お酒チョコ

洋酒チョコ「ボンボンセレクション」実食レビュー【ハマダコンフェクト】

2024年1月15日

洋酒のチョコレートボンボンの購入&実食レビューです。

ウィスキー、コニャック、マンハッタン、シャンパン、赤ワイン、テキーラの6種類になります。

この中でコニャックとマンハッタンは初めてなので、なかなかに楽しみです。

チョコレートの本場の洋酒との組み合わせに間違いはないと思いますが、果たして日本人の私の口にどこまで合うのかどうか?

では実食といきましょう!

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

洋酒を使ったチョコレートボンボンセレクション実食レビュー

ウィスキーが4種類と、その他の洋酒5種類のセットです。

ウィスキー以外のチョコレートボンボンは今回が初トライなので、楽しみにしつつ、早速食べていきましょう。

ウィスキーボンボン

樽をイメージした包装フィルムです。

サイズは手のひらラージ。

銘柄の名前は書いていなかったので、シンプルにウィスキー味ということにしておきましょう。

では実食!

まろやかな口当たりですね。

トロリとしたウィスキーの味わいが広がります。

芳醇で上品な香り。

チョコのマイルドさを凄く合いますよ。

赤ワインボンボン

赤ワインを使ったチョコレートです。

赤はコクがある味わいなので、チョコとダブルで濃い味わいになりそうな予感。

封を開けた瞬間にワインの強い香りが発散しました。

食べると「甘さ」が先立ちます。

しかも甘さが「くどく」て、これがチョコの甘さをさらに強調する形に。

ワイン独特の風味はそこまで感じないので、チョコの味がワインの風味を相殺しているのかもしれませんね。

シャンパンボンボン

シャンパンを使ったチョコレートボンボンです。

軽いイメージの有るお酒ですね。

食べると実際に「パアーツ」と華やかな風味が広がります。

チョコと合わさると「甘い」のですが、くどさはありません。

明るい味わいでさっぱりした甘さが特徴ですね。

マンハッタンボンボン

ウィスキーとベルモットをベースとしたカクテルのチョコレートです。

チェリーっぽい風味がします。

フルーティーで甘さもけっこうあります。

甘味は少しくどく感じますかね。

ただ後味の香りがすごく良いです。

口に残る風味の良さは心地よいチョコですね。

コニャック(ナポレオン)ボンボン

ブドウを使ったブランデー「コニャック」ベースのチョコレートです。

ほんのりハニーな味わいがしますね。

マイルドな口当たりで、丸みと豊かさを感じます。

チョコとすごく合います。

香ばしさもあり、これはかなり美味しいですよ。

テキーラボンボン

メキシコの蒸留酒ベースのチョコレートです。

アガベという多肉植物(サボテンの一種)を使ったお酒なので、パンチのある味わいが特徴です。

パアッとした鮮烈な風味がきますね。

アルコール分が強いのか、喉がしみるような感覚がします。

さすがに強いお酒として有名なので、いくらチョコレートに入った少量分とはいえ「ゴホゴホ」とむせてしまいました。

チョコレートの味わいよりもテキーラフレーバーが完全に勝利。

チョコのマイルドさが届かないパンチ力をぶつけられました^^;

まとめ

個性の強い洋酒ベースのチョコレートなので、どれもそこそこ「パンチ力」が強かったです。

その中でもカクテルのマンハッタン、コニャックのナポレオンはマイルドさがすごく感じ取れて「美味しいチョコレートボンボン」となりました。

洋酒に慣れた人なら、どれも個性がよく出ているチョコレートになってますので、ぜひ食べてもらいたいと思いますね。

お酒を使ったチョコレートおすすめブランド【5選】

続きを見る

-お酒チョコ

error: Content is protected !!

Copyright© 甘党愛好家のチョコ・スイーツブログ , 2024 All Rights Reserved.