チョコとスイーツを愛するブログメディア

チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ

【グリコ・ギャバ】香るカカオのビター味を実食レビュー【心地よい香り】

2020年10月2日

グリコのギャバシリーズ第4弾です。

過去に「ビター」「ミルク」「スリープ」を紹介してきました。

ギャバの働きは「リラックス効果」にあって、そのメインの栄養分はr-アミノ酸になります。

この成分は「事務作業などの一時的なストレス軽減効果あり」ということで、ギャバチョコが「ストレス解消」や「良い眠りに誘う効果」に作用するということになるわけですね。

今回はそんなギャバチョコの新たなタイプ「ビター味:香るカカオ」を紹介していきます。

ギャバチョコ「香るカカオ・ビター味」実食レビュー

ビター味は以前から販売されていて、レビューも済ませてきています。

今回のビターは「香るカカオ」ということで、今までのビターよりも「香り」のバージョンアップが図られているということになりますね(実際にビター味のNewバージョンになります)

パッケージの色もゴールドからブラウンへ。

よりカカオのイメージに近づいていますね。

中身は今までとほぼ同じです。

罹れていませんが、カカオの配合成分を微妙に変えているのかもしれませんね。

では中身を出していきます。

黒光りでございます。

漆黒のギャバチョコたち。

松崎しげるさんのチョコの子供たちです。

一粒の大きさも今までと変わっていません。

違うのはメラニン色素が詰まった「小麦色のチョコ肌」だけ。

香りは「引き締まったカカオ」と「ほんのり発酵系の心地よさ」ですね。

いい感じの匂いです。

割ってみると、中にもギャバチョコが詰まっています。

全身これ「メラニン系チョコ」という感じで、健康的な「こげ茶カラー」です。

噛み心地は固くもなく柔らかくもなくほどよい感じですね。

口どけ感もよく、今までのギャバにないスムーズ感を感じます。

香りと同様に、ビターカカオの引き締まった風味がすごく新鮮。

甘さも足りなさすぎずに「美味しい」と感じさせるレベルの「スイート」な気持ちを保っているのが、チョコ好きには嬉しいっす。

さらにウイスキーのような発酵系の味わいがカカオと共に口の中に広がって「上質な香り高さ」がして、これが最高でした。

これまでのミルクやビター味にはない、大人の香り高さを加えたようなギャバチョコといえますね。

甘いものが苦手な人でも、ビター風味と香り高い味わいに助けられて、じゅうぶんに食べ進められると思いますよ。

健康と美容におすすめのチョコレート・ベスト8【実食済】

続きを見る

スポンサーリンク



Copyright© チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.