チョコレートとスイーツとヘルシー関連レビュー

チョコ・スイーツ実食ブログ

フィギュア

トルコの小石チョコレート「エリートチョコストーン」実食レビュー

輸入食料ショップ「ジュピター」で購入したトルコのチョコレート紹介です。

日本のラムネチョコの大きさのハンディなチョコレートです。

店の広告文には「小石のようなチョコ」と書かれていて、パッケージの写真もそれが見て取れます。

正式な商品名も「エリートチョコストーン」になっていて、日本語に訳すと「選ばれしチョコの小石」というところですね。

「でも味わいはそこまでなんでしょう・・?」

そう思う、そこの浅はかな貴方。

その思いはこれを食べるまでの私の感想とまったく同じですよ?

そうなんです。

これが予想を超えて「美味しかった」んですよ。

ということで、前置きは少し長くなりましたが、早速その「エリートチョコストーン」のレビューをご覧いただきますよ!



トルコの小石チョコ「エリートチョコストーン」実食レビュー

まずはサイズをご覧あれ。

ハンディですよね?

まさに手のひらサイズなんです。

そして容器の作りが意外に凝ってましてな。

このように

開閉式のキャップがついておりまする

一昔前の子供用のガムの入れ物みたいですよね。

まずは見た目で少しばかり心を掴まれた単純な私めですが、いよいよその実態に迫ることにいたしまする。

いざ出会わん!トルコの小石たちよ!

ジャーン!

おおおお。まさに小石!

色合いも、表面についた小さな窪みも、公園や河原でよく見かけるまごうことなき「ミニストーン(小石)」ではないですかいな!(どこの方言だ)

サイズ感もいいですよね~

正確には小石というよりも「砂利」の少し大きいサイズかなあと。

でもこれはね、本当はチョコレートなんですよ?(小声で)

ではこれから、この小石どもがあくまでチョコである確たる証拠をこれからご覧いただきましょうぞ。

でんっ!

どうです?

はっきりとくっきりとクリアにステンレスなみに綺麗にチョコの断面がみえてますよね。

糖衣の下に見え隠れするのは、まごう事無き「カカオ色」のチョコレートなのでござりまする!

ということで、ここから実食タイムです。

まず「ガジュッ」とした歯触りが到来します。

ちょうど、明治マーブルチョコレートを食べたときと同じですね。

【チョコ対決】「明治マーブルチョコ」vs「エムアンドエムズ」レビュー

続きを見る

でもこちらはあれよりもっとソフトな食感です。

マイルドでミルキーな甘さがふんわりと口の中を包みこむ感じですよ。

続けて少しダークめのカカオの締まり感と、糖衣の甘さ&チョコのミルク感がほどよく合わさって、いい感じで口のなかで美味しいオーケストラを奏でてくれています。

食後に少しオイリーな風味が漂うので、そこは少し「チープ」な感じがしました(M&Mに少し似ている)

とはいえ、全体的には「マイルド」で「クリーミー」な味わいが際立っていますね。

糖衣チョコの軽快な食感とクリーミーなチョコのブレンドがかなり美味だと思います!

まとめ

予想を超えた「クリーミーな美味しさ」を味わうことができました。

チョコのカカオ感もほどよくダーク風味ですし、ミルクと甘さのバランスもすごく良くできていると思います。

あとは食感がいいですね。

ほんのりと「ガジュッ」とした固いような柔らかいような歯ざわりが心地よくて。

かなり小さいサイズなのですが、一つ一つの味わいがクリーミーでマイルドなので、少し食べても満足感を得ることができますよ。

少しオイリーな後味がマイナス点ですが、100円ちょっとの値段の駄菓子チョコなので、そこは良しとしましょう。

ということで、まずまずの美味しさだったトルコの小石チョコレート。

もしジュピターに行くことがあれば、ぜひ一度お試しくだされ^^

>>ジュピター公式サイト

楽天でも買えます↓

>>【10個】エリート チョコストーン 25gクール便配送の選択必須沖縄は一部送料負担あり

他メーカーの小石チョコはこちら↓

created by Rinker
あぜち食品
¥3,500 (2022/11/26 17:10:24時点 Amazon調べ-詳細)


Copyright© チョコ・スイーツ実食ブログ , 2022 All Rights Reserved.