チョコとスイーツを愛するブログメディア

チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ

【ガレー】チョコバー4種類を実食レビュー

2019年1月5日

ガレーのバーチョコレートの紹介です。

ガレーといえば王室御用達のチョコブランドとして有名ですね。

このブログでもプラリネセットを購入して食べたレビューを書きました。

【Galler(ガレ―)】 プラリネアソートチョコレートで天才ショコラティエの実力を噛みしめる!

天才ショコラティエ、ジャン・ガレーが若くして自身のチョコショップを立ち上げて、そのわずか18年後にはベルギー王室御用達のお墨付きを受けるほどにまで成長した世界的ブランド「ガレー」。

そのガレーが創業当時から取り扱う「バー」シリーズを今回は実食することにしました。

その内容は「ミルク クルスティヨン」「ダークバニラ」「ダークプラリネ」「ダークプラリネウォールナッツ」の4種類。

では早速それぞれのチョコバーの味わいの実態をご覧いただきましょう!!

ガレー「バー」チョコ4種類の実食レビュー

今回食べることになったバーチョコはこちら。

左から「ダークバニラ」「ミルク クルスティヨン」「ダークプラリネ ウォールナッツ」「ダークプラリネ」になります。

ダークバニラの外観と味わい

ダークバニラです。

Amazonの商品紹介文では「バニラ風味のヌガー入りチョコバー」と書かれています。

ヌガーというのは、

菓子のひとつ。ソフトキャンデーの一種。 砂糖と水飴を低温で煮詰め、アーモンドなどのナッツ類やドライフルーツなどを混ぜ、冷し固めて作る。茶色くて固く、歯に粘りつくような食感が特徴である。

from: ヌガー - Wikipedia

となっており、歯ごたえが特徴的のようですね。

香りは濃いめのビターカカオになっています。

固めのシェルの中にクリーム状のココアペーストがありますね。

食べてみると、軽い甘さのペーストの味わいはあまり印象は残らず、 シェルのビターチョコのパンチのある濃い風味が口に残る感じです。

固めのシェルの歯ごたえが「脳幹」に刺激的!

ビターチョコのパンチ力のある味わいがあり、それを「ふんわり」と包み込むように、ペーストのなめらかな甘さが「まったり」と口の中に広がる味わいも格別です。

甘さが非常に控えめで、食べやすいですね~

バニラの風味はあまりしませんでしたが、それでも十分にチョコのダークでパンチ―な味わいと、ソフトなペーストの舌触りが美味しくマッチングした風味でした。

ミルク・クルスティヨンの外観と味わい

ミルク・クルスティヨンです。

バーシリーズの「ミルクチョコ編」の一つになります。

香りは濃いめのカカオという感じです。

ヘーゼルナッツの粒々が効いてるのか「ガジガジ」な歯触りがかなり気持ちよいです。

シェルはマイルドなミルクチョコレートになっていて、あっさりした味わいが特徴的ですね。

ナッツの香りがほんのりとしており、全体のチョコ風味に締まりをもたらしている雰囲気がします。

全体的になめらかな口当たりで、かつ甘さは控えめ。

後味も非常にさっぱりしており、海外チョコレートにありがちなオイリーさやくどい甘さはあまり感じません(これは全4種類に共通していることです)

歯触りと香ばしい風味が美味しいので、一気に食べられる良さがありますね^^

ダークプラリネ・ウォールナッツの外観と味わい

ダークプラリネチョコのウォールナッツ味です。

濃いダークチョコの香りが最初に鼻を突きます。

次に「カリッ」とした固めのチョコシェルの歯触り。

さらに「存在感」のあるヘーゼルナッツの歯ごたえが、なんともいえずに刺激的です。

チョコシェルの味わいはビターですが、中にあるペーストの甘さは他のバーチョコよりは濃いめですね。

やはり他とは違って甘味料を使用していないせいでしょう。

とはいえ、通常の海外チョコに比べれば圧倒的に甘さ控えめで、後味さっぱりな味わいは変わらりません。

くるみが入っている分、栄養分がより優れている印象受けました。

ダークプラリネの外観と味わい

最後にダークプラリネになります。

プラリネは先ほど説明したように、ナッツ系の実とカカオバターをペースト状にしたものなので、ダークがつくことで「ダークチョコ」を味の基調に置いていることが分かります。

さっぱりした軽めのカカオの香りがします。

チョコシェルの噛み心地はさっぱりとしていて、噛むとヘーゼルナッツの濃厚な風味が広がります。

まずまずの甘さと、口の中に広がるマイルドな味わいのプラリネペーストが美味しいですね。

シェルの少し苦味のある味わいと、ヘーゼルナッツのパンチのある風味が合さって独特のチョコ的世界観を表現しています。

全体的にダークでビターな味わいが印象的で、最もすっきりした味わいを持っているのではないでしょうか。

甘さ控えめ後味すっきりなのは変わりないので、食べやすさは十分にありますよ^^

まとめ

チョコシェルのビターでパンチのある味わいと、プラリネペーストの口当たりの良いなめらかさ、ナッツの個性豊かな風味が、それぞれの種類で自己主張していた「ガレーバー4種類レビュー」。

はっきりいって「食べやすかった」です。

たぶん日本向けに味わいがアレンジされていると思いますが、かといって薄い味わいではなく、ダークチョコレートの濃さとナッツ系の香ばしい風味が、ヘヴィなチョコ好きの食感を十二分に満足させてくれます。

基本的にはお菓子なので、食べ過ぎに気をつけながら、ヘルシーな甘さを堪能していきましょう^^

【ガレ―】 プラリネアソートチョコレート実食レビュー

続きを見る

-セットチョコ, ナッツチョコ

Copyright© チョコレート・スイーツ実食&情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.