アーモンド・ナッツ グリコ ブルーダイヤモンド 海外ドリンクブランド

【アーモンドブリーズ】4種類の海外アーモンド入り飲料を飲み比べてみた!

投稿日:2018年5月4日 更新日:

このブログでも恒例になった「アーモンドミルク一本勝負」。

グリコのアーモンド効果を皮切りに、アメリカのアーモンドブリーズとの比較アーモンド効果4種類の飲み比べランキングなど、これまでに数々の名勝負と名レビューを繰り広げてきた熱い歴史があります。(たった3レビューだけかよ、というなかれ!)

そして今回はその最新バージョン。

アメリカが誇る一大アーモンドエキスパートスペシャルイノベーショングレイテストかむぱにー「ブルーダイヤモンド・グロワーズ社」が誇る信頼と安定のアーモンド飲料「アーモンドブリーズ(そよ風)」の飲み比べでがす!

www.bdalmonds.com

では早速レビューに突入・・・といきたいところですが、その前に簡単にアーモンドの効能を述べさせてもらいましょう。

「アーモンドの効能」覚え書き

・ビタミンEを豊富に含んでいるので、肌や粘膜を強化する

・同じくビタミンEの力で、アンチエイジングを望める

・亜鉛、マグネシウム、カリウム、鉄などのミネラル分を豊富に含んでいる

・不溶性食物繊維の働きで、腸の働きを活発化させ、整腸を促す。

・善玉コレステロールの働きで、ダイエットに効果

参照元:【アーモンドミルク】日米対決!「アーモンド効果vsアーモンドブリーズ」比較レビュー! 

どれも女性が喜びそうな健康効果ですね。

男性的にもミネラル分の豊富さや、整腸作用に大きな期待が持てます。

ではいよいよアーモンドブリーズのご登場と願おうじゃないですか!!

アーモンドブリーズ比較レビュー

全4種類です。

ブルーダイヤモンドの名にふさわしい「青」のイメージが施されています。

ではそれぞれのアーモンド・ブリーズを見ていきましょう。

オリジナル

アーモンドの香ばしさが最初にきます。甘さは控えめで、あっさり淡白だけど不思議と飲みやすい味わいです。飽きない味でもあり、薄い甘さも程よく、アーモンドの風味とマッチングしていますね。オイリーさがアーモンドの香りに強調されて、少しむせる感じがわずかに欠点といえるかもしれません。

アーモンド&ココナッツ

甘く香ばしい風味が最高に美味しいです。甘さも程よく、しつこくなく、自然であっさりした後味がします。香りと風味は最高でしょう。ただオイリーさが甘さを引き上げるので、そのあたりがたまに傷かも。とはいえ、飲んだあとにお腹が動かされる感覚がありました。(整腸作用)ココナッツ好きなら、おすすめの一品です。

コーヒーテイスト

強めのインスタントミルクコーヒーの香りが最初にきました。オイリー風味は逆にコーヒーの濃さに合っていますね。ただ甘さは目立ちます。さらにコーヒーの味わいの濃さがオイリーさと甘さを強調するので、けっこう「こってり」した味わいになっています。

砂糖不使用

アーモンドの香りはあまりせず、口当たりもかなり薄いです。ヨーグルトみたいな感じといえば合っているでしょうか?さらに人工甘味料を使ってないので、自然でまろやかみのある、優しい風味がします。アーモンドペーストそのままという味わいですが、決して不味くはなく、かといって美味しいという感じもしないのが不思議なところ。オイリーさはゼロなので、オリジナルで感じたような「むせる」感じや、ココナッツやコーヒーのくどさはありません。最もシンプルで、最も飲みやすいと感じた逸品。シリーズで一番おすすめですね。

スポンサーリンク

まとめ

以上がシリーズ全体のレビューです。

ランキング的には「1位:砂糖不使用、2位:オリジナル、3位:アーモンド&ココナッツ、4位:コーヒーテイスト」という順番になりました。

オリジナルを差し置いて1位の座を奪取したその味わいと魅力は、とにかく「シンプル」で「ヘルシー」だということ。

他のタイプのように甘さがくどかったり、オイリーさが目立ったりすることもなく、自然でナチュラルなアーモンドそのものの素朴な味わいが、とにかく新鮮で長く続けられる良さにつながっているように思いますね。

-アーモンド・ナッツ, グリコ, ブルーダイヤモンド, 海外ドリンクブランド

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.