チョコ・スイーツの実食レビュー&関連情報

チョコゴリラの甘党応援ブログ

和菓子

香ばしさと優しい甘さがたまらない!丹波黒豆大福の実食レビュー

丹波黒豆を使った大福の紹介です。

全国でも有名な黒豆は、その名の通り「兵庫県丹波地方が発祥」になります。

粒は大きく形は丸く、食感はふっくら、もっちり口当たりの良さが特徴で、一際甘く風味豊かな味わいで、そのまま食べても美味しいですし、ビールの当てにすると最高なんですよ。

そんな黒豆と大福をコラボした黒豆大福は、黒豆と甘いものが大好きな自分にとって

大福という名の至福の存在

でしかありませぬ。

そんな丹波の地味豊かな土地柄から生まれた黒豆を包み込んだ大福もちをレビューしていこうと思いますよ。

「丹波黒豆大福」実食レビュー

頂きものの大福でございます。

百貨店の有名店で購入されたということですが、すでに箱や包装紙は廃棄されていて、私がこの大福を発見した時にはお皿に乗って複数個鎮座しておわしたので、メーカー名はわからないんです(すいません)

大福のきめ細かい粉がたっぷり本体に振りかけられていて、香りも黒豆の香ばしさがほんのり匂ってきます。

中身を開けてみますと・・・

粉と同じ「きめ細かい」こし餡がブワッと溢れ出てきました。

黒豆もそのまま入っていて、見るからに食べ応えありそうな存在感を示してくれています。

ではここから実食に行きましょう。

一口齧ると、大福の生地のもち~っとした伸び感が至福です。

続いてこし餡のきめ細かい口あたりと、優しい甘さが口いっぱいに広がりました。

ケーキやホイップクリームとは違い、和風スイーツ独特の「繊細な甘さ」が口に至福ですね~

続けて黒豆の香ばしさとパンチ力がグワシッと迫る感じ。

和菓子の静かな甘い美味しさと、黒豆の硬質な味わいがすごく「魅力的」だなと感じました。

感想まとめ

黒豆大福の感想をまとめてみますね。

・生地のもちもち感が心地いい

・こし餡のきめ細やかさが口に優しい

・静かで優し甘さに癒される

・黒豆の香ばしさがワンポイント

大福の甘さと黒豆の香ばしさの組み合わせが「美味しい」なと。

大福本来の「優しい味わい」も口に染みますよね~

若い時はそこまで美味しいとは思わなかったのですが、中年になって味覚が変わったのか、最近は和菓子の美味しさが本当によくわかるようになったんですよ。

そしてその「滋味のある優しい甘さ」が体と頭にジワリと染みこんでくる感じでして。

甘さは頭の疲れを癒してくれますが、添加物の入った甘さが体に毒なんですよね。

でも和菓子の優しい甘さはそこまで体に悪くないですし、柔らかな甘さがより癒しを与えてくれるような気がします。

そんな中で出会った黒豆の大福は実に至福の味わいでござった。

優しい甘さと香ばしさはまさに「愛」そのもの。

皆さんも大福の「愛」に包まれたい方は、ぜひとも黒豆大福をお一ついかが^^

created by Rinker
恵那栗工房 良平堂
¥1,720 (2023/06/02 02:51:40時点 Amazon調べ-詳細)
【五感】黒豆たっぷり「ええもんサブレ」のコク深・ザクザク食感に惚れた!

続きを見る



Copyright© チョコゴリラの甘党応援ブログ , 2023 All Rights Reserved.