チョコレートとスイーツとヘルシー関連レビュー

チョコ・スイーツ実食ブログ

スイーツ・フード

【フェリシモ】文鳥のほうずい「和風マシュマロ」購入&実食レビュー

2022年4月14日

フェリシモの文鳥スイーツを購入しました。

届いたのは「文鳥のほうずい」

こし餡入りのミニマシュマロです。

前に買った「柴犬ほうずい」があまりにもリアルで面白かったので、文鳥バージョンもきっと同じくらい可愛くて楽しいのだろうなと期待していました。

ということで、早速レビューをご覧いただきましょう。


▼▼生活必需品の特売ストア

ミニ和風マシュマロ「文鳥ほうずい」購入&実食レビュー

手のひらよりも少し大きめの小箱入り。

中身はもちろん可愛い文鳥たちです。

思った以上に本物っぽいですね~

文鳥の種類もいくつかあって、

桜文鳥、白文鳥、シナモン文鳥

がありました。

その中になぜか「スズメ」がいたのには驚きましたが(中段の左端です)

もともと文鳥はスズメ科に属しているので、親戚のようなものですね。

この中から3つの文鳥マシュマロを取り出してみましょう。

右上の文鳥は笑っていますね(可愛いです)

可愛いのであまり食べたくないのですが、実食ブログということでそうもいかず。。。

桜文鳥マシュマロを頂くことにしました。

手のひらサイズでミニマムです。

こちらが原料です。

砂糖(国内製造)、水飴、餡、卵白、寒梅粉、でん粉、香料、着色料

ですね。

ではでは、早速食べていきましょうか。

香りは「卵」が多めの柔らかい匂いです。

表面に砂糖をまぶしているのか、きめ細かいざらざら感があります。

触れた感じは少し固めのマシュマロ。

指で割ってみましょう。

中に「こし餡」が見えますね。

食べてみますと、普通のマシュマロよりも粘り気が少なく、かなりあっさりしてます。

風味はすごく上品で、卵白の心地よい香りがすごく優しいです。

餡の甘さはけっこうありまして、マシュマロ本体の甘さと合わせると、ミニマムながらかなり濃い味になっています。

それでいて食感は「さくり」とあっさりめ

全体的に甘くて上品で優しい風味と食感ですね。

一個でお茶の一杯がいけそうな濃さも特徴的ですね。

フェリシモ「文鳥ほうずい」の注文方法

商品の注文方法です。

まず前提として、フェリシモの通販サイトで商品を購入する際は「会員登録」をしておく必要があります。

登録自体は無料ですし、すごく簡単です。

公式サイトでお目当ての商品を見つけて、詳細ページに行き、購入のための「ショッピングバッグに入れる」をクリックすると、会員かそうでないかに分かれるので、そのまま別ウィンドゥで登録を済ませることができます。

では会員としてログインした後の購入の流れをまとめていきましょう。

①TOPページの「検索キーワード」ウィンドウで「文鳥」もしくは「文鳥 ほうずい」と打ち込む

②検索結果に出てきた商品ページに飛ぶ

③「小鳥部 ミニ和風マシュマロ まったり おもち文鳥ほうずい〈こし餡〉の会」のページにくる

一個:1,293円(消費税・フェリシモ小鳥基金込み)

④「ショッピングバッグに入れる」をクリックして購入

以上で注文は完了です。

気をつけないといけないのは、文鳥ほうずいは「定期便」扱いになるので、一度注文すると「毎月一回送られてくる」という条件になること。

加えて料金に「小鳥の保護活動のための基金」(36円)が含まれているので、それも了承のうえでの購入という形になります。

もし「定期便」ではなく「一回切り」の購入にしたい場合は、商品に同封される「次月注文用紙」に所定の書き込みをすることで、次回からの注文をなくして、「一回切り」の購入で済ませることができます。

以下にその方法をまとめていきましょう。

フェリシモの定期便を解約する方法

商品に同封される「次月注文用紙」の「数量」欄に「0」と書き込みます。

続けて、下段の「総数量」にも「0」を書き込みます。

これで次月の購入はゼロになるので、事実上の「一回切り」購入になるというわけです。

この方法は裏技でもなんでもなく、注文用紙を入れる返信用封筒に記載されている、フェリシモ公式の記入法です。

「ストップする場合は"0"とご記入ください」

ですね。

そして書き込んだ注文用紙を返信用封筒に入れて完了。

あとはポストに投函するだけですね!

毎月1回のドキドキ、ワクワク! フェリシモ定期便!

我が家の文鳥と文鳥マシュマロを会わせてみた

我が家の文鳥と文鳥マシュマロの引き合わせタイムです。

桜文鳥と白文鳥のペアを4匹がいますが、文鳥マシュマロを見るとどんな反応を見せるのか興味深かったので、試してみました。

まずは遠距離から。

桜文鳥チーム

ビビってます。

距離を詰めてきません。

白文鳥チーム

こちらもビビってます。

むしろ離れようとしてます^^;

ということで、遠距離からの遭遇は双方「ビビッて近づこうとしない」になりました。

まあいつものことなんですがね。

我が家の文鳥はとっても臆病なんですよ。

では次に代表者を一匹ずつ捕獲し、限りなく近い距離でマシュマロと友好を深めてもらうことにしました。

桜文鳥

「ん?なんじゃこりゃ?」

白文鳥

「誰だお前は」

握ってやると安心するのか、どちらもビビりませんでしたが、むしろ「なんだお前は?」的な不思議そうな顔をしていました。

さらに近づけるとマシュマロをつつきそうな勢いだったので、それは「ダメだよ」とカゴに戻しましたが^^;

文鳥的には「怪しげなやつ」という認識があるようで、基本は近づかないようにしておきたいオーラをかなり放っていましたね。

ただ近くで見るとマシュマロのイラストがすごく文鳥の特徴を捉えているなと思ったので、フェリシモの動物シリーズは本当に動物への愛情に満ちているなと感心させられました。

まとめ

文鳥マシュマロは思っていたよりも「文鳥」していて、もっとイラストよりの簡素なデザインかなを想像していた自分的には「素晴らしい!」の一言しかありません。

味も上品で優しくて甘さもしっかりあるので、お茶菓子としての役割もしっかり果たしてくれていましたしね。

商品は予約制ということで、注文から約1か月かかるところが、難点といえば難点でしょうか。

しかも現在は文鳥ほうずいは「売り切れ」ということで(2022年4月14日)、この記事を読んでほしいなと思った方は、少し待たないといけなくなっています。

それだけ人気の商品なんでしょうね。

もし文鳥マシュマロの在庫が切れている場合でも、フェリシモには「小鳥部」という小鳥好きの社員さんが運営する商品企画がありますので、そちらでぜひ他の文鳥やインコのグッズを購入してもらえればと思いますよ。

商品ボックスに記載された「小鳥部」のマーク

動物スイーツも文鳥以外に、柴犬やうさぎ、猫のマシュマロも販売していますので、動物好きの人はぜひともそちらをチェックしてみてくださいね。

FELISSIMO フェリシモ

フェリシモまとめ

【フェリシモ】チョコ・スイーツ実食まとめ&購入・解約方法

続きを見る


スポンサーリンク


Copyright© チョコ・スイーツ実食ブログ , 2022 All Rights Reserved.