チョコやスイーツ、コーヒーの実体験レビューです

チョコ&スイーツ愛好家のブログ

ゴディバ ナッツチョコ ベルギー ミルクチョコ メーカー・ブランド

【ゴディバ バーミルクマカダミア】コクと旨みと食感が半端ない栄養満点ナッツ系チョコに大満足!

投稿日:2019年5月11日 更新日:

スポンサーリンク

ゴディバのバーチョコレートシリーズ第2弾の紹介です。

ダークチョコを基本としたラズベリー風味の前回と違って、今回はマカデミアナッツを前面に押し出した「ナッツ系チョコ」の実食となっています。

【ゴディバ バーダークラズベリー】華やかなベリーの香りと落ち着いたチョコの味わいに今宵は・・・

ナッツといえば食感と味わいで香ばしさと心地よさの両面を味合わせてくれる「至極の自然食材」として、自分の食歴史の中で燦然と輝く存在なのですが、その歴史を今回も改めて証明してくれるというのでしょうか?

ではまずは商品の紹介と、それに引き続いて実食レビューを進めていきましょう!

ゴディバ バーミルクマカダミアの紹介

ゴディバを象徴するゴールドのカラーを基調に、マカダミアナッツのブラウンカラーをブレンドした「美味しそうな」パッケージになっています。

その特徴は、

粗挽きマカダミアナッツとマカダミアペーストが香ばしいミルクチョコレート。

(公式サイトより)

と規定されており、シンプルながら「マカダミア」という単語が2回も出てきているほど「マカダミア愛」なチョコであることは明白です。

材料もシンプルなミルクチョコとマカダミア。

どこまでもマカダミアナッツで勝負しようという腹積もりですね。

では開封と行きましょう。

ミルクチョコとナッツの香りがドバっと鼻を直撃します。

この時点ですでに濃厚なイメージが広がります。

表、縦、裏の3D写真レビューで攻めてみました。

ダークチョコでない証拠に前回のラズベリーとは明らかに色が違うのが分かります。

前回

今回

ミルクチョコのマイルドさが見た目にも表れたバーミルクマカデミア。

その味わいは如何に?

「ゴディバ バーミルクマカダミア」実食レビュー

では食べてみましょう。

まずはワンブロックをポキン!とな。

おおおお。マカダミアナッツが見えますね。

ムース状ではなくてガッツリマカダミア満載のナッツ好きには嬉しすぎる実装模様^^

早速口の中に入れてみると、ソフトな噛み心地のチョココーティングが最初にきて、その後すぐに中の柔らかいソース風のクリーム&ナッツがドバッとでてきます。

ナッツはこのサイズのチョコに入っているものとしては大きめで、カリッとしたほどよい歯ごたえの良さが気持ちよすぎです^^

何より美味しいと思ったのはクリームで、はちみつが入っているためか独特のコクがあって、一瞬「焼肉」のような旨みのある味わいを感じてしまったほど。

そこにカリジャリなナッツの歯ごたえの良さと香ばしさが加わって、かなり動物性たんぱく質に近い濃厚かつリッチな美味しさが口の中にムンムンに漂いました^^

その代わり甘さはけっこうあるので、少し口にしつこいかもしれません^^;

ただし!

それ以上にナッツとはちみつ入りのクリームのコクのある旨み成分がチョコ全体の美味しさをカバーするので、少々の「砂糖的な甘さ」は気にならないというのが実情。

さらにわずかに気になった甘さの割には、食後の口当たりは意外にさっぱりしていて、しつこさも残りません。

これは個人的にはかなり美味しいナッツ系チョコの登場という感じがしますね!

まとめ

とにかくコクと旨みと食感が最高に美味しかったバーミルクマカダミア。

口の中の満足感はかなり半端ないので、リッチで食べ応えのあるたんぱく質系チョコを食べたいときは、かなりおすすめ。

カロリーを消費しやすい冬場のアウトドアやキャンプ、釣りや登山などにもおすすめですし、いざというときの防災食品としても悪くないかなと思います。

ミルクとチョコ、ナッツの栄養満点トリオで口も体も満足させましょう!

ゴディバ公式サイト「バーミルクマカダミア」

ゴディバ実食ベスト10ランキング

人気記事 【リンツ】リンドールおすすめランキング10選

人気記事 チョコ&スイーツに合うコーヒーおすすめランキング

スポンサーリンク

-ゴディバ, ナッツチョコ, ベルギー, ミルクチョコ, メーカー・ブランド

Copyright© チョコ&スイーツ愛好家のブログ , 2019 All Rights Reserved.