チョコとスイーツを愛するブログメディア

チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ

甘さ控えめで優しい味わいのブラックチョコ豆乳飲料【キッコーマン】

2020年9月19日

おしょうゆの有名メーカー「キッコーマン」が贈る「チョコレート系豆乳飲料」です。

豆乳は好きでよく飲んでいるのですが、そこにチョコレートが加わった飲み物は初めて。

牛乳やアーモンドミルクでは飲んだことはあるので、そこまで違和感はないと思いますが、それにしても一体どんな味なのでしょうか?

食物繊維が入ったヘルシードリンクだった!

これが単なるチョコレート入りの豆乳ならば「おお珍しい飲みものだな。ちょっと買おうかな」くらいのノリでレジ粋だったでしょうが、これが「キッコーマン」「食物繊維入り」ときたのだから「買う」モチベーションにより拍車がかかったというものです(どっちにしても買っているのですが)

「しかしなぜキッコーマンが豆乳を?」

そんな疑問をもった貴方はまだまだ食品界の素人です。

そう。

キッコーマンは醤油のメーカー。

醤油と言えば、「大豆」が原料なのですよ!

つまり

大豆を加工する過程でできた豆乳を飲料として販売する

というナチュラルな流れであり、なおかつ

チョコレートという、女性にも男性にも人気のスイーツで豆乳ユーザーの幅を広げる

という意味がめっちゃあるのです。

最近は健康志向の流れで豆乳やアーモンドミルクやオーツミルクがなかなかに流行っていますが、老舗キッコーマンも大豆加工の先駆者としてブームの最先端に立つべく、今回ここで一勝負をかけてきたというわけです(たぶん。勝手に推測してます)

そんなチョコ豆乳の味わいは如何に??

ブラックチョコ豆乳の実飲タイム

では飲んでいきましょう。

まずは外観をご覧あれ。

黄色と黒の取り合わせです。

黒はチョコを、黄色は大豆でしょうかね?

どちらかと言えば阪神タイガースのような雰囲気をお持ちですが。。

原材料は

大豆(遺伝子組み換えではない)、砂糖、水溶性食物繊維、カカオマス、ココアパウダー、天日塩、寒天、米油、糊料(セルロースなど)、乳化剤、香料、乳酸カルシウム、苦味料

となっていて、なかなかに豊富な顔ぶれが勢ぞろいという感じです。

中でも天日塩と寒天、米油あたりは老舗のこだわりらしい「厳選された材料を込めて」マインドを感じられますね。

「そんじょそこらのパッと出の飲料メーカーとは、わしらは歴史とこだわり違うんじゃよ!」

といったところでしょうか。

では飲んでみますね。

とろみがありそうです。

香りはよくあるチョコレート牛乳の匂い。

ちょっとカカオの油の匂いが強めかなと

味わいはかなりまろやかです。

ふわっと甘くてしつこくない!

チョコの香りも風味もしますね。

濃くなくあっさりで、後味もさっぱりしています。

牛乳よりももっと優しい味^^

ちょっととろみがあるのは、寒天と食物繊維のせいかなと思います。

たぶんこれがまろやか成分の秘密でしょう。

まろやかなだけかと思いきや、きちんとブラックカカオの締まり感ももっているので、チョコ好きにも満足が行きますよ^^

まとめ

甘さも控えめで優しくて飲みやすい味わいでした。

一つだけ不満をいえば、大豆とココア独特の「臭み」が少し感じられることですかね。

ココアパウダーの香りが大豆と合さって、後味にちょっとだけ癖をもたらしています。

ここは好き嫌いが分かれるでしょうね。

でも全体的には飲みやすくて優しい味わいですよ^^

では最後にパッケージの裏側に書かれていた「ぷるぷるレシピ」を紹介しておきましょう。

【粉ゼラチンでぷるぷるレシピ】

①別容器に移し80度ほどで加熱

②粉ゼラチンを1.5g~2gほど入れて、よく溶かす(溶けにくいので、よく混ぜる)

③冷やして固まったら、できあがり

*ゼラチンを入れ過ぎると固くなるので注意

*電子レンジ500Wで200mℓを温める目安時間⇒冷蔵10℃の場合は2分40秒、常温25度の場合は2分10秒

created by Rinker
キッコーマン飲料
¥3,142 (2020/10/24 08:52:39時点 Amazon調べ-詳細)
日米対決!「アーモンド効果vsアーモンドブリーズ」を飲み比べてみた!

続きを見る

濃厚な味わいで疲労回復向き!スジャータ・アーモンド豆乳レビュー

続きを見る

食物繊維たっぷりの豆乳「のむ大豆」実飲レビュー

続きを見る

スポンサーリンク


Copyright© チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.