チョコレートとスイーツとヘルシー関連レビュー

チョコ・スイーツ実食ブログ

チョコレート

【カーギ】チョコミルクバーは口どけ感がハンパない!!

2016年4月29日

久しぶりにヨーロッパのチョコレビューです。

そうですね、直近のヨーロッパチョコはチェコ共和国カーラレビューだったと思いますね。

⇒【カーラ】フィノデアロマのダークチョコで大人の味を堪能する!

この後にエスコヤマのモンスターカカオ怒涛の8連発レビューが控えていたので、すっかり欧州チョコレートの味を忘れておりました。チョコ菓子発祥の本場だというのに失礼な話です。

今日はそんなヨーロッパチョコ菓子界の中でもハイレベルな部類に入る精密チョコレート製造国家「スイス国」のチョコレートを取り上げたいと思います。


▼▼生活必需品の特売ストア

カーギ実食レビュー!

では今回のチョコレートをご紹介します。

カーギのミルクバーの登場です。

白地に赤のシンプルなパッケージ。

会社のホームページカラーと同じデザインですね。

最初に裏面を見たときにアラビア語が一面に載っているような印象があって、「えっ?これはひょっとしてアラブのチョコバーか?」と思わず見返しましたが、ちゃんと右の原材料表記の下に「スイス」と書かれてありました。たぶんアラブ地域にも人気がある商品なのでしょう。

ちょっくら拝見。

カカオ色の褐色バーの出現です。

全身を引っぺがしてみました。

写真で見ると長いように見えますが、実際は手の平サイズです。もっとも男性の手の平の大きさくらいですから、平均的な女性だと、長さが少し余るくらいのサイズかもしれません。

もう少し近くで眺めてみます。

以外に割れが多い。ずいぶん温かくなったとはいえ、まだまだ朝晩は冷え込むので、チョコ肌が乾燥して荒れてるのでしょうか。もしそうならスキンクリームを塗ってやろうかと手元に取り寄せましたが、そのまま口に入れると口の中がツルツルピカピカになりそうな気がしたのでやっぱりやめました。

ここで少し香りについて述べますと、パッケージを開けてチョコバーを匂ったときに感じたのは、「ココアと軽い油脂の香り」でした。正直、ちょっとくどそうかな、と感じましたが、実際に口の中に入れてみないと勝負の行方は分かりません。

食べる前に、まずは半分にポキリと。

中身はウェハースになっていて、一見したところ、軽い食感のイメージ。値段が値段だけに(一ケ120円前後です)そんなもんかなと思いましたが、これもやっぱり勝負は口の中に入れてから。

ウェハース生地の軽さとはかけ離れた重みのある味わい。

それも口の中でしみ込んで溶けていくような口どけ感

ミルクバーの豊穣な味がいいですね。

・小さいがボリュームのある口ごたえ

・噛んだ時にすんなりと歯に当たって溶けていくような柔らかな味わい

・しっかりとココアバターをしみ込ませたウェアハース

・チョコ肌に塗り込んだモイスチャークリームがコクがある

ですね!

まとめ

口どけ感が素晴らしかったですね。

何よりチョコとミルクのくどくない、リッチな甘さが幸福感をいや増しに増させてくれたというか。

食べていて「うまいな~」と目をうっとりさせてくれるチョコはそうはなく、それがこの小さなチョコバーで可能になるなんて、さすがは小さな巨人スイスの偉大さです。

小さいけど精密、そして繊細。まさにスイスの時計のようなお国柄をぎゅっと凝縮したようなチョコバー。

これはもうリアルにお薦めです。

【カーギ】「ミニミルク」「ミニダークオレンジ」実食レビュー

続きを見る

【カーギ】ココナッツバー実食レビュー

続きを見る


スポンサーリンク


Copyright© チョコ・スイーツ実食ブログ , 2022 All Rights Reserved.