和スイーツ

【実食】初めての今川焼はふんわりもっちり&ソフティ―な食体験だった!

2023年11月29日

今川焼の実食レポート記事です。

タイトルにあるように「初めて」の実食経験です。

地元のスーパーで購入したものになります。

ズバリ言いますと「ふんわり」「もっちり」な美味しさだったということ。

予想以上に「口に優しい」味わい。

関西に住んでいると「回転焼き」のほうが有名なので、ほとんど変わらないだろうと思っていましたが、生地の質が全然違いました。

ということで、これから実際の姿と味わいを見ていきますね。

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

今川焼の実食レポ―ト

お分かりかと思いますが、生地はかなり「しっとり」してます。

ふわっとして柔らかいんです。

サイズはノーマルで手のひらほど。

香りは優しい卵の匂いです。

喩えるなら「ベビーボーロ」の香りがしますね。

生地はしっとりしつつも「粘り気」があるのが特徴。

今回はカスタード味を買いました。

餡子もあったんですが、クリーム系の回転焼きは珍しかったのでこちらに。

割ってみると、もちもちな生地の中に黄色い美味しそうなカスタードクリームが詰まっているのが見えます。

美味しそうですね~

カスタードクリームのミルキーでエッグな香りがふんわり漂ってきますよ。

では一口をば。

しっとりした生地の食感にフワッと広がる卵とカスタードの風味。

でも思っていたよりもカスタードの存在感は少なめです。

むしろ生地の「しっとり」「もっちり」な食感のほうが口に残る感じがします。

甘さはかなりありますね。

カスタードの甘さなのか、生地本来の甘さなのかは分かりませんが・・・

それでも質感と香りはかなり良くて、普通に「美味しい」と感じました。

感想まとめ

生地のしっとり感が、私の住む関西で親しまれてきた「回転焼き」や「御座候」とまったく違うなと感じました。

ふんわりでしっとりした食感は、むしろ限りなくシフォンケーキに近いのかなと。

でも質感がたっぷりあったので、お腹への満足感は高かったですよ。

ちなみに今川焼は、

・小麦粉・卵・砂糖を水で溶いて作った生地を直径約7cm・高さ約2~3cmの円形の型に流し込み、その中に小豆の餡などを入れて焼き上げたお菓子

・「今川焼」を最初に発売したのは、現在の東京都千代田区鍛冶町(JR神田駅東側)にある神田今川橋付近に江戸時代にあった店だと言われている

・当時その付近の地名は今川だったため、名前もそのまま「今川焼」となったよう

今川焼って?(ニチレイフーズ公式サイト)

ということだそう。

作り方は他の地域の「回転焼き」と同じなのですが、メーカーによって素材や製法を変えているので、今回食べたのもそのメーカー独自のものなのかもしれませんね。

ともあれ、今回食べた今川焼はかなり異色でしたし、自分の中で「美味しい」と強く感じたものになりました。

今川焼未経験の人は、ぜひ一度試してみてくださいね!

created by Rinker
ニチレイ
¥2,184 (2024/05/22 15:02:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ニチレイ
¥2,210 (2024/05/22 15:02:15時点 Amazon調べ-詳細)
コンビニやスーパーで手軽に買える和菓子おすすめランキング

続きを見る

-和スイーツ

error: Content is protected !!

Copyright© 甘党メンズのチョコ・スイーツブログ , 2024 All Rights Reserved.