ミルク

イソラビオのオーガニック大麦ミルク実飲レビュー

2023年8月27日

イタリアの植物ミルクブランド「イソラビオ」の大麦ミルクの紹介です。

これまでに「ライスミルク」「ココナッツミルク」を飲んできて「おっ、意外にイケるな」と感じたことで、「それならきっとこれも」と期待して購入しました。

麦系のミルクはオーツ麦ミルクで飲んだことがありますが、大麦は初めて。

大麦は麦茶などにも使われる麦の種類になるので、日本人には馴染みが深いかも知れませんね。

その栄養分も高く、

・カルシウム(骨作り)

・カリウム(血圧の安定、塩分排出)

・ビタミンB1(疲労回復)

・食物繊維(胃腸の調子を整える、ダイエット)

などなど。

かなりヘルシーな食材ですよね。

そんな健康・美容効果の高い大麦ミルクの見た目の味わいの感想を、これから早速ご覧いただきましょう。

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

オーガニック大麦ミルクの実飲レビュー

原料は「有機大麦、有機ひまわり油、食塩」となっています。

大麦そのものの味わいと、植物オイルのまろやかさ、食塩で甘さを引き立てる働きを想像できますね。

注ぎ口は他のイソラビオシリーズと同じ「キャップ式」。

これなら一度開けた後も、冷蔵庫の保管がしやすいですね(横倒しにもできる)

ではコップに入れ替えてみましょう。

ほんのりとした麦色になっていますよ。

粒々が浮いてますね。

大麦の殻か粒かと思われますね。

食物繊維が期待できそう。

香りはまさに「麦」フレーバーですよ。

一口飲んでみますと、甘さと麦の香ばしい香りが口の中にフワンと広がります。

甘さも後に引かない自然の味わい。

あっさりした口当たりですね。

ほんのりキャラメルの風味も感じますし、ヤクルトのような甘酸っぱさも感じます。

麦の発酵が関係しているのですかね?

あっさりした甘さで美味しいですし、麦の風味が香ばしさを醸し出していて、ちょっとしたミルクコーヒーのように感じなくもない味わいになっています。

非常に飲みやすいですね。

香ばしい風味に慣れた人ならば、すごく美味しいと感じるのではないでしょうか?

大麦ミルクとオールブランと合わせてみた

次は恒例のオールブランと植物性ミルクの合わせ食べです。

オールブランは小麦から出来ているので、大麦のミルクとは親戚同士の関係。

同じ麦同士ということで、味わいもきっと相性が良いものと期待しますよ。

では大麦ミルクにブランをイン!

ミルクの麦色がさらにアップしています。

食べてみると、ほどよい甘さとブランの香ばしさが倍加して、これはかなり美味しいと感じます。

ミルクのリッチなまろやかさと比べて「あっさり」した口あたりで、ブラン本体の食感と香ばしさを強調していると思います。

後味にえぐさがないので、より自然の甘さで楽しめる味わいになっていますね。

感想まとめ

思っていたよりも美味しく味わえました。

今まで飲んできた植物性ミルク(アーモンド、豆乳、オーツ、ライス、ココナッツ)の中でもトップレベルに私の口に合うなと感じましたね。

これは私がご飯よりもパン好きで、毎日オールブランを常食していることが大きいと思いますね。

麦の風味と味わいに慣れていて、それがすごく好きなので、同じ麦ミルクの今回のものも抵抗なく美味しく飲めたのでしょう。

オーガニック素材と添加物のない原料が「麦の美味しさ」を引き立ててくれているのでしょうか。

とくに今回の大麦ミルクは非常に飲みやすいなと感じました。

ということで、大麦ミルクはおすすめ。

とくにパンやブランなどに慣れ親しんでいる人には、よりその美味しさが伝わると思いますよ。

植物性ミルクブランドの美味しさ比較ランキング【6選】

続きを見る

-ミルク

error: Content is protected !!

Copyright© 甘党メンズのチョコ・スイーツブログ , 2024 All Rights Reserved.