チョコ・スイーツの実食レビュー&関連情報

チョコゴリラの甘党応援ブログ

ドリンク

おなかの調子を整えてくれるオーツ麦ミルクおすすめブランド5選

食物繊維がたっぷり含まれたオーツ麦のミルクです。

オーツ麦は水に溶けやすい食物繊維「大麦βグルカン」をたっぷり含んでいて便秘に効果があるため、女性を中心に人気のある植物性ミルクになっています。

私も飲みましたが、飲んでしばらくするとお腹が「ギュルギュル」と動き出しました。

オーツ麦はオート―ミールにも使われていて、ヨーロッパでは古くから胃腸に良い食材として愛用されてるので、そのエキスを取りだしたオーツミルクのヘルシーさは歴史が証明しているのでしょうね。

そんなオーツミルクは国内外で多くのブランドが販売しています。

今回はその中から私が飲んだメーカーのものや、専門ブランドや大手メーカーで信頼できるものを5種類選んでみました。

オーツミルクの購入を検討している方の参考にしてもらえればと思います。

胃腸に良いオーツミルクおすすめブランド5選

ダノンジャパン「アルプロ」

オリジナルの「ダノン」はスペイン発祥のヨーグルトブランドです(のちにフランス)

創業は1919年とかなり古く、日本には「ダノンジャパン」として1980年に参入しています。

そんなダノンジャパンが販売するオールミルクブランド「アルプロ」は非常にあっさりした味わいでした。

サラサラしたミルク色で口あたりはオイリー、ほのかにフローラルな味わいがします(たぶん味付けだと思います)

あっさりした味わいですが、花の香りがしてなかなかに美味しかったですよ。

冒頭でも述べましたが、飲んでしばらくすると「排便」効果がすぐに出てきたので、これは確かに効くなと思いました。

オーツミルクと相性の良い方は即効性があるかもしれませんね。

個人的にはおすすめですよ。

すぐきた便通!食物繊維たっぷりオーツミルク「アルプロ」実飲レビュー!

続きを見る

カゴメ「畑生まれのやさしいミルク なめらかオーツ」

野菜ジュースで有名なカゴメのオーツミルクです。

原材料にオーツミルク以外の野菜汁(にんじん、トマト)、果汁(ぶどう、レモン)が含まれていて「厳選したオーツ麦をまるごと使用し、野菜・果実の独自配合によりミルクのようにコクがあり、食物繊維がしっかりとれる植物性ミルクです」と紹介されています。

野菜や果汁が含まれているので、ピュアなオーツミルクではないですが、砂糖ではなく食材の甘さが出ているのでヘルシーさは確実ですね。

オーツミルクの味が苦手な人でも飲みやすい味付けになっていることを期待して、ぜひレビューしてみたいですよ。

created by Rinker
カゴメ
¥2,390 (2023/02/01 01:30:28時点 Amazon調べ-詳細)

コカ・コーラ「おいしいオーツ麦ミルク」

飲料の世界ブランドコカ・コーラのオーツミルクです。

プレーン味とコーヒー味の2種類があって、コカ・コーラの膨大なユーザーデータから導き出された「独自のオーツミルクの美味しさ」がかなり期待できそうです。

公式サイトによれば「使用されているオーツ麦は、環境保護に厳しい基準を設けている北欧産のものを使い、砂糖不使用でゼロカロリー、麦本来の甘さをクリーミーに表現している」ということ!

世界的ブランドならではの厳選素材の獲得力と、老舗飲料メーカーの味付けの良さが活かされたオーツミルクとして、これもぜひともレビューしてみたい一品ですね^^

created by Rinker
ゴーグッド(GO:GOOD)
¥2,727 (2023/02/01 01:30:29時点 Amazon調べ-詳細)

マイナーフィギュアズ「オーツミルク」

イギリスのコーヒー専門会社「マイナーフィギュアズ 」がコーヒーを美味しく飲む為に特別に作った「バリスタ専用オーツミルク」です。

全て天然由来の原料を使用し、保存料なども一切使用していないので、オーツミルクそのものの味わいが期待できますね。

アマゾンのレビューでも評価が高く、コーヒーに入れるとコクがあってより美味しさが増すということ。

スチームをすると、牛乳と変わらずきめの細かく、口当たりの良いテクスチャーが生まれるので、美しいラテアートを描くことも可能。

オーツミルクのヘルシーさとコーヒーとの合わせ技の美味しさが人気なので、コーヒー好きの方にはかなりおすすめですね。

オーツサイド「オーツミルク」

シンガポール発のオーツミルクブランド「OATSIDE(オーツサイド)」の商品です。

オーツサイドは、厳選したオーストラリア産の高品質なオーツ麦を使用しており、独自の製法で本来のオーツ麦の自然な甘さと香ばしさを最大限に生かしたオーツミルクシリーズになっています。

すでにアジア13か国、1万店以上のカフェや飲食店に展開しており、日本では六甲バターが輸入代理店契約を結んで国内の販売を担当しています。

自社工場で丁寧に焙煎、砂糖・乳化剤・保存料などを使用せず、クリーミーで香ばしい風味が楽しめる味わいということ。

アジア各国で人気ということ、農業大国オーストラリアのオーツ麦を使っていること、なによりも六甲バターが国内販売を扱っていることが「これは本当に美味しいかも」と思うポイントになっています。

六甲バターは私の好きなリンツのリンドールチョコの国内販売も扱っているので、個人的にはかなりおすすめかも。

created by Rinker
OATSIDE(オーツサイド)
¥1,652 (2023/02/01 01:30:31時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

お腹に優しいオーツ麦ミルクのブランドを5つ紹介させてもらいました。

オーツ麦ミルクは癖がないので、普通のミルクや豆乳の臭みもないですし、同じく植物性ミルクのアーモンドミルクに比べてもフラットな味わいになるので、あっさりした味わいが好きな人にはかなりおすすめですね。

最近は世界的なヘルシー志向のためか、牛のミルクよりもオーツやアーモンドのような植物性ミルクが人気が高いです。

私個人は実際にお腹にいい感じで働いてくれたので、便秘気味の人でミルクが苦手な人、あっさり味のものが好みの人は、ぜひ一度試して見られると良いと思いますよ。

体に良いドリンクおすすめ5選

続きを見る

スポンサーリンク


Copyright© チョコゴリラの甘党応援ブログ , 2023 All Rights Reserved.