力のシリーズなんじゃないかと思いますね。

見た目も可愛く、残った箱もお洒落で捨てるに忍びないデザイン性の良さも合さって、なるほどこういうところが人気の秘密なんだよな、と改めて実感させられました。

ネット通販なら男性が買っても恥ずかしくないので(笑)、猫好きチョコ好きの男性はぜひ一度入手してみましょう。

もちろん女性にはばっちりハマるチョコだと思うので、バンバンお試し頂ければと思います。


Copyright© チョコレート&スイーツ実食ブログ , 2021 All Rights Reserved.