カカオマスに捧げる日々

チョコレート実食ブログ

【ギャバ・フォー・スリープ】一気に食べたら気分がすっきりした!

投稿日:2019年9月30日 更新日:

スポンサーリンク


グリコのメンタルバランスチョコレート「ギャバ」シリーズ最新作です。

ストレス軽減効果があるとされる栄養分「ギャバ」を含んだチョコは、これまでにこのブログでも多くを取り上げてきました。

【グリコ・ギャバ】メンタルを整えられるか?!ストレス解消系チョコ実食!

しかしそれまでは単なる「ストレス解消系」だったのに対し、今回のギャバチョコは「睡眠の質を高める」という効果を銘打っているところが面白いと思い、早速購入しました。

そしてその効果、「ホッ」とした気持ちになれたのです。

果たしてそれはステマなのか、それとも本気バージョンか?

早速、探っていきましょう!

ギャバとは何か?

参照にしたのはグリコの公式サイトです。

グリコ「ギャバ」公式サイト

内容をまとめてみますと、

GABAは英語のGamma-Amino Butyric Acidの頭文字をとった略称

GABAの正体は、γ(ガンマ)-アミノ酪酸というアミノ酸の一種

チョコレートやココアの原料カカオをはじめ、トマトや発芽玄米等の野菜・穀物に含有

γ-アミノ酪酸には、事務的作業による、一時的・心理的なストレス低減する機能があることが報告されている

経口摂取(口から直接)した GABA は小腸で吸収されて血中に吸収され、末梢の自律神経系においてノルアドレナリン等の興奮系ホルモンの放出の抑制、副交感神経の亢進によって、事務的作業による一時的・心理的なストレスを低減すると考えられている

となっています。(引用は一部編集)

ここでのポイントは「事務作業による一時的・心理的なストレスを軽減する」ということではないでしょうか。

「一時的」ということは、つまり恒常的な効果は望めないということです。

そりゃあそうですよね。

医薬品ではなくて単なるチョコレートなんですから、薬のような持続性はないのは当たり前です。

ただそこにチョコレート(カカオポリフェノール)が持つ健康効果が合さると、ギャバの働きを加速させるのではないかと。

5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン

だからこそ私が「あること」をすることで、瞬間的に「ストレスを開放」させてもらったという結果になったのかも・・・

ではその「実食レビュー」の様子をご覧いれましょうか!

スポンサーリンク

「ギャバ・フォースリープ」実食レビュー

外観をご覧あれ。

これまでの「赤」「クリーム色」とは打って変わって「爽やかな」青。

それもスカイブルーです。

清潔感全開なので、ちょっとした薬の箱にも見えなくもありません。

いったいどんなギャバチョコ箱の中には詰まっているというのか??

「砂糖、全粉乳、カカオマス、ココアバター、植物油脂、乳糖、ギャバパウダー、ミルク―ズニング」となっています。

ギャバの成分も再確認できていて、いかにも期待を持たせる作戦です。

銀色の知的なカバーパッケージです。

小ぶりのボタン型チョコレート。

今まで食べてきたギャバチョコは小型のボールだったのですが、これはそれよりも少し「つまみ」やすくなっていると感じました。

中身を拝見。

ほんのりとカカオのコクのある発酵した香りが鼻につきます。

その上にキャラメル風味の臭いも混じって、これはなかなかに美味しそうな予感がしますね。

では食べながら解説していきましょう。

半分に切ると、他のボタン系チョコにはあまり見ない「粒子」の細やかに目を引きました。

こういったチョコはかなり美味しい。

長年のチョコ実食経験でビンビンに感じています。

実際の歯入れタイムでも、コクありカカオの口に広がる風味、続けてやってくるキャラメリティーな甘さと香りの良さは、かなりのもの。

粒子はあくまで見たままで、実際の食感はかなりなめらかで美味しい。

ミルクチョコのもとになっている生クリームや脱脂粉乳がそれらのフレーバーの立役者だとは思いますが、これがかなり口に広がって癒されます。

予想以上の美味しさに思わず「コーヒー、コーヒーをもて!」と自分に命じるほどでした。

コーヒーには眠気を覚ますカフェインが入っているので逆効果かなと思いましたが、今、口の中にある「爽やかな甘み」テイストをより美味しく体い染み込ませるには「熱いコーヒー」がどうしても必要なのです。

ということで、カップに入れたコーヒーを飲みながら、ここからさらに立て続けに6個を食べていったのでした。

すると・・・

気分が「すっきり」。

食べた後、ある瞬間から「シュッ」と神経のどこかが緩まる感覚。

それは効果を謳っている商品ゆえのプラシーボ効果なのか(前情報に流される)、それとも単にチョコが美味しいからなのかは分かりません。

確実に言えるのは、このギャバチョコは食べやすく、香りも味わいも爽やかさがあるということ。

さらに食後に訪れた「お腹が動いてトイレに駆け込む」いつものストレスフリー現象・・・

少なくとも自分の身には、気分がほぐれることで訪れる「睡眠の質を高める」効果は実際に起こり得るだろうなと感じました。

まとめ

6個を一気喰いして、「気分が落ち着いて」「穏やかな気分」になれた奇跡の瞬間。

自分の中では「チョコレートの香りや風味」がもたらしたものでもあり、配合成分ギャバのリラックス効果も決してゼロではないと思っています。

この感覚はパウチ型のギャバチョコでは味わえなかったから、ギャバスリープへの期待度は大ですね。

味わいよし、香り良し、キャラメル風の口当たり良し。

「ホッ」とする瞬間を切望している人は、デスクワークや家事、勉強の合間にぜひ一度お試しくだされ。

-ギャバチョコ, グリコ

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.