チョコレートとスイーツとヘルシー関連レビュー

チョコ・スイーツ実食ブログ

和菓子

お茶菓子に最適!ヤマザキのういろう実食レビュー(白・桜・抹茶)

ヤマザキの和菓子シリーズ「ういろう」レビューです。

ういろうは昔から好きで、田舎のおばあちゃんが作ってくれた手作りのものを、子供の頃からよく食べていました。

餡がメインのういろうでしたが、もっちりしてすごく美味しかったんですね。

大人になってからは近所のスーパーで売っているものや、たまに和菓子専門店で購入したりしていますよ。

そして今回はスーパーのバージョン。

食パンのヤマザキの「ういろう」3種類です。

白と桜色と抹茶で、どれも香りがよくて食感もよくて美味しかったですよ。

ではその詳細レビューをこれから紹介していきましょう!



ヤマザキの「ういろう3種」白・桜色・抹茶の実食レビュー

白ういろう

まずはノーマルなこちらからいきましょう。

香りがいいです。

お米で作った「糊」の匂い、が一番近いでしょうか?

すうっと香ってくる上品で優しい香り。

原材料は「砂糖(国内製造)・上新粉・トレハロース・加工デンプン」になってますね。

この中であまり馴染みがないのが「上新粉」ですが、上新粉は「うるち米を原材料とし、精白したうるち米を水洗いして乾燥させてから粉にしたもの」だそう。

いわゆる「もち米」ですね。

ういろう独特の「もっちり感」は「お米」由来ということでしょう。

もう一つの「トレハロース」はデンプン由来の甘味料ということ。

通常の砂糖の半分ほどの甘さだそうです。

では実食と行きましょう。

まず噛むと「もちっ」とした食感がきます。

そのまましっとりとした固さを保ちつつ、噛むごとに柔らかく溶けていく感触がします。心地よいですね。

風味はお米のフローラルな香りが美味しいです。

そして適度に甘さもあるので食べやすいですね。

口の中の上の粘膜にくっついていく生地の食感がすごく気持ち良くて、噛むごとにもっちりとゆっくりと口に溶ける味わいはすごくいい。

食感も甘さも後味も全てが「優しい」ですね。

桜色のういろう

次が桜バージョンです。

淡いピンク色が目に優しいですね。

香りはきっちり「桜」の匂いをしています。

原料は「砂糖(国内製造)・上新粉・桜葉シロップ・トレはロース・加工デンプン・コチニール色素」となっています。

色付けは人工のものを使わずに、ちゃんと桜を使っているのが嬉しいです。

では実食に行きましょう。

最初の食感は白と同じで「もっちり」してます。

そして甘さがきますね。

続いてくるのが桜の香り。

心地よい春の香りですよ。優しいです。

桜餅と同じ風味がしますね。

白よりも甘さが強い気がするのは、桜葉シロップが含まれているからでしょうか?

もっちり・しっとりな食感は相変わらずで気持ちよいです。

生地もきめ細かいのですが、普通のお餅みたいな「もちゃもちゃ感」が出てくるのは「白ういろう」にはなかったですね?

やっぱり桜葉シロップが効いてるのかな?

桜餅そっくりの優しい風味が口の中に広がっていき、ちょっと強めの甘さが、一緒に飲むお茶の美味しさを際立たせてくれます。

桜の風味が最後まで効いていること、甘さが濃いめ、お茶が凄く合うのが特徴ですね。

抹茶ういろう

抹茶バージョンです。

見るからに抹茶ですね。もちろん香りも抹茶してます。

とはいえ、先ほどの「桜」に比べれば、匂い付けになっている抹茶の香りはそこまで強くないですね。

では原材料を。

「砂糖(国内製造)上新粉・抹茶・トレハロース・加工デンプン・着色料」

ほかのういろうと違って、抹茶バージョンには着色料が加えられていますね。

抹茶だけでは商品にふさわしい濃い色が出なかったのでしょうか?

では実食です。

もっちり感は薄めですね。

むしろ「さっぱり」噛める味わいがしますよ。

甘さはほどよく、そして抹茶の風味がスッとやってきます。

ただそこまで濃い抹茶ではないです。あくまで風味づけ程度ですね。

でももともとのういろうの上品な香りと甘みがベースにあるので、抹茶の薄さはそこまで気にならないですね。

他のういろうに比べてさっぱりした食感と、ほどよい甘味、ほのかな抹茶の風味・・・

まずまずの味わいですね。

まとめ

では最後の感想まとめです。

・もっちり&しっとり食感

・香りが優しくて上品

・味わいも優しくて上品

・白ういろうが一番食べやすい

・桜ういろうは香りがよいけど、甘さが強い

・抹茶はあっさりしている

どのういろうも「もっちり感」があって美味しいです。

優しい風味と上品な香りもすこぶる気に入りましたね。

個別でいえば「白」が一番美味しいです。

ういろうの一番よいところが出ているという味わいでした。

桜は香りはよいのですが甘さが濃く、抹茶は逆にあっさりしすぎていて、どちらも白いういろうと比べると「味が強め・弱め」のバランスを欠いている感はあったと思います。

単体でういろうだけ食べるのであれば、間違いなく「白」がおすすめです。

お茶菓子としてみれば、どのういろうもおすすめです。

桜は香りと甘さがお茶の美味しさを引き立てますし、抹茶も同じですから。

お茶は煎茶でも抹茶でもコーヒーでも紅茶でもどれでもOKです。

できれば緑茶かコーヒーのストレートで濃いのをおすすめしますよ。

ヤマザキ 白ういろう X10個

ヤマザキ 抹茶ういろう X10個

大須ういろ ういろ 桜 各種 1本~3本

京都南山城産宇治茶100% 粉末宇治抹茶200g

AGF ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒー ドリップパック アソート 40袋



Copyright© チョコ・スイーツ実食ブログ , 2022 All Rights Reserved.