チョコ・スイーツ・ドリンクの総合サイト

チョコレート・スイーツ実食ブログ

ゴディバ チョコレート全般 ベルギー

【ゴディバ】チョコレートドームのダークチョコレート実食レビュー!

2021年12月13日

ベルギー発祥の世界的チョコレートブランド「ゴディバ」のトリュフチョコレートです。

トリュフチョコの食感の多くは「生チョコ」だったりで、滑らかな口当たりが当たり前。

でもこのトリュフ型チョコは「ザクザク」したパンチのある食感が最高なんですよ。

表面のチョココーティングに練られたナッツ、ガナッシュに混じる塩もしくはシュガーのザクザク感がものすごく「美味しい」ですね。

ということで、早速ネタバレをしてしまいましたが、実際の見た目と味わいをこれからレビューさせて頂こうとしましょうか!

ゴディバ「チョコレートドーム・ダークチョコレート」実食レビュー

手のひらサイズのミニチョコレートパックです。

最初はミニバーかなと思いましたが、パッケージと中身を見ると「コーン型」のチョコレートになっていました。

ビター風味にバニラっぽいフローラルな香りがしてますね。

表面のザクザクな見た目がしているので「ナッツ」かなと思いましたが、原材料を見ると「カカオニブ」と書かれていて「なるほどな」と。

カカオニブとは「カカオ豆をロースト(焙煎)して、細かく砕いたもの」になります。

なので表面の凸凹の正体はカカオニブなのが分かりますね。

面白いのがこちら。

裏面に「G」のロゴが!

これぞまさに「GODIVA」のGですね!

では中身を見てみましょうか。

中身のガナッシュにもカカオニブ風の固形物が見えますね。

全体的にはこのチョコは「食感」を重視していることが分かりますね。

食感命の自分的には

 

いつでもこいやぁ!

 

の気分でございます。

では食べていきましょう。

まず最初の歯入れで「ザクッ」と同時に「ガジッ」という乾いたサウンドが。

続いてボリボリとウェハースを噛むような軽い食感が続き、途中から固い「ガリッ」という固形物を歯が捕らえます(これがカカオニブ)。

少し力を入れて噛むとカカオニブが「ガリッ」と砕けていき、同時に口の中にフラワーフレーバーのような華やかな風味が広がります。

カカオニブの刺激的な食感と、カカオマスがもつ華やかな香りがすごくアロマ的

チョコの味わいは少し濃いめで、甘さもほどよくあり。

ダークチョコの濃さが目立ちますが、それよりもカカオニブの食感が印象的でしたね。

まとめ

カカオニブの食感がすこぶる気持ちよかった、ゴディバのチョコレートドーム・ダークチョコレート風味のレビュー。

カカオのフラワーっぽい風味ももちろん心地よかったですが、それ以上に「食感好き」の本能が発動して、「ガリザク」の歯入れがすこぶるお気に入りのポイントになりましたね。

甘さはそこそこあるので「あっさり」とはいかないのが、さすがは海外チョコというべきか。

ただ少量なので、これくらいなら甘さが苦手な人でも許容範囲ではないでしょうか?

小さなゴディバの「ガリザク」な世界観をぜひ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GODIVA ゴディバ チョコレートドーム ダークチョコレート 3粒入
価格:232円(税込、送料別) (2021/12/11時点)



Copyright© チョコレート・スイーツ実食ブログ , 2022 All Rights Reserved.