チョコレート実食ブログ

甘いもの好きのためのチョコレート・スイーツ実食記録

【モロゾフ レオン】洋酒チョコ「アンバサダー」購入!クロノグラフのクールな箱デザインに惚れた!

スポンサーリンク




お菓子の老舗モロゾフのダンディズムなチョコレートです。

モロゾフはユーハイムやゴンチャロフと同様に港町の神戸が発祥の洋菓子メーカー。

ユーハイムがドイツ系、ゴンチャロフとモロゾフはロシア系で、いずれも戦前からの流れを汲む歴史あるスイーツブランドになっています。

特にモロゾフはバレンタインを日本に広めたことで有名ですね。

www.morozoff.co.jp

 

翌1932年、モロゾフは日本で初めて〝バレンタインデーにチョコレートを贈る〟というスタイルを紹介。「欧米では2月14日に愛する人に贈りものをする」という習慣を米国人の友人から聞き知った創業者が、この素晴らしい贈りもの文化を日本でも広めたいと考えたことがきっかけでした。

(上記の公式サイトより)

 

このようにバレンタインとは切っても切れない関係にあるモロゾフ。

そんなお菓子の老舗が繰り出してきたバレンタインの一押しチョコとは?!

そう、それがレオン。

いやいや、このレオンではありません(笑)

こちらのレオンでございます。 

モロゾフが贈る大人の男のためのチョコ「レオン」シリーズ「アンバサダー」です。

見るからにお洒落でダンディな入れものとチョコの紋章に心が動かされませんか?(私はめちゃくちゃ動かされました)

中年以上のおっさんのハートをグワシッ!と掴んでぶん回して放り投げるがごとくのシックでリッチでゴージャスなデザインニングを目にして「これが欲しい!」と思わない男性をもはや私と同じ雄とは認めませんよ?

ということで、この勢いでですね!

そろそろ実物のレビューといきましょうか!

 

モロゾフ「レオン」の見た目を紹介!

 

まずは外観をご覧あれ。

 

 


 

そう、これがレオン。(このフレーズ何回目だ!)

同封のパンフによると、

 

 

クロノグラフの腕時計をイメージしたクールなデザインの缶に、風味豊かなトリュフ、お洒落なロゴ入り、幸運の馬蹄型など、7種のチョコレートを詰め合わせた、レオンで一番の人気アイテムです。

 

クロノグラフだったのかと改めて納得。

しかも中身のチョコ馬蹄型まで入っているなんて、いかにもイタリアの競馬場が似合いそうな本場レオンの装いではないですか!(かなり勝手なイメージです)

いったいどんなチョコが詰まってるんだレオンよお前は!!!!!

 

 

おおお!

これはリッチ!

これはクラシカル!

そしてこれはまさしくレオン!

上から呼んでも「レオン」、下から読んだら「ンオレ」になるレオンは缶だけでなくチョコの中身までリアルに中年男性のダンディズムの心の故郷だったのですね!!!(興奮状態のまま次の実食レビューに移ります)

 

モロゾフ「レオン」実食開始!!

 

蓋を開けた瞬間にカカオと洋酒の香りが漂ってきた「大人のチョコ」。

一体どんなジュエリー(レオン)がこれからの実食タイムで私を待ち受けているのでしょうか?

では食べるとしましょうか、ダンディなチョコの数々を!

いでよ、レオン!

 

プレーンチョコミルク

 

 

馬蹄型のチョコです。

まさしくレオンを代表するにふさわしい「中世貴族の持ち馬」をイメージした(と思われる)ミルクチョコレート。

馬とチョコがどう貴族やらダンディズムを表現してるのかはさっぱり分かりませんが、そんな細かいことはこの際どうでも良いのです。

とにかく雰囲気を味わえ!そしてチョコを喰らいつくせ!ということでございますよ!

 

 

小ぶりな大きさです。

噛んでみると、シェルはなく、単体チョコになってますね。

少し堅めの歯触りの後にくる味わいは、商品名通りにミルクチョコ。

甘さは控えめで、ほのかにビターなカカオの味わいを感じさせてくれます。

シンプルで食べやすいマイルドな味わい。

まさしくレオンです(完全にイメージ入ってます)

 

グランマルニエトリュフ

 

 

カフェオレ風の丸チョコミルク筋かけチョコです。

もうこの時点でいきなりレオン台無しといった感じですが、このチョコは少し中性的な雰囲気を醸し出していますね。

 

 

噛んでみると、表面を覆っているのはカフェオレ風のチョコシェル。

すぐに歯に当たる中身は、柔らかめのお酒入りチョコムースボールといった感じです。

チョコムースにあるウィスキーのような味わいと、マイルドなカカオの風味が上手に合さって、なかなかあっさりした美味しさがあります。

ミルクチョコのカリッと感と、中身のしっとり感が同居した大人のお酒チョコという感じですね。

 

キャフェクレームトリュフ

 

 

ナッツの粒が上に載ったボールチョコです。

噛んでみると、先ほどのグランマルニエと同じく、チョコシェルとチョコムースが二重構造になってますね。

 

 

ただこちらのほうが濃いめの味わいです。

カカオ濃度が強めである上に、アルコール度数もなかなか強く感じるので、全体的に強い味わいですね。

ただ甘さはアッサリしているので、後味にくどさが残らないのが良いですね。

 

マールドシャンパーニュ

 

 

タイル風のスクウェアシェル固めチョコです。

ミニパンフには「マールドシャンパーニュ2%(0.1g)使用」と書いてあるので、お酒の種類のようですね。(ブランデーのようです)

 

厚みのあるチョコシェルを噛むと、かなり柔らかい食感のリキュールソースが出現します。

 

 

華やかな味わいで、食感もカカオの風味もライト。

お酒入りですが、それほどアルコールを感じない、丸い風味のチョコレートですね。

 

ウィスキートリュフ

 

 

パリッとした薄めのシェルはカカオ強めで、中のリキュール入りチョコムースも少しアルコール強めですね。

 

 

商品名の通り、ウィスキーの味わいが一番強いです。

大人のチョコという感じですね。

夕食の後に紅茶と一緒に一つまみすれば、ちょっとした上質な一服タイムが過ごせそうです^^

 

プラリネ

 


 

 

丸いタイル型チョコが乗ったスクウェアチョコです。

飴っぽいシェルの味わいで、中身はヘーゼルナッツ独特の風味が入ったチョコムースの味わいがします。

 

 

全体的に甘めです。

風味は軽めですが、甘さとナッツの香りが良く出ていて、コーヒーに良く合う美味しさがあると思いますよ。

 

プレーンミルク

 

 

レオンの中で唯一、包みに入ったチョコレートです。

包みを開けると、モロゾフの紋章が入ったプレーンタイプのチョコが出現します。

 

 

癖のないマイルドな味わいで、普通のミルクチョコのような装いです。

しかしすぐにお酒の味わいが出てくるので、ちょっと驚きました。

リキュールがチョコ生地に練られている感じですね。

甘さが強めのミルクチョコの味わいが、お酒の風味を後押ししているような感じでしょうか。

全体的にリッチでスウィーティーな美味しさです。

 

まとめ

 

モロゾフのレオンチョコの実食レビュー、如何だったでしょうか?

大人の男のダンディズムにふさわしい、シックでゴージャスでクールな装いと味わいが文章と写真からビンビンに感じ取るころができましたか?

少なくとも私は洋酒が大好きなので、めちゃ美味しく頂くことができました。

チョコもダークからミルクと幅広く、甘いもの好きの男性の味覚も十分に満足せしめる魅惑の一品だと感じましたよ。

そして最高なのが箱。

 

 

おそらくスチール製だと思いますが、思いのほかしっかりした造りで、しかもデザインがシックな色遣いのクロノグラフデザインなので、何か別の用途にも使える便利さがありますね。

リッチなチョコとクールなボックスを合わせても800円少々(*送料抜きの価格です)ですから、これはかなりお買い得だと思いますよ。

男性自身にも、そして女性からのプレゼントにも最適な一品。

ぜひともご賞味あれ。