チョコレート実食ブログ

甘いもの好きのためのチョコレート・スイーツ実食記録

【恐竜チョコレート】ティラノサウルスが我が家にやってきた!【エイジ・オブ・ダイナソー】

スポンサーリンク




またまたやってしまいました。

動物チョコに続く新たなリアル造形スイーツ「恐竜チョコレート」を買ってしまったのです。

用事の帰りにふらっと立ち寄った某有名雑貨店で店内をぐるりと散策していたところ、たまたま見つけた恐竜チョコを目の前にして「おおお!これは・・・・」としばらく見とれてわなわなと震えておりましたよ。

その間およそ10分ほどだったと思いますが、自分の中ではものすごく集中してチョコの箱を手に取って集中して凝視していたために3日間くらいの感覚があったかと思います。

(欲しい・・)

と心から思いましたが、前回の動物チョコシリーズでも述べたように、我が家の冷凍庫が彼らに占拠されていたこの2年間、ずっと家人から文句を言われ続けていた経緯があったので(他の物を入れるスペースがないじゃないかと)、新たなチョコの購入はかなり難しくなっていたのです。

www.chocoreview.com

しかもこの恐竜チョコは、今までの動物チョコのどれよりも大きい。

これは問題です。

でも欲しい。

どうしようか・・・

 

ええいままよ!

 

買っちゃいました。

レジ行きに即決です。

大丈夫。

この時期は室内温度も低めだから、冷凍庫に入れなくても、しばらくは持つはず(問題は夏だけど)

ということで、あっさりと勝手に問題を解決した後は、颯爽とした足取りで電車に乗って自宅に直帰したのです。

 

ティラノサウルスとはどんな恐竜なのか?

 

ご披露&実食の前に、今回購入した恐竜チョコがどのようなものか、そしてそれがどんな実態と姿、実力を持っていたのかということについての概要を以下にまとめてみたいと思います。

 

ティラノサウルス

 

 

【概要】

・約6850万- 約6550万年前(中生代白亜紀末期マストリヒシアン)の北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜

・現在知られている限りで史上最大級の肉食恐竜の一つで、地上に存在した最大級の肉食獣でもある

・恐竜時代の最末期に約300万年間、生態系の頂点に君臨するが、白亜紀末の大量絶滅によって最期を迎えた

 

【特徴】

・体長は約11 - 13m、頭骨長は約1.5m

・体重は約5 - 6t

・上下の顎には鋭い歯が多数並び、最大で18cm以上にも達する

・驚異的な咬合力を持っており、その力は少なくとも3 t~8 tに達したと推定

・獲物に対して、他の肉食恐竜のように噛み付いて切り裂いたり、出血死を狙う方法は用いず、短時間で仕留めていたと考えられる

 

 

・体の大きさに比して前肢は異常に小さく、指が2本あるのみで、用途は未だにはっきりとしていない

・逆に頭部は非常に大きく、それを前肢の代わりに上手く活かしていたのではないかと考えられている

・進化の過程で体の前方が重くなったため、前肢を短く軽くすることでバランスを取ったとする見解もある。

 

参照元:ティラノサウルス - Wikipedia

 

おそろしい。

恐ろしいの一言に尽きます。

まさに先史時代の王者、史上最恐のキラーマシーンであります。

映画では有名なジェラシックシリーズが多く取り上げていますが、あれだけを見てもかなり怖いのに、これを実際に間近で見て追いかけられた草食恐竜たちが「ウギャ―――――ッ!」という、まさに声にならない叫びを上げながら必死の逃亡を図ったことも容易に想像できます。

そんな地球上の万年に渡る恐怖の存在だったティラノサウルスを「美味し~」「かわい~」の代名詞であるチョコレートに凝縮して3Dゴジラに仕立て上げたスイーツプラザの見上げたど根性たるや!

敬服いたします。

早速開封して、その努力の形跡を拝見させて頂きたいと存じまするよ。

ではいざ!

 

ティラノサウルスチョコをご披露!

 

まずはボックスからご覧あれ。

 

 

まるで檻のような入れ物に「むべなるかな」の思いです。

これなら恐怖の大王も容易に外に出られまいて!

 

しかし私はあえてそこを

 

バリバリ切り裂いて逃走ヘルプ

 

ついに飛び出したティラノサウルス

 

あたりを睥睨してます

 

「食うぞお前!」

 

見よこの逞しい足を!

 

ムキムキの太ももと鋭い爪の凶暴さよ

 

そしてその表情は?

 

ジャン

 

ジャジャン

 

ドワーン!

 

目が怖いですね。

優しさも知性も感じられない野生チョコの証明。

といっても大きさは手のひら一杯くらいです。

他の動物チョコよりは断然大きいのですが、偉大なるチョコマスターの手にかかれば、地上最恐の肉食王ティラノサウルスといえども所詮は恐竜チョコ、一介のカカオマスの塊に過ぎないのですよ!

 

 

ということで、チョコが溶ける前に収納タイムです。

 

「グエ~」と逃げる恐竜をひっ捕まえて

 

裏を確認して

 

再び箱に戻って頂きましょう。

 

最後にこちらが製造元。

 

スイーツプラザさん、グッジョブ!

 

まとめ

 

地上最強の肉食恐竜を模ったティラノサウルスチョコレート、如何だったでしょうか?

リアル系チョコの中でも大きい部類に入るこのチョコは、その皮膚の質感や太もものムキムキ具合、牙の鋭さなど、かなり精密に造形できていたと思います。

他の恐竜チョコがミニマムサイズが多い中、こういったミドルサイズのものももっと多く作って欲しいですね。

できたらトリケラトプスとかの角系の草食恐竜も見てみたい気もしますよ。

普段チョコに興味のない男性でも、子供時代にさんざん恐竜のおもちゃで遊んだ経験がある人なら、この手のチョコを見ればきっと心躍るんじゃないかと思いますしね。

最近では女性も戦国時代やお城、歴史に興味を持つ人も増えているので、きっとその範囲は恐竜にまで広がるはずではないでしょうか?

そんなチョコファンの期待を乗せて、スイーツプラザさんにはぜひともバレンタインの時期だけではなく、オールシーズンでリアルな動物・恐竜チョコを我々に提供し続けて欲しいと願っていますよ^^

www.chocoreview.com