チョコ・スイーツの実食レビュー&関連情報

チョコゴリラの甘党応援ブログ

パン・ケーキ

なめらかなほろ苦さが心に染みる!チョコレートケーキ実食レビュー

チョコレート好きの甘党としては避けて通ることができない「チョコとケーキの合わせ技」。

チョコレートのコクのある魅力とケーキのまろやかな味わいが掛け合わされると、得もいえぬ「チョコヘブン」が口の中に到来することは疑いありません。

そんな期待値マックスになったチョコレートケーキの味わいは・・・なめらか&軽くビター。

最高でした。

予想通りの口当たりとカカオの風味。

やっぱりいいですね、チョコレート&ケーキは。

ということで、より詳しいレビューをこれから紹介していきますよ!

チョコレートケーキ実食タイム

ココアパウダーをトップにもってきて、間にチョコレートクリームを挟んだケーキのスタイルでございます。

下層部分には柔らかなチョコスポンジケーキを敷き詰めていて、上のクリームとパウダーの質感をしっとりと優しく受け止めています。

ともあれ、トップのココアパウダーはけっこうほろ苦くてですな・・・

フッと息を吐くとパアッと飛び散るような細かい粒子のパウダー。

その下には、

クリーム&スポンジが「今か今か」と待っています。

一口食べると、トップのほろ苦さがパアッと口いっぱいに広がります。

そして滑らかで少しビターで甘いチョコレートクリーム。

続けて気泡のあるスポンジの「ふかふか感」が上部のしっとりさ加減をガシッと受け止めていますよ。

 

スポンジは重くなくて軽め。

チョコのカカオ風味がしっかり染みこんでいますね。

でも一番印象的なのが「チョコレートクリーム」ですな。

滑らかで質感もあって「チョコを食べたな」という気分にさせてくれますよ。

パウダーのほろ苦さ、クリームの質感、スポンジの受け止め感の3つが上手く仕事をしてくれてますね!

まとめ

見た目も味わいもしっかり「チョコレート&ケーキ」していたスイーツ。

チョコクリームも2層になっていて、一回目の滑らかさをスポンジの中休みを得て再び味わえるのは「望外の喜び」を得ることができました。

滑らかさは食感にならぶ甘党のポイントですから、このチョコケーキはそれを2回も味わえる幸せですよ。

やっぱりチョコはいいですね。

締まりとコクと大人のほろ苦さを感じれますので。

これからも食べ続けたいチョコレートそしてケーキ。

気たるべきクリスマスでもがっつりチョコホールケーキに顔をうずめて「ガフガフ!」と食べ進めていきたいですね!

スポンサーリンク


Copyright© チョコゴリラの甘党応援ブログ , 2023 All Rights Reserved.