カカオマスで心身ともに癒されましょう

チョコレート実食ブログ

スイーツ・食べもの 低糖質スイーツ 和菓子

【遠藤製餡】「ゼロカロリーしっとりようかん こし」を実食!限りなく薄い味とカロリーの低さに驚いた!

更新日:

遠藤製餡のゼロカロリーようかんシリーズです。

第3弾の今回は「しっとりようかん こし」。

「こし」というのは、もちろんのこと「こしあん」のことで、知識の宝庫Wikipediaによると、

 

小豆を潰し布等で裏ごしして豆の種皮を取り除いたもの

 

と定義されています。

これに加えて「あんこ」というのは、

 

小豆などの豆類、サツマイモ、栗などを煮て砂糖を加えて練ったもの

 

とされ、基本的にはヘルシーな素材をもとに作られている「伝統」の甘味食といえると思いますね。

 

ただこのゼロカロリーシリーズは砂糖を使わないことで成り立っている糖質ゼロスイーツということで、上記の伝統食材ほ大半は使用されておりません。

唯一、含まれているといえば「小豆」がそれだといえるのではないでしょうか。

そしてその「小豆」とて、本来の餡の中に含まれるべき「皮」「身」をカットして「小豆繊維」という大胆不敵な陣容で挑んだのが、今回の「しっとりようかん こし」の偽りざるべき真実なのであります。

ということでですね!

その恐るべき「こし」の内なる姿をこれから拝顔しようではありませんか!

いでよ!こし!!

 

「しっとりようかん こし」実食

 

御簾の向こうからお目見えになりました。

 

 

真実の姿です。

 

 

含まれている主原料は「エリスリトール、寒天、食塩、セルロース、甘味料(ステビア、ラカンカ抽出物、ソーマチン)」となります。

上記の甘味原料の多くは、これまでレビューしたゼロカロリーシリーズで紹介してきましたが、そこに新たに加わった成分も含めて、下記に従来通りにまとめてみましょう。(寒天、食塩を除く)

 

【エリスリトール】

・果実や発酵食品に含まれている天然の糖アルコール

・非う蝕性の甘味料でありながら、カロリーがほとんど無いことからダイエット甘味料として利用されている

 

【ステビア】

・パラグアイをはじめとする、南アメリカ原産のキク科ステビア属の多年草

・1971年に大阪の守田化学工業によって世界で初めて商品化された

・ショ糖の300倍の甘味度を持ち、ダイエット用食品や糖尿病患者用メニューなどに砂糖の代わりとして用いられる

 

【ラカンカ】

・中国広西チワン族自治区を原産地とするウリ科ラカンカ属の多年生つる植物

・甘味を呈し、食用とされるが、通常生では使わず、乾燥させ砕いたものを煎じて羅漢果茶として飲んだり、料理の甘味料として使われる

 

【ソーマチン】

・西アフリカ原産の植物の果実中に含まれるたんぱく質甘味料

・砂糖の2000倍以上の甘味を有している

 

【セルロース】

・植物細胞の細胞壁および植物繊維の主成分

・天然の植物質の1/3を占め、地球上で最も多く存在する炭水化物

 

(参照元:wikipedia「エリスリトール」「ステビア」「ラカンカ」「セルロース」より)

 

基本的には天然の甘味料を用いているようです。

最後に書いたセルロースが「繊維部隊」止めの一撃というやつで、主原料中の主原料

「小豆繊維」でもう十分だというところへ、さらに胃腸に繊維を送り込むという「繊維地獄」を我が口の中で展開しようという恐ろしさ。

これは「便通」がはかどるばい!

そんな方言を駆使しつつ、いよいよ踏み出す次なる一歩!

 

 

中身「こし」の登場です。

香りが薄いせいか、ほとんど何も匂わないという。

すでに「繊維」の攻撃が始まっているのか??

そして第一撃(口に入れた)!

 

 

むんっ

 

すんごく「薄い味」。

あまり「ようかん」という感じがしません。

どちらかといえば、薄味のヨーグルトの酸っぱさを取り除いた味わいというべきでしょうか。

いやむしろどちらかといえば、カロリーがめちゃくちゃ低そうな風味なのか。

かなりどちらかといえば、甘さが微妙にしかないので、後味のはしっこに少し苦味を感じすらしたというほうが真相を突いているというべきか。

そして最終的に「こしあん感がゼロ」という回答に落ち着いたというべきか!!

これはちょっとカロリーが低すぎる味です。

糖質を極限にまで落とした「スーパーノンシュガー」な味わいになっていると感じました。

普通の「ようかん」の範疇を越えた「別の食べ物」になってるのでは?

 

まとめ

 

今回でちょうど300回目の記事となった「男目線でチョコレート実食ブログ」。

管理する他サイトの記事数と合わせると、1,000を優に越えるまでに至りました。

以前のブログサービスから引っ越してきて早2年、そこから始めたチョコブログとしても同年分となるわけで、一ブロガーとして感慨深い回になったなとしみじみ感じています。

そんな記念すべき回を「かつてないほどゼロカロリーな味わい」で迎えることになるとは、これはスイーツブロガーとして如何なものかと・・・

もう色々な意味で「甘くない」ようかんの実食の感想としては、美味しいか、美味しくないかと聞かれれば、正直「美味しくない」といえます。

ようかんの甘い食感も味わいも、かなりの程度にシェイプアップされて「スーパーフライ級ボクサー」なみのカロリーになってますから、これはかなりシビアな味わいです。

とはいえ、甘さは砂糖ほどには「美味しく」はないけれども、自然の糖分ということで、人工甘味料と比べて健康には良いという利点もあるでしょう。

つまり使い方をきちんと分けて食べれば、非常に優秀なカロリーオフスイーツとなるのは明らかということ。

腹が減ったらこれを食べておけばOK!

甘いものが欲しくなったら「こし」頬張るべし!

そんなダイエット用、病気などで糖質制限が必要な人のための特別な味わい。

ゼロカロリースイーツ、これからも宜しくです^^

*あと数種類の遠藤製餡ゼロカロリーレビューが貴方をお待ちしております。

www.chocoreview.com

www.chocoreview.com

www.chocoreview.com

-スイーツ・食べもの, 低糖質スイーツ, 和菓子

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.